スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

我が大地、セシウムのその後「果物からの被爆量について」 


[一人当たり果物の消費量]
 農林水産省の食料需給表(平成21年度)で報告される、果物の消費量及び、国内生産量と輸入量(被ばく量の試算からは除外する)から、一人一日当たりの被ばく消費量を計算すれば、下記となる。

注)以下、一日一人当たり消費量×国内生産量÷(国内生産量+輸入量)

 0.070kg×1,530千t÷(1,530千t+4,223千t)
 =0.019kg≒0.02kg

である。

[果物の放射性基準ベクレル]
 宮城県、栃木県、茨城県の5月以降の果物の放射線量調査結果から、基準ベクレルを設定してみる。

宮城県では、もも、イチジク、ブルーベリーから10bq/kg以下の放射性物質が検出されている。それ以外に梅から最大で40Bq/kg以上の検出結果が得られている。


栃木県では、ブドウやブルーベリー、梅などからしばしば放射性物質が検出されており、6月7日発表のブルーベリーの32Bq/kgを除けば、おおよそ10Bq/kg前後である。


茨城県では、5月にイチゴで10Bq/kg以下が検出され、ウメについては6月に40Bq/kgを検出、ブルーベリーでは7月で9~33Bq/kgを検出しているが7月29日には195Bq/kgと特異的に高い数値を示している。


 以上、いずれの県でも検出限界値は調査資料に掲載されていないが10Bq/kg以下の調査結果が得られているので10Bq/kg程度であると思われる。


 これら3県は果物生産がそれほど盛なわけでなく、また検出された放射性物質も品目毎に大きな差がある。このため、これら結果から、基準ベクレルを設定するのは難しいが、できるだけ放射性物質が大きく出るよう基準ベクレルを設定するとの方針により、基準ベクレルを60Bq/kgにしてみる。

[果物からの年当たり被ばく量]
 以上から、果物の年当たり被ばく量は下記となる。

  0.02kg/day×60Bq/kg×0.006=0.007mSv/year
  ※換算方法は、こちらを参照

 この値は、年間被ばく限度量を1ミリシーベルトに制限した場合、その制限値の0.7%程度で、基準ベクレルは野菜より大きいが、年間被ばく量そのものは、野菜より小さい値となる。

 基準ベクレルは宮城県、茨城県、栃木県の結果から設定しているので、これら3県及び福島県を除いた地域については、さらに低い値となる。特に、これら3県は、それほど果物生産が盛んではなく、果物からの被ばくについては、なお一層、気にする必要が無いように思われる。

[福島県産の果物の放射性基準ベクレル]
 福島県は果物生産が盛んな県だが、9月の報告資料ではリンゴで10~60Bq/kg、ブドウ10~50Bq/kg、イチジク30~140Bq/kg、カキ40~50Bq/kg、モモ10~30Bq/kg、また5月頃の報告書では梅が80~350Bq/kg、オウトウで40Bq/kg前後と、先の三県に比べれば、高い値の放射性物質が検出されている。
 これらを考慮し、また年間消費量がさして小さいと予想される梅の結果を除いて、基準ベクレルを150Bq/kgに設定する。これから年間被ばく量を算定すれば0.018mSvとなる。




▼被ばく量計算目次
被ばく量の各種基準値 / 1ミリシーベルトについて / 被ばく量の計算方法 / 被ばく量の総合評価
【各品目毎の被ばく量計算】
水道 / 野菜 / 果樹 / 特用林産物 / 水産物 / / 乳製品等 / 牛肉 / 豚肉 / 鶏肉 / 小麦 / 大豆 / /
※「我が大地、セシウムのその後」では2011.9までに公表された調査データを基に試算しております。




スポンサーサイト
 

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。