FC2ブログ

日常と非日常、機動力の発揮について 

「戸締まりなんかいらない!とにかくすぐ逃げろ!」

 地震直後、このブログで紹介している爺さんが加工場の従業員を叱責した言葉です。

 この爺さんの叱責で、従業員は背後の山に退避でき、全員無事でいられました。
 緊急時、日常から非日常に頭を切り換えるのが大切であるのは、当たり前のことではありますが、なかなか頭が切り換わらないのも事実のようです。
 
 私ごとですが、地震直後から経験したことを、少しずつワープロに記録しています。地震直後の自分の心理を思い起こせば、まずは当日の業務ケジュールが頭に浮かび、次に明日の仕事の段取りに気が取られておりました。既に非常時が始まっていたのにかかわらず、いまだ頭の中は日常の慣性を引きずっていたことに気がつかされます。

 それを考えれば、爺さんの叱責は、非日常が始まったことを従業員に認識させるために適切な行為でした。

 この爺さんが叱責している頃、同じ石巻市の魚町で、私が昔、お世話になった知人も津波に襲われつつありました。

 この知人はいくつか教訓になる体験をしていましたので、ちょっとだけ紹介させていただきます。

 知人は会議中に地震に襲われました。そして地震が収まった後、会議を続行するか、それとも机を片付けるべきか皆で相談していたとのことですから、私と同じように地震直後も日常を引きずっていたようです。ただし深刻だったのは、知人のいた場所が海のすぐ目前であったこと。

 幸いにして、誰かの携帯に大津波緊急警報が入り、すぐに数人で車に乗って退避したので無事だったのですが、道路に出たら街の車が一斉に退避を始めたので大渋滞、仕方なく途中から車を捨てて山に逃げたとのことでした。
 
 その後、2日間、知人は何も食べず、さらにその後の10日間は一日に小さいおにぎり一個だけの生活が続いたとのことですから、大変な思いをされたと思います。

 震災後、いろいろな話を聞きましたが、車で逃げるか、それとも車を捨てて逃げるか、この判断の違いが生死を分けた場面も多かったようです。
 なんと言っても、個人にとって車は大切な財産ですから、おいそれと捨てる気持ちになりません。日常を引きずっている限り、なかなか車を捨てる決断はできないでしょう。それに渋滞したり、何らかの理由で道路が塞がれていない限り、車のほうが人の足より迅速に移動できますから、車を捨てる捨てないは、大変難しい判断になると思います。

 一つ言えるのは、今回の津波は想定外の大津波とは言え、人の生死を左右するほどの浸水域は海岸から2~3km程度の範囲でした。この距離は人の足で歩いても30~60分ほどです。そして今回は地震が起きてから津波が来るまで30~60分程度の時間がかかりましたから、地震が起きて、すでに歩いて退避すれば安全域に逃れられる計算にはなります。

 ただし、これは机上の計算であり、いざ事が起きて退避するためには「機動力」が問われてきます。

 「機動力」と言うと、移動する早さを連想する人が多いようですが、それだけでなく、私自身は「適切な判断力」、「情報力」、「移動力」、これらの総和が機動力だと考えています。

 ここで、いまいちど爺さんの体験と知人の体験を思い出し、機動力(適切な判断力、情報力、移動力)との関係を整理してみます。

 ・日常から非日常に頭が切り替わる→ 適切な判断力
 ・携帯に大津波緊急警報が流れる → 情報力
 ・車で退避 → 移動力
 ・車を捨てる → 適切な判断力
 
 それぞれの場面で、機動力の要素が問われていることがわかります。
  
 このように、津波から迅速に退避するためには機動力が問われるわけですが、それが効果的に発揮されるためには、退避する人各々が持つ「適切な判断力」、「情報力」、「移動力」を認識し(過大にも過小にも評価せず)、その力が連関しながら効果的に機動力につながるよう行動することが重要になります。

 もう一つ付け加えれば、自分の現在地がどこにあり、そしてどのルートを通れば効果的に退避できるのか、といった課題もあります。このためには地図でルートを確認する必要がありますが、常日頃、いつも地図を持って歩くわけにはいきません。それに地図があったところで、退避する途中で自分の現在地が不明になれば、せっかくの地図も役に立たなくなります。

 ちなみに、最近では携帯電話でグーグルマップが使え、そしてこのマップでは自分の現在地も表示されます。いわば携帯電話でナビゲーションが出来るわけですが、これは緊急時にも役に立ちそうです。なので常日頃から携帯のグーグルマップを使いこなすことも、津波の備えとして大切な準備になるでしょう。

 さて、先に紹介した、私がお世話になった知人について、もう一つ別の話題がありましたので、次の記事で紹介

スポンサーサイト



 

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR