スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

田子と多湖、かつてあった自然の宝庫 


 多賀城政跡から西南3kmほどのところに、「田子」と名がつく地名がある。アイヌ語地名に興味を持った頃、この名前に注意がいった。なぜならアイヌ語地名の基本的な山地名「タップコップ(丸山型独立丘)」を由来とする地名でないのかと感じたからだ。しかし、少し調べれば、それが半知半解の思いつきでしかないことに気がつく。
 
 田子は仙台市の宮城野区にある地名であり、かつてこの地域を田子村と呼ばれていた。以下、『宮城県地名考』(著 菊地 勝之助 / 発行 宝文堂 S45.5.15)から引用してみる。(以下、引用部分「茶色」)


 安永風土記の村名由来には「当村は往古海辺にて末ヶ条各所の部え相出候通り、多湖浦に付村名に唱え来り候由、何時の頃よりか文字も書き替え通用仕候」とある。(中略)
 現在の地形は海岸を去ること約五粁にも近いが、昔はこの地から蒲生の浜にかけ湖水が多かったので、多湖の浦と称した。然るに何時の頃か、この地から奥羽分水脈の蔵王・大東・泉ヶ岳などの山々を望んだ景観は、さながら駿府国の田子浦より富士山を眺めた大観の様であったので、多湖の浦を田子浦と書き改めたと伝えている。




tagomap2.gif




tagomap1.gif



 このように、かつてこのあたりにいくつもあった湖が田子の由来だとする。考えてみれば、田子の周辺にはタップコップとなりそうな丸山型独立丘など無いのだから、そもそもアイヌ語由来はありえないのであり、このあたりは七北田川の下流域で周囲には低平な地形が広がっている。



tagoPB070149.jpg

仙台市宮城野区田子付近の七北田川


 田子のあたりから少し上流に行くと中野堰があり、これを上ると川は下流域から中流域の趣を増していく。

 もう一度、堰から直下流に目を向ける。そこには広い中瀬が広がっており、市民有志の手で鮭ふ化の取り組みが長年営まれている。上流には堰が塞がっており、砂地でもあるから、鮭の産卵には絶好の場所なのだろう。



tagoPB210066.jpg

中野堰


 田子が多湖と呼ばれていた頃、七北田川の流れも現在と違っていたはずで、おそらくは、かつての七北田川と案内川の中間あたりに、田子が位置していたのではないだろうか。そうであれば、この低平な地形である。二つの河川が氾濫する時の置きみやげとなる後背湿地が多数あったのもうなづける。そして、その湿地は、絶景であったとのことだから、葦もそれほど茂っておらず、湿地というより、まさに湖面といった眺めであったのだろう。

 河川の氾濫は、自然生態系を定期的に再生させる。湿地に流れ着く枯れ草、落ち葉などの有機物は植物性プランクトンを涵養し、それが動物性プランクトンを培養する。そしてこれが魚類のエサとなり、多くの生き物を育むのである。これが湿地が起動する自然再生エンジンのメカニズだが、堆積していく有機物を「排気」しなければ、そのエンジンは停止するのだ。排気のない湿地は、次第に泥土で埋まっていき、湖は葦原に変わっていく。

 河川が定期的に氾濫すれば、そのような有機の堆積物がフラッシュされ「排気」される。つまり、湿地の自然再生エンジンは河川の氾濫があって、始めて、その行程を完結させるのである。



tagoPB070150.jpg

宮城野大橋から、七北田川を遡上する鮭が眺められる。


 今回生じた東日本大震災の大津波は、多くの貴い命を奪ったが、自然の大きな循環から捉えるならば、これもまた、自然再生エンジンが繰り返すピストン運動の一行程だったのかもしれない。

 さて、このようなエンジンの営みは、この地域に多くの自然の恵みをもたらしたことは想像に難くなく、その環境は狩猟を重要な生業とする蝦夷にとって、楽園であったろう。

 現在、田子周辺には湖は見あたらない。5~6km南に降ったところに赤沼、大沼、南長沼の三つの沼が見える。このあたりは、いずれも今回震災で被害が甚大だった場所でもある。田子付近に多数あったはずの湖は七北田川の付け替えや、新田開発で順次干拓され、水田に姿を変えていった。

 現在は、その水田も順次市街化が進んでおり、最初に記した中野堰も、その堰を必要する水田は限られている。
 そのような環境の変化の中で、当時の生態系の豊かさを忍ばせるのが、田子に遡上する鮭である。川が湾曲する区間たから砂州が形成されやすく、鮭の産卵には良い環境が形成されたのかもしれない。

 このように、自然再生エンジンは、人工物の形成により随時その機能を消失していったが、今回震災では、さらに高度の機能をもった防災施設の整備が急がれている。河川堤防でいうなら堤防の嵩上げがこれに該当する。これによって、さらに人の生活圏は自然再生エンジンから敷居を隔て、分離されていくのである。

 それにしても形あるものは必ず壊れる。いくら強固なコンクリート構造物であっても、その機能が維持されるのは、どの程度の未来までなのか?よもや、自然再生産エンジンの稼働期間より長いはずはあるまい。なんといっても、こちらの半永久的の営みである。人造物と自然の営み、どっちが息切れするのが早いか遅いか、初めから勝負は見えている。

 しかし、それは、それとしても、このような人の営みは、必ずや意図せざる結果を産む。そしてそれが新しい課題を人に与え、それを解決する積み重ねそのものが人の歴史となる。我々はその道を歩み、これからも歩んでいくのであろう。


tagoPB220077.jpg

 田子付近から仙台市の夜景を眺め、夜景手前の暗い部分には、水田が広がっている。





スポンサーサイト
 
カテゴリ : 蝦夷の記憶
2013-02-10(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。