スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

我が大地、セシウムのその後「卵からの被爆量について」 


 
[一人当たり卵の消費量]
 農林水産省の食料需給表(平成22年度)によると、卵の消費量は一日あたり、0.045kgである。

[卵の放射性基準ベクレル]
 卵については、食品の放射能検査データに掲載されている全国データの中で鶏卵の高い値を基準ベクレルとする。このデータは厚労省公表の『食品中の放射性物質の検査結果について』を転載したものである。
 データによると、5月以降、全国的に鶏卵からの放射性物質は不検出となっいる。掲載されているデータでは、検出限界を50Bq/kgとしているものがあるので、これを検出限界とする。
 このように、鶏卵からの放射性物質が検出されないのは、与えるエサの配合飼料に放射性物質が含まれていないからであろう。

[卵からの年当たり被ばく量]
 以上から、年当たり被ばく量は下記となる。

  0.045kg/day×50Bq/kg×0.006=0.0146mSv/year
  ※換算方法は、こちらを参照

 この値は、年間被ばく限度量を1ミリシーベルトに制限した場合、その制限値の1.4%程度で、あまり気にする必要が無いようである。
 しかも、基準ベクレルは50Bq/kgとしたが、実際はもっと低いだろうから、より一層、卵は安全だと予想される。

[福島県産の卵の放射性基準ベクレル]
 卵についは、福島県の結果も含め上記を計算している。このため、福島産の卵についても、同様に安全だと判断する。




▼被ばく量計算目次
被ばく量の各種基準値 / 1ミリシーベルトについて / 被ばく量の計算方法 / 被ばく量の総合評価
【各品目毎の被ばく量計算】
水道 / 野菜 / 果樹 / 特用林産物 / 水産物 / / 乳製品等 / 牛肉 / 豚肉 / 鶏肉 / 小麦 / 大豆 / /
※「我が大地、セシウムのその後」では2011.9までに公表された調査データを基に試算しております。




スポンサーサイト
 

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。