スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

二風谷のアイヌ家屋 

 今年9月に北海道を旅し平取町を訪れました。

 平取町と聞き「『崖の間』か・・・」などと、ほんの少しだけアイヌ語地名を理解できる知識は身につけてはいたが、車で走り、周囲の地形を見回しても「崖の間」といったほどの急峻な地形には出くわさない。

 もう少し走ると二風谷ダムの看板が見えてきた。もしかしら「崖の間」はあのダムの底に沈んだのかな?とも思った。

 この二風谷にはアイヌ資料館があり、見学させていただきました。



P9260222.jpg




P9260220.jpg




 アイヌの家屋です。

 東北地方の民家とアイヌの民家に何か共通ししているものがないかと思い、興味深く見学させていただきました。もし、そこに何か共通性があるならば、それはかつて東北にあった蝦夷文化の名残だと考えたからです。
 
 しかし屋根の部分に、若干だけ似通った趣があるものの、なかなか東北の民家とアイヌの民家に共通性は見いだせませんでした。

 東北地方の北半分は奈良~平安頃まで蝦夷の勢力が強かったわけで、そのため現在でも東北地方には、北海道と同じアイヌ語で解ける地名が数多くあります。

 しかし、必ずしも蝦夷=アイヌというわけではなく、鎌倉時代以降は蝦夷の勢力が途絶えつつあった東北に比べ、北海道の蝦夷?は時にオホーツク文化の影響を受けながら、また生活の糧を鮭漁に特化させていきながら、独自の文化的発展を遂げていきます。
 そして、アイヌの民家「チセ」にも、このオホーツク文化の影響が見られることは、下に紹介する本「アイヌの歴史」でも紹介されています。

 もともとは、同じ文化を共にしていたと思われる東北の蝦夷と北海度のアイヌ、しかし一方は大和の文化に同化していき、一方はオホーツク文化の影響を受け、それぞれの道を歩んでいったのでしょう。



P9260218_20101213232237.jpg



 アイヌ民家の内部です。
 基本的に釘は使わず、丸太と丸太をロープで縛り付け、組み合わせているようです。

 凹凸のホゾで構造材を組み合わせている様子もありませんが、泥壁も板も使わず、床がないのも日本家屋との大きな違いです。



P9260224.jpg




 アイヌの祭具「イナウ」、神様への供え物で、一本の棒から削り出し作ります。

 これとよく似た風習は宮城県にもあり、やはり神様への祭具として一本の棒から削り出します。
 民家からはなかなか共通性が見いだせなかった東北文化と北海道アイヌの文化でしたが、イナウのような風習からは、互いの共通性が見いだせました。
 
 まだ他にも共通する文化が見つけられるかも知れません。





スポンサーサイト
 
カテゴリ : 蝦夷の歴史
2010-12-14(Tue) | コメント : 1 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-12 15:56 |  |    [ 編集 ]

弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。