スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

我が大地、セシウムのその後「年間被ばく量の試算(飲料水について)」 


 最初に飲料水の被ばく量を試算してみる。

 水は自然放射線量で計上されていないが、今回、原発事故では、いくつかの県の水道中から放射線量が測定されている。
 事故後、4月頃までは放射性ヨウ素が検出されていたが、5月以降は検出されなくなった。ヨウ素は半減期が8日と短いからであろう。一方で、希にではあるが、セシウムは5月以降も継続して検出されている。

[一人当たり水の消費量]
 人は一日に2kgの水分を吸収する必要があるので、日消費量をそのまま2kgとする。

[水の放射性基準ベクレル]
 各地の水道局の調査結果から、基準ベクレルを設定してみる。

福島県郡山市水道局では5月以降の放射性物質がすべて不検出である。


・ 福島市他福島県内の3市3町に配水する福島地方水道用水供給企業団の調査結果も同様に5月以降すべて不検出である。ちなみに、福島市水道局が公表するQAによると、検出限界はヨウ素、セシウムとも5Bq/kg前後とある。


宮城県の調査では県内浄水場において6月以降はほとんど放射性物質は検出されていないが、たまに1Bq/kg以下のセシウムが検出されている。検出限界は9月発表資料から、0.2Bq/kg若しくは0.6Bq/kgと掲載されている。


仙台市水道局の調査では、5月中旬以降、ヨウ素の全て不検出となり、セシウムもだいたいは不検出だが、8月に至っても、1Bq/Kg以下セシウムは検出されている。報告書の注釈に不検出は0.5Bq/kgとあるが、調査結果では0.5Bq/kg以下の数値も記載されている。調査制度が高いので、検出が続いているのであろう。仙台市は誠実である。


茨城県でも6月以降、放射性物質は検出されていない。検出下限界値は6月10日以降、0.7Bq/kgとしているが、8月12日以降は2Bq/kgとなっている。


・ 栃木県の調査でも、県内水道事業所全て放射性物質は不検出となっている。ただし、検出限界は13~20Bq/kgと高い。


 以上、福島県及びその隣県の水道水について、放射性物質の調査結果を簡単に述べてみたが、おおむね放射性物質は不検出の結果と言ってよいであろう。

(各県の水道水の基準ベクレルについて)
 各県の検出限界についてであるが、調査報告書の掲載されているもの、その他資料に記されているもの、記載が見つけられないもの、それぞれある。見つけられたもののみで検出限界値を述べれば、

・宮城県 0.6Bq/kg,0.2Bq/kg (6月以降)
・仙台市 0.5Bq/kg
・福島県 5Bq/kg
・栃木県 13~20Bq/kg
・茨城県 0.7Bq/kg(6月以降),2Bq/kg(8月以降)

である。

 以上の結果から考えれば、福島県は5月以降不検出が続いているものの、検出限界は5Bq/kgであるから、福島県の基準ベクレルは危険側(放射線量が高く算定される側)を取って10Bq/kg(Cs134,137の検出限界の総和)とする。

 茨城県及び宮城県も5月以降の大部分は不検出であり、検出限界はそれぞれに異なる。しかし、1以下の測定値が得られていることから考え、検出限界は大きくとも1以下と判断し、基準ベクレルを2Bq/kg(Cs134,137の検出限界の総和)としてみる。
 栃木県も不検出だが検出限界が高い。ただし、以前のページで示したマップを見る限り、栃木県と茨城県の放射性物質の汚染程度におおきな違いは無いようだから、水道水についても、同レベルとして良いかと思う。

 以上から、水道水(飲料水)の基準ベクレルを2Bq/kgに設定してみた。
 
 注)基準ベクレル設定方針(宮城、栃木、茨城の三県で設定する。)

[飲料水からの年当たり被ばく量]

 以上から、飲料水の年当たり被ばく量は下記となる。

  2kg/day×2Bq/kg×0.006=0.024mSv/year
  ※換算方法は、こちらを参照

 この値は、年間被ばく限度量を1ミリシーベルトに制限した場合、その制限値のわずか2.4%程度にとどまる値である。

 そして基準ベクレルは宮城県、茨城県、栃木県の水道水から設定しているので、これら3県及び福島県を除いた地域については、さらに低い値になるはずである。

 と言うことで、水道水からの被ばくについては、ほとんど気にする必要が無いようです。

 ただし、福島県については別途検討が必要です。




▼被ばく量計算目次
被ばく量の各種基準値 / 1ミリシーベルトについて / 被ばく量の計算方法 / 被ばく量の総合評価
【各品目毎の被ばく量計算】
水道 / 野菜 / 果樹 / 特用林産物 / 水産物 / / 乳製品等 / 牛肉 / 豚肉 / 鶏肉 / 小麦 / 大豆 / /
※「我が大地、セシウムのその後」では2011.9までに公表された調査データを基に試算しております。




スポンサーサイト
 

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。