FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

『火怨』 アテルイと田村麻呂 


 以前から、アイヌ語(蝦夷)地名を地図で探すのが趣味となり、その地名を探しながら宮城県から岩手県にかけて、この大地を駆けめぐった蝦夷の時代を想像することがある。
 しかし、そのような想像は、しょせんは身勝手な頭の中で描く、おぼろげで不確かな断片的夢想のガラクタであり、それ以上のストーリーに発展しないものだ。それゆえに、なおのこと、当時この大地を駆けめぐっていた蝦夷の人々の時代のストーリーに思いが及ぶのだが、小説は、その世界をバーチャルリアリティーで補強してくれる。

 蝦夷の小説ではNHKの大河ドラマにもなった『炎起つ』が有名だが、仲間内でこれを読んでいる友人がいたので、それなら自分もと、この小説を手に取ろうと思った。しかしながら『炎起つ』は全五巻あると知り、そのボリュームに圧倒され一時退避。

 そこで、まずは『炎起つ』と同じ、高橋克彦氏の著作『火怨(上下巻)』から読むことにした。

 『炎起つ』は平安中期の前九年・後三年役がテーマだが、『火怨』はそれより前の奈良時代~平安初期が舞台で、アテルイ、田村麻呂の時代がテーマである。ゆえに歴史的順番から言えば『火怨』を先に読んで良かったかもしれない。

 で、読み終わっての感想である。

 伊治城(現在の栗原市築館)の伊治呰麻呂の乱から始まり、大和朝廷軍とアテルイとの抗争が繰り広げられる。多賀城や桃生、胆沢や志和、気仙など私にとって身近な地域を舞台にしながら、その地勢を活かし、蝦夷郡は、朝廷郡を何度も撃退していく。

 しかし、最終的に英雄アテルイは河内国でさらし首となるのだ。これが史実であるが、これを高橋克彦はどう描き、どのような未来を求めたか・・・それこそが、この小説の最終テーマであろう。

 豆知識だが、栗原市(栗原郡)の「くりはら」は、伊治呰麻呂の伊治(これはる)に語源が求められるとの説がある。確かに伊治城の近隣には「栗原(くりばら)」の地名が残っているが、これは「はら」ではなく「ばら」と読む。この「は」と「ば」の違いは重要で、「くりばら」の地名は、

「Ba(ば) → Fa(ふぁ) → Ha(は)」

に転訛する以前の古い地名であることがわかり、伊治の時代まで遡りそうな感じもなくはない。 

 さて、アテルイだか、好敵手として征夷大将軍の坂上田村麻呂が登場する。田村麻呂は蛮族として朝廷から見下されていた蝦夷の良き理解者として描かれており、確かに史実では、坂上田村麻呂は捕らわれたアテルイの助命を請うたと伝えられている。

 宮城県では坂上田村麻呂にまつわる伝説が多いが、その中に田村麻呂の母を地元(仙台近辺)の悪玉姫とする伝説がある。なぜこのような伝説が生まれたのか不思議だが、もしかしたらアテルイを倒した田村麻呂にも、その出生には何か蝦夷との縁があったのかもしれない。

 『火怨』を題材に、県内の伝説や地名を、もう少し紐解いていこう。



スポンサーサイト
 
カテゴリ : 蝦夷の記憶
2012-12-24(Mon) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。