スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

平成21年作無農薬、無肥料の自然栽培ササニシキ、新米予約開始します。 



 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。
 平成21年作の新米予約受付開始しました。

 で、まだ稲刈りまいましばらくかかりますが、今年の稲作を振り返ってみると、昨年の夏までさかのぼり・・・
 昨年、自然の稲の力をどこまで信じられるか試された年でした。

   昨年8月末頃の会話  

 で、盆明けになり、以前から感じていた想いを解くために、青森に旅立ちました。「二山耕起」の稲作を行う山道さんの田んぼを見るためです。

 良くこなれ、土の粒子一粒々にまで毛根が浸透する。以前から漠然と想う稲にとっての理想の土の姿です。
 伝え聞いた二山耕起であれば、その姿に土がこなれるかもしれない、そう直感的に感じ、そして青森に向かうことにしました。

 山道さんの田んぼを見させてもらいました。土を掬って肌で感じ、風邪に揺れる稲穂を眺めながら、話しに耳を傾けました。そして耕起の方法を聞かせてもらい、自分もやってみようと思いました。

 稲作と言えば単純ですが、耕起から代掻き、種籾の手当てから育苗、田植え後には、水加減に気を遣い、除草作業は7月半ばまでかかります。
 その過程には、様々な方法や組み合わせがあり、さらに毎年の気候も変化します。そのため、単に稲作とは行っても、そこには千差万別の稲作があるのですが、しかし人の一生は限られます。

 一人の農家として、自分が経験できる稲作は、せいぜい30回を越えるくらいでしょうか。それだけに貴重な経験を教えてくれた山道さんには感謝ひとしおです。

 稲刈りが終わり、初雪が降り始める頃まで田を耕起し、初春になって田んぼに畝を立て、それを反転し、そしてまた畝を立てる作業を繰り返しました。















 今年も、8月が過ぎました。









 


平成21年8月22日、出穂した頃











 

平成21年9月2日、穂の様子







 稲の様子は快調です。

 株本では、今年も雑草のコナギが花が咲かせました。7月まで懸命に除草した雑草ですが、この季節に至れば、紫の花が可憐に感じられるから不思議なものです。








 



平成21年8月22日 コナギのつぼみ











平成21年9月2日 コナギの花









 9月4日、あいにくの秋雨空の下、それでも籾確実に登熟しています。


 今年は、たくさんのお米を届けることができると思います。














浦山水田「おとんと米とジャズ田力」へ

平成21年作、農薬と肥料を使わないササニシキ
新米予約始めました。






 農薬を使わないササニシキ「ササライス」へ  




ライスフィールド トピックに戻る

JUGEMテーマ:安心なお米

 
スポンサーサイト
 
カテゴリ : 自然稲作
2009-09-04(Fri) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。