スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

高田松原 変わりゆく風景と砂の器 



 ゴールデンウィーク、陸前高田市、高田松原を訪れる。



P5050066.jpg


 
 江戸自体以降、防潮林として植林が続けられた高田松原。
 そこに、かつて名勝と言われた名残はない。



P5050068.jpg



 東日本大震災より生じたプレート沈下により、海面が相対的に上昇した。
 その結果、汀線が後退し、砂浜は波で洗われ、松の根幹部を地表に露わにした。



P5050069.jpg



 このようなプレート沈下を地盤沈下と記すことが多い。
 しかしながら「地盤沈下」との用語は、何か軟弱な地盤が局地的に沈下したとのイメージを抱かせる。
 そして、少なからずの人達が、被災にあった沿岸部のみが局地的地盤が沈下したと思い込んでいるようである。



P5050072.jpg



 今回の震災は、軟弱な地盤のみを局地的に沈下させたのではない。東日本の土台とな北米プレートそのものが沈下したのである。その沈下量は、震源地に近いほど大きく、西に向かうほど少なくなるが、いずれにしたって、その沈下は沿岸部のみならず、被災県の内陸部や、さらには隣県の山形県などにも及ぶのである。

 ただし、沿岸部は海があるから、その沈下量を目で見て確認できる。高田松原の朽ちた松は、身を持って大陸プレート沈下といった文字通りの大自然の変化を、我々に教えてくれていた。

 被災地の復興が遅れているとの話は良く聞くし、実際、阪神大震災と比較しても遅れているようだ。
 この遅れの大きな原因として、プレート沈下があるのは間違いないはずだ。



P5050079.jpg



 辛うじて、一本だけ残った松。しかし、力つきた。
 悲しんでも仕方がない、これが大自然の営みであり、人は自然の流れに身を委ねる外ないのであろう。

 そう言えば昨年、高田松原の松を薪にし、これを京都の大文字焼きにを使おうとした動きがあった。結果、放射能汚染を理由に、京都側から断られたことがニュースで話題となった。
 高田松原の松をわざわざ京都て燃やす意義がよくわからなかったが、放射能を騒ぎ立てる人達の考えは、いっそう理解できなかった。

 一つ理解できたのは、これだけ科学が発達し、教育レベルが上がった日本にあっても、穢れ思想といった古代からある日本の宗教的観念が、延々と現在まで息づいていることであった。



P5050087.jpg



 陸前高田市にも、更地とっなった旧市街地に瓦礫の山がある。
 この瓦礫の各県の受け入れの是非についても、放射能を理由に喧々諤々の議論がある。



コピー (3) ~ P5050087



 この受け入れの議論を耳にする度に、松本清張原作の映画「砂の器」を思い出してしまうが、そろそろ人心も落ち着いても良い頃だと思う。





スポンサーサイト
 

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。