スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

三年目の二山耕起、無肥料稲作の不思議 


 こんにちは、田鴨です。
 先日日、浦山水田を訪れ、稲刈後の田面を眺めながら、何か不思議な変化が起きていることに気がつきました・・・

 その不思議な変化を記す前に、まずはここ数年の浦山水田の状況について紹介します。

 無農薬の稲作を観察し続けて、8年近くが過ぎました。無農薬の稲作は、営農方法や水田によって収量のばらつきが大きく、そのような田んぼのいくつかを長年見続けていれば、7月下旬頃の稲の様子でおおよその収量が予想できるようになります。

 平成20年の7月下旬、浦山水田の稲が厳しい状況にありました。その時の会話がこちら

 そして、この年の8月下旬に浦山さんと一緒に青森県の苫米地に行き、二山耕起の提唱者、山道さんに会ってきました。二山耕起とは、稲刈り後の秋、田植え前の春に水田を畑のように畝あげし、これを何度か繰り返す耕起方法です。

 この畝上げにどのような意味があるのか、その頃の私には不明でしたが、それにしても山道さんの田んぼは不思議な田んぼでした。

 と言うのは、幾種類かの希少な水田雑草があちこちに見られたからです。



DSCN2114.jpg

H20.8.26撮影 山道水田のミズアオイ




DSCN2113.jpg

H20.8.26撮影 山道水田のサンショウモ




DSCN2097.jpg

H20.8.26撮影 山道水田のミズオオバコ





 浦山さんは平成20年の稲刈り後から二山耕起に取り組み始めました。

  平成21年春の二山耕起

 平成21年の浦山水田は前年とうって変わり、みちがえるような稲で、前年の2倍以上の増収がありました。
 この結果を報告するため、浦山さんは再び山道さんに会いに青森に向かいましたが、残念なことに、二山耕起の山道さんは遠いところに旅立たれていました
 私は平成21年の浦山水田の豊作は、土壌中に眠っていた有機物が二山耕起により有効化された、すなわち乾土効果が発揮されたものと理解しましたが、この効果により土の養分を使い切れば、次年度は再び厳しさが戻ってくるだろうと予想していました。
 
  平成22年1月の二山耕起

 平成22年は春が寒く、冷害が予感されましたが案に相違して猛暑の夏となりました。このため、一般の稲作は平年並み以上の収量が得られましたが、浦山水田は平成20年と同じくらいの厳しさ。
 もう十年近く無肥料栽培を継続している浦山水田です。平成21年の二山耕起による乾土効果で、すでに残りの肥料分を使い果たしたか?そう思わずにはいられませんでした。
 しかし、浦山さんの考えは違っており

「平成22年の二山耕起は中途半端にしかできなかった。だから稲もふるわなかったが、平成23年はしっかりやる。」

と信念を持ち続けています。そして、明けて平成23年

  平成23年春の二山耕起

 今年、平成23年は6月の気温が高かったこと以外、おおよそ平成22年と同様の気候変化だったように思いますが、平成23年の浦山水田は、平成22年と違いました。
 現時点ではまだ稲刈り途中なので、具体的にな数字は出てきませんが、おそらく、前年の1.5~2倍程度の増収になると思われます。

 今年の私は、今年の夏の気温予想を外しておりますが、乾土効果で残りの肥料分を使い切った田んぼ、無肥料のままでは増収は見込むことが出来ないとした浦山水田への予想も外してしまいました。

 無肥料稲作の継続。

 この農法は外部から田んぼに養分を投入しません。その一方で、田んぼの養分は収穫された玄米となり、ひたすら外に出ていきますから、田んぼ養分収支は赤字を累積していくことになります。
 水田の場合は灌漑水などからも養分を得られますから、畑作ほど養分収支の悪化は急激ではないにしても、長年の無肥料は収量を減らしていくでしょう。

 平成21年は二山耕起よる乾土効果が発現されても、それは一時的な現象であり、実際のところ平成22年は減収しました。ここまでは理屈通りなのですが、しかし平成23年は見事なV字回復。

 返す々人間(ここでは私のことですが)の想像力などたかが知れていることを思い知らされます。

 それでも、なぜV字回復したか、ひたすら累積債務を重ねていくはずの水田土壌が、なぜV字回復を遂げるのか?今度は、その理屈を考えたくなってきます。

 先日、浦山水田を眺め、どうも不思議な印象を持ったのですが、そこにV字回復のヒントが秘められているように感じました。さしあたり、何に不思議を感じたのか、写真で紹介します。


PA180021.jpg


 稲株の間に、細い藁のような草がたくさん見えますが、これはクログワイ。無農薬稲作に減収をもたらす雑草で農薬を使わなければ、毎年少しずつですが確実に水田内に占有域を拡大していきます。
 浦山水田ではクログワイの占有面積があまり広がっていませんが、これは水田が緩傾斜地形ありクログワイの不得意な乾田的傾向が強いのに加え、毎年の二山耕起でクログワイの球根が地表に露出し、その結果として駆除されているためと考えられます。
 このクログワイの抑制効果は容易に予想可能できるもので、このことは不思議ではありません。



PA180014.jpg


 不思議なのは、こちらの写真。田面を緑の絨毯のような芝草のような雑草が覆っています。水田内でも田面が高く、あまりジメジメしないところに多いようです。



PA180016.jpg


 上の緑の芝草のような雑草の拡大写真です。この草はマツバイで、農薬をが普及して以後は、まるで絶滅危惧種にてもなったかのように、さっぱり見られなくなった雑草です。
 ここ数年、毎年のように浦山水田を観察してきましたが、このような雑草植生の変化は初めて気がつきました。これが私が感じた不思議な変化です。

 もう一つ、ここ数年、気になっていたことがあります。無農薬稲作の大敵となる雑草にコナギがありますが、この雑草が年々小振りになってきて、数も少なくなっている印象を受けていたのです。

 もしかたらマツバイが増えたことで、コナギが減ったのかもしれません。これは仮設となりますが、二山耕起でマツバイが増える土壌環境となり、そしてコナギがマツバイが駆逐される。マツバイ自体もコナギと同様、稲作に歓迎されない雑草ですが、少なくとも、今年は昨年より増収しています。

 3年ぶり以上経ってから、もう一度、山道水田の写真を観察してみました。



DSCN2100.jpg




 なるほど、確かに手ですくった土壌の表面にマツバイらしき植物が見えています。

 来年は注意深く、浦山水田を観察してみようかと思います。もしかしたら、今まで目にしなかった新しい雑草が見つかるかもしれません。



           
レストラン「ライスフィールド」 
           



ライスフィールド トピックに戻る


 

スポンサーサイト
 

コメントの投稿

非公開コメント

田鴨さま
ご無沙汰しております。
お元気でしょうか。
水田雑草の白い花は、
ミズハコベではなくミズオオバコのようです。
2011-11-16 17:50 | 漁労長 | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし

漁労長殿、ご無沙汰しております。

> 水田雑草の白い花は、
> ミズハコベではなくミズオオバコのようです。

ご指摘、感謝いたします。

早速、訂正しました。

以前、漁労長殿から教えていただいた植物の知識、役立ってます。
また、機会があったら、いろいろ教えてください。


2011-11-17 22:14 | 2010tariki | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-21 09:48 |  |    [ 編集 ]

弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。