スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

「火怨」をミリタリー的に考察する『大和朝廷VS古代東北 三十八年戦争』 


 以前、紹介した『火怨』では、蝦夷の戦いを小説の世界でイメージをふくらませてくれた。今回紹介する『大和朝廷VS古代東北 三十八年戦争』では、軍事学的側面から、蝦夷の戦いを考察している。
 これを掲載しているのは『歴史群像2月号』で、ミリタリー色の強い歴史雑誌である。BS時代劇で『火怨』が始まったが、今回特集は、それの便乗であろう。
 この特集では、基本的史実をたどりながら蝦夷と大和朝廷の戦いを解説していくが、随所にミリタリー的解説が加わり、私の知的好奇心を唸らせていく。

例えば

「地図を見ると、九州南端の鹿児島、同西端の長崎、海を隔てて朝鮮半島の金海、そして多賀城などが、朝廷の主都であった平城京や長岡京から半径600キロメートル圏の内外に存在する。このラインこそ、当時の大和政権が統治を可能としていた地域の限界であり、圏内の支配地がすなわち日本だった。」


 といった具合だ。ミリタリー的知識を持つ者ならば、このような大和政権の圏域を半径距離で示す記す意図が、兵站(ロジスティック)にあることは容易に想像がつくであろう。
 8世紀における大和朝廷の蝦夷征伐が宮城県中央の多賀城から始まり、岩手県中央の志波で停滞したが、これも兵站ラインが限界に達したと考えれば、科学的にも合理的な解釈ができそうである。
 ちなみに、別のページでは「太平洋戦争の絶対国防圏」が特集されており『歴史群像』では、このような視点から、各時代の戦記物に視点を向けているのである。

 もう少し内容を紹介してみる。蝦夷最大の戦いとなった巣伏の戦い(785年)では、下記のような考察がある。

「はじめに朝廷軍の総兵力は5万2800余人であったと述べたが、あとに発せられた紀古佐美の奏上文から、実際に出陣した軍勢は2万7470人、他に輜重兵が1万2440人、これらを合わせても4万人弱の兵力だったことがわかる。そのうち、甲冑を装着した兵士は『続日本紀』に記された甲冑の製造数や輸送数から推測するに数千人であり、大半は地方から徴募された員数合わせの兵隊で、敵地での野戦では、ほとんど役に立たなかった。」


 そして朝廷側の正面兵力をおおよそ2千と推測し、アテルイ率いる蝦夷軍が大勝した巣伏の戦いの解説が続くわけだが、蝦夷軍の正面兵力は朝廷側に記録がある。その内訳は囮となる遊軍が3百で、主力軍が8百、合計で1千を少し越える程度であった。
 これは朝廷軍の半分程度となるが、この数字を見て朝廷軍有利と判断するのは素人であり、ミリタリー的知識があれば、即座に蝦夷軍有利と判断できるはずだ。

 なぜならば、この戦場は朝廷軍にとってアウェイであり、蝦夷軍にはホームとなる。攻め入る側は、守る側の三倍の兵力を用意せねばならないのが「攻撃三倍の法則」であるが、その朝廷側には二倍程度の軍勢しかない。これでは数が足りず、朝廷軍の負けは必然となる。

 むしろアテルイ率いる蝦夷軍が、これだけの軍勢を集めるだけの経済力を有していたことは刮目に値し、経済学的視点による蝦夷社会の実態解明が待たれるところであろう。
 何より、自軍が有利な地点まで朝廷軍を誘い出したアテルイの戦略と諜報力が勝利の要となったであろうことは論を待たないし、自らの大地を守ろうとする蝦夷軍と、嫌々徴募されながら大地の果てまで連れてこられた朝廷軍とでは、そもそもの志気が違ったはずである。

 今回の特集では、朝廷軍の弓は曲射で射るが、蝦夷軍のそれは直射で威力が大きかったことなど意外な史実にも触れられていて興味深いが、コラム欄にあった兵站線にかかる分析は、大和朝廷と蝦夷の抗争史を考察する上で重要な基礎データとなるので、以下に記録しておく。

 延暦8年(789)6月9日の奏上文を見ると、朝廷軍の蝦夷征伐が、補給との戦いであったことがよくわかる。距離について補足すると玉造柵-衣川間は約50km、衣川-志波間は約75kmなので、進撃速度は1日あたり12.5kmとなる。
 玉造柵-衣川柵の往復で10日、輜重兵が一度に輸送でくる兵糧は11日分しかないということは、衣川の進撃までに輸送した兵糧をほぼ消費してしまうので、それ以上の進撃は無理だと訴えているのだ。
 征伐軍2万7470人が1日に食する兵糧が549石ということは、1日の消費量が実に1人当たり2升に相当する。だが、明治陸軍でも支給米は1日に6合であり、あきらかに支給量が過多であることから、兵糧の横領が横行していたと考えられる。


 在野の歴史学は、未だ博物学的なレベルに留まっている印象を受ける。もっとマクロ経済学や軍事学、地政学的視点を加えれば、今まで不明だった史実が、さらに明らかになるのではないかと前々から感じているが、今回紹介した『大和朝廷VS古代東北 三十八年戦争』の特集は、そのような思いを前進させてくれる意味で、大変貴重な特集であった。



注)上記のうち、茶色部分は、『歴史群像(2013年2月号)-大和朝廷VS古代東北 三十八年戦争』(発行:学研パブリッシング / 該当部分:福田 誠 著)から引用しております。




スポンサーサイト
 
カテゴリ : 蝦夷の歴史
2013-01-27(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。