FC2ブログ

秋の草木、花の朱色が鮮やかです。 



 <色麻町の浦山水田の様子>


 秋深まる、今日この頃、野山の草木は色づき始めました。
 
 秋の花は朱が鮮やかなようです。



 








 
「アカツメクサ」(マメ科シュジクソウ属)
10月11日、浦山水田の溝にて


 赤いクローバー。明治初期に、牧草としてヨーロッパから伝来した帰化した植物です。









 
「イヌタデ」(タデ科イヌタデ属)
10月11日、浦山水田の溝にて

わが屋戸の穂蓼古幹採み生し、実になるまでに君をし待たむ

わが家に生える古蓼の、茎つく種をつみ取り播いて、
この実が結ぶまで、あなたを待ち続けます。

(万葉集 巻11-2759 作者不明)


 イヌタデの「イヌ」とは、イヌビエ、イヌホタルイなど人に役立たない植物につけられますが、役に立たずとも、イヌタデは稲刈り間近に水田畦を彩り、人の目を楽しませてくれます。








 
「アキノウナギツカミ」(タデ科イヌタデ属)
10月11日、浦山水田の溝にて


 先に紹介したアカツメクサ、イヌタデは、田んぼの畦に生えますが、アキノウナギツカミは田んぼの溝に生えます。畦、溝とも田んぼの額にあたる部分ですが凸になっているところが畦、凹になっているところが溝です。

 「茎のトゲがウナギを捕まえる」、との意味から、この名前がつけられたようです。濃い緑の草葉の中、朱色に輝く花弁の姿は、見る人の心に鮮やかな残光を残します。








 
「マユミ」(ニシキギ科ニシキギ属)
10月11日、レストラン・ライスフィールドにて


南淵の細川山に立つ檀、弓束纏くまで人に知らえじ

南淵の細川山に立つ檀の木で弓を作り、
この束に革を巻くまで、あなたのことを知られないようにしよう。
(万葉集 巻7-1330 作者不明)







 
「ムラサキシキブ」(クマツヅラ科ムラサキシキブ属)
10月11日、レストラン・ライスフィールドにて


 浦山水田ではムラサキシキブの色づきを眺めながら、稲刈り時期を思いはかります。今年も、いよいよムラサキシキブの色は、その鮮やかさを増しています。







 
「おてんと米のササニシキ」
10月11日、
浦山水田にて

 浦山水田の農薬と化学肥料を使わないササニシキは、来週頃に稲刈りを予定しています。他の水田より遅い稲刈りとなりますが、朝晩冷えるこの季節、籾は引き締まり、そして天日で干す「おてんと米」は、今年も私達に自然の恵みを与えてくれることでしょう。











             
平成21年作、農薬と肥料を使わないササニシキ
おとんと米とジャズ田力」へ
只今、新米予約受付しております。
           






 農薬を使わないササニシキ「ササライス」へ  





ライスフィールド トピックに戻る


JUGEMテーマ:花のある暮らし
 


スポンサーサイト



 
カテゴリ : 自然稲作
2009-10-11(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR