スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

自然栽培の稲作 

  <色麻町の浦山水田の様子>

  浦山水田の稲作です。

  種籾消毒はせず、育苗にはハウスを用いず、古来からの苗代で育て、
  育苗だけには有機肥料を使ったが、本田作では化学肥料はもとより有機肥料も使わない。
  そして全過程で、一切農薬を使わない自然栽培の稲作を継続しています。

  このような自然栽培で最も課題となるのは無肥料による稲作です。
 
 基肥も追肥もせず、有機肥料も化学肥料、基肥も使わない稲作(育苗には有機肥料を使っていますが。)をどこまで継続できるか?

  浦山水田では、以前はアイガモ農法にも取り組んでいましたが、これをやめ、肥料を使わない稲作に取り組んで、5年目(5作目)になりました。


◆ 浦山水田の記録です。 ◆

 さすがに、稲もこぶりになってきましたが、今年も穂をつけ、少しずつ籾の重さが増してきています。



 




[H20年8月23日 水田の全景]


[H20年9月7日 水田の全景]






[H20年8月23日 出穂した稲]


[H20年9月7日 登熟中の稲]






[H20年8月23日 浦山水田、出穂した稲]



[H20年9月7日 浦山水田、登熟している稲]







[H20年9月7日 稲穂の下に広がる雑草のコナギ]






[H20年9月7日 稲穂の陰に咲いたオモダカの花]



 この後、稲が十分に登熟したら稲刈りし、天日に乾燥させ、そして自然の息吹きで育ったお米が、人の食卓に上がることでしょう。

 只今、浦山水田の自然栽培ササニシキ、「おてんと米」と「ジャズ田力」の新米予約受付中です。
 発送は11月頃からの見込みです。


申し込みはこちからから



ライスフィールド トピックに戻る 



JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

スポンサーサイト
 
カテゴリ : 自然稲作
2008-09-09(Tue) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。