FC2ブログ

葛西一揆戦の実相と前谷地に来た葛西浪人達 


 宮城県は、北から北上川が南下し、南から阿武隈川が北上する。この二大河川によって、低平な平野が発達するわけだが、ゆえに「米どころ宮城があるわけですね。」と言われれば、「それだけではありません。」と、少しばかり、解説を加えたくなる。

 確かに宮城県に広がる整然とならんだ美田の眺めは、低平な地形ゆえに形成されるものだとしても、それだけで美田が形成されるけではなく、水田が水田として営まれるためには、川の氾濫を防ぐ治水事業が必要であるし、低平な水田に水を引くには、はるか上流から川の水を引っ張る灌漑水路が必要だ。
 そして、ひとたび雨が続けば、低平地からの排水は困難を極め、容易に沼地に変貌するため、排水路やポンプなどの排水施設も必要となる。即ち、低平地ゆえに、それだけで美田が広がるわけではなく、様々な人智と努力があって、始めて美田は美田でいられるわけである。

 このため、この美田の眺めは、古来から延々と築かれた社会資本というべき治水・灌漑の財産の蓄積により支えられており、これに大きな役割を果たしたのが伊達政宗公の新田開発である。となれば、現在の米どころ宮城の農業は、伊達政宗公の遺産の賜とも言えるわけで、宮城の農業を考える際に、

「宮城は伊達百万国の遺産がありますからね。」

 そう、感想を延べることがしばしばある。ところが、時折、地元の農家から

「・・・私のところは、葛西の家系ですから。」

 と返されることがある。

 葛西とは、豊臣秀吉による国替えにより、伊達政宗が現在の宮城県北地方の岩出山に居城する以前、岩手県南から宮城県北東部に興隆を誇った戦国武将、葛西氏のことで、豊臣秀吉の小田原征伐に参陣しなかった事を咎められ、奥州仕置により滅びた。
 この奥州仕置後、浪士となった葛西氏家臣団は一揆したが、ついに伊達政宗により鎮圧されたのである。しかし、現在でも宮城県北地方には葛西氏の流れをくむ家系が多く残り、ゆえに「葛西氏の家系ですから。」との声に出会うわけである。



P7030003.jpg




 今回紹介する「葛西一揆戦の実相と前谷地に来た葛西浪人達( 著者:横山重朗、1989年/宝文堂発行)」の著者も葛西氏の家系であり、歴史の敗者ゆえに、真実が伝えられにくい葛西一揆の実相とその後について探求している。

 一揆により、葛西浪人達は各地に散り々となったが、さすが伊達政宗公は名君だったようで、落ち延びた葛西浪人を追討するなど愚は犯さず、彼らに開墾地を与え、あるいは仙台藩の士官としても登用した。

 私の出会った葛西氏の家系の方々は、皆、立派な精神的篤農家であり、現在でも葛西家臣団としての誇りが脈々と受け継がれているように感じる。葛西一揆とその後は伊達百万国の歴史が持つ秘話ではあるが、米どころ宮城の歴史が持つ、度量の深さも現しているようである。


スポンサーサイト



 

コメントの投稿

非公開コメント

私も葛西系です。

葛西氏他が、小田原行かなかったのは、自称奥州王が、
「俺いぐがら、おめだだず、来なくていいがら」と言ったのでは、
ほとぼりさめでがら、悪いど思って、石川だの田村だの和賀だの再興したんで
ないのすか?

初めまして、ローカルで面白いです。
2011-07-31 15:35 | 三陸アイヌ | URL   [ 編集 ]

Re: 私も葛西系です。

三陸アイヌ様、コメント返信が相当遅れまして失礼しました。

しばらく三陸方面に滞在しており、パソコンが使えない日々が続いてました。

私の専門(趣味の分野ですが・・・)は平泉以前、蝦夷の頃の東北地方の歴史ですが、
今回は、戦国時代、葛西家の歴史本を読んでみました。

この時代など、何か秘めたる歴史話などありましたら、いろいろ教えてください。

2011-08-14 23:23 | 2010tariki | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-11 23:06 |  |    [ 編集 ]

弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR