スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

温室効果ガス25%削減、具体案と提案 

 今晩は、田鴨です。

 鳩山政権が、成立して早一ヶ月半が経過しました。
 今回の政権交代は、八ツ場ダム問題や羽田空港問題など、日本の行く末に大きな変化をもたらしそうであるが、農業分野においても農業機械のリース事業が緊急の課題として浮上し、また個別所得補償制度と集落営農法人化の関係についても、今後の行く末に目が離せない情勢にある。

 これ以外にも鳩山代表は温室効果ガス25%削減目標(対1990年比、2020年達成目標)を表明しており、これも私達の生活に少なからず影響を与えていくであろう。

 私自身は、いわゆる温暖化問題について、もっと温室効果ガス(原因)と気温上昇(結果)の因果関係を慎重に考察する必要があると考えております。

 「とりあえず、予防原則で温暖化対策」

 との先憂後楽思想も大事であるが、過ぎるたるは及ばざるが如しとの故事もある。一度立ち止まって前後左右を確認することも時には必要ではないかと思うときもあるのです。


 とは言え、温暖化対策の是非はともかくとしても、温暖化問題は私達の生活を地球規模から考えるための、良いきっかけを与えてくれたとは言える。

 それで、私達は日常生活において、どのような内訳で二酸化炭素を排出しているのか、そして日常生活レベルで25%の二酸化炭素排出抑制は可能なのか考えてみました。

 



 かなりおおざっぱな計算でしたが、結果から言えば、

 ・薪ストーブを導入し、燃料にカーボンフリーの薪を使う。
 ・籾殻給湯器を導入し、燃料にカーボンフリーの籾殻を使う。
 ・ちょっとだけ効率的な車の運転を心がける。

 これで25%程度の削減は実現可能と「言えそう」な結果となりました。

 ただし、隣近所の関係や家周の条まわり環境から、薪ストーブや籾殻給湯器は、都市部での導入は困難との条件は付く。
 いずれにしても、この検討か結果から、もし鳩山政権が、温室効果ガス25%削減を目指すなら下記を提案をしてみたい。

 1.暖炉、薪ストーブ、籾殻ボイラー購入の補助金等支援
 2.伐木や籾殻など未活用資源の一般提供体制整備
 3.非渋滞区間の高速道路の早期無料化

上記提案のうち(3)は、効率的な車の運転による二酸化炭素排出抑制を意図して提案した。ただし無料化で高速の渋滞が増加すななら、これはかえって車の運転が非効率となり二酸化炭素排出が増加するので、無料化は非渋滞区間に止める。

 個人的に言えば東北自動車道白河以北の無料化を要望したいのでありました!

スポンサーサイト
 

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。