FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

『アイヌの昔話』と、アイヌ語地名 


 蝦夷の記憶、東北に残るアイヌ語地名を調べていると、ある疑問に突き当たることがある。それは、川に関する地名がずいぶんと多いことだ。
 例えば、アイヌ語地名の南限と言われる宮城県北部でも保呂内、鎌内、年内、字内、舞根、西内、林内、混内、井内、案内、鬼首などがある。これら「ナイ、ベツ」地名、はアイヌ語の川を意味するとされる。

注)以上の地名は、アイヌ語の可能性があるというだけで、本当にアイヌ語に由来するかどうかは、別途検証が必要である。


 たぶん、自然の原野に糧を求めた民であるのだから、生活も川と密着しており、ゆえに川に関する地名を多く残したのだろうことは想像できる。それにしても山に関する地名に比べれば、圧倒的に川に関する地名が多いのだ。

 いろいろなアイヌ語地名の研究書なども目を通したが、このあたりの事情を記したものはあまり目にしない。そんな印象を抱いてから、数年経ち、『アイヌの昔話』(平凡社 萱野 茂 著)を読んでみた。なるほど、川に関する地名が多くなるわけである。

 著者の萱野茂氏はアイヌの出身で、子ども頃に聞かされたアイヌの昔話、この本で紹介している。昔話ではあるが、アイヌの神々やイナウとの関係、熊や鹿、キツネといった動物を通じながらのアイヌの思想や信仰があり々と描かれているし、山菜の鹿肉、魚などの食文化などにも触れられており、興味深くもある。

 この昔話の少なからずが、川を目印にして、その物語の位置関係を説明している。

例えば

・かねてうわさを聞いていた石狩川の上流に住むアイヌのとろへ・・・

・私は石狩川の中ほどに、父と母と、そしてわたしの三人でくらしていたひとりむすめ

・この川のずっと上流に住んでいる。


 このように、川の上流や中ほど、川尻(河口)など、川で位置関係を説明している。
アイヌ語地名では、ぺンケ(川上の)、パンケ(川下の)はなじみの深いところである。そして、

・にいかっぷ川の川尻に暮らしている

・これから川岸を通って、ずうっと上流へ向かって歩くと、お昼を過ぎたころに広い砂利原に出る。

・母に言い聞かされた広い石原に出ました


 などは、サッピナイ(乾く川)、オサナイ(河口が乾く川)を連想される。この際、サツ(乾いている)とは、乾期に水の流れが少なくなるとの意味だが、そういった所は大概が渇水期に流水が伏流する砂利川だから、この際、サツとは砂利原と理解しても差し支えないだろう。このアイヌの昔話では、川の砂利原が位置関係の目印として登場している。

・ぴない(函川)にっていて、沢の中を歩くことができなくなり、沢辺の崖をはい上がりました


 ピナイという地名は秋田県にもあり「比内鶏」で有名だ。実際、秋田県の比内が、このアイヌの昔話のように、函川(険しい谷筋?)であるのかどうか?機会があったら、訪ね歩いてみたい。

・わたしは舟に飛び乗ると、かいを手に持ち、上流目指して漕ぎ始めました。わたしたちの川、石狩川は、大きな川なので流れもゆるく、かい一丁でかなり早く漕ぎ進むことができます。しばらく漕ぎ進むと、うわさに聞いた村の船着き場がありました。いつものように、舟をつなぐ綱もほどきやすく・・・


 北海道の上磯町には、矢不来という地名があるが、これはもともとヤンケ・ナイ(陸揚する川→川で舟の積荷を陸揚げするところ)だったらしく、これがヤギナイとなり、そして矢不来になったと言う。
 アイヌ語地名の本家、山田秀三によると、アイヌ語で舟をチプと呼び、チ・トュラシ・ペッ(舟・上る・川/舟で遡れる川)という地名もある。
 その外にも、アイヌの物語では、川と生活が密着している話が登場しており、

・ずうっと前に、わたしたちふたりで丸木舟に乗り、鮭をとろうと川を上がっていくと、舟ざおが音もなくふたつに折れたので・・・


 なるほど、このように太古の蝦夷も川を小舟で行き交い、各所に川の特徴を記したアイヌ語地名を残していったのだろうと思えてくる。蝦夷を研究するためのヒントが、アイヌの昔話には多く残されているのである。


注)上記のうち、茶色部分は、『アイヌの昔話』(1994.9.14 初版 /萱野茂 著/発行者 株式会社 平凡社)から引用しております。



スポンサーサイト
 
カテゴリ : 蝦夷の記憶
2013-01-26(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。