スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

「ラストマイタケ」今日のマイタケ日記です。(2012年のマイタケ記録) 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 本日(2012.10.10)も、マイタケに採りに山に出かけました。先日のマイタケ採りの日は虹が出て

 「今日はイケル!」

 そんな確信がありましたが、今回は確信を抱けませんが、それでも、この季節、毎年マイタケを採りに山に入ります。採り場によっては2~3年に一度しか出会えないマイタケがあるので、タイミングを逃せば、そこで再び出会えるのは数年先になってしまうからです。



20121010DSCN3733.jpg



 今日はバイクで山に行きました。こちらは山に入るときの装備品。



20121010DSCN3736.jpg




 山に入ると藪こぎ(藪をかき分けて路を進む)が多いので、手ぬぐいを頭に巻くのが一番です。この日は般若心経の手ぬぐいでした。

歩くこと30分、朝5時に自宅を出ましたが、午後1時から用事があったので、時間が限られていたので、本日のマイタケの事前偵察のつもりでした。

 2年マイタケが出なかった最初の採り場、小さいマイタケが出てまして、その陰に大きなマイタケがありました。



20121010DSCN3740.jpg

20121010DSCN3744.jpg




 次の採り場、何回か来たことがある採り場所ですが。その日、すぐには場所が見つけられませんでした。よくよく周囲を見ると大木が倒れてます。なるほど、この採り場のミズナラは、ついに倒れてしまったようです。
 倒木の根本を見ると、いくつものマイタケがありました。その一つ々は決して大きくはないけれど、5~6つのマイタケの束がありました。



20121010DSCN3747.jpg




 以前も見たことがありますが、今までマイタケが出ていた木が倒れたその年には、その倒木にたくさんのマイタケが出てきます。まるで、木に残された最後のエネルギーがマイタケに転化しているようです。これがその採り場の、最後のマイタケです。

 山の木々、マイタケはミズナラの木に住みかを定めます。山の傾斜の度合い、日の当たり方、下草の具合、同じミズナラの木でも、周囲の環境は様々です。だから、そういった周囲の環境を見分け、マイタケが住んでいそうな場所の目星をつけるのですが、全く同じ環境にあっても、不思議とマイタケが出てくる木、そうでない木、それぞれあります。

 たぶんマイタケは、周囲の環境だけでなく、人には見分けのつかない何かマイタケの自身の好みで、自分の住み着く木を選んでいるのでしょう。一度、マイタケが住みつくと、その木には、ずっとマイタケが住み続けます。

 ミズナラノの木が若く、元気が良ければ、マイタケは毎年で出てきます。ただし小さなマイタケです。そのうち2年ごと、3年ごとと、マイタケが出る年の間隔が空いていきますが、だんだんとマイタケは大きくなっていき、ミズナラの木がピークを迎える頃、マイタケも一番大きくなります。

 木がピークを過ぎれば、だんだんとマイタケは小さくなり、そして数も減らしていきます。そしてミズナラの木は老いていき、ついに倒れる。



20121010DSCN3748.jpg




 ほとんどマイタケが採れなくなったミズナラの老木でしたが、倒木したその根本に、最後に一度だけ、たくさんのマイタケが華を咲かせるのです。その一つ々は決して大きくないけれど、木が残していた最後の力が、そこに詰まっているでしょう。



         
 ライスフィールドの自然派メニュー
        



ライスフィールド トピックに戻る

スポンサーサイト
 

Swing Bird アコースティクライブ おいでおいで in Rice Field 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 11月24日、ライスフィールドでライブコンサートします。



告知!

liveinfo20121124ricefield.gif

~ Swing Bird 紹介~

 これまで「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」「とっておきの音楽祭」など宮城県内の各音楽イベントの参加を始め、仙台市内、郡山(福島)のお店を中心に定期的にライブ活動中。
 2010年12月には、F-REANSクリスマスイベントでイケメン‘ズさんのゲストとして、また東北大学の川内萩ホールで行われた「山下洋輔のジルベスター」のウェルカムステージでライブを行う。
 2011年10月にはジャズシンガーの堀江真美さんのオープニングアクトを努める。
 2012年にはiinaがパチンコタイガーCMテーマソングを担当。

 現在、自主製作によるNEWアルバム発売のため、製作活動中



チケットは下記画像を印刷してお使い下さい

liveinfo20121124ricefieldchiket.gif



 数年前、鳴子のジャズフェスて立ち聞きした。

 涙が出た。

 あの感動・・・もう一度、感じたい。

 自分だけでない、多くの人と、感じたい・・・
 




 今回、コンサートをつないだバンドマンの感想です。



  開場 19:00、開演 19:30、軽食付き3千円

 店を薪ストーブで暖めて、お待ちしております!



SANY0024.jpg



            
レストラン「ライスフィールド」
             



ライスフィールド トピックに戻る

 

みちのく、謎の中世と平泉(宮城県地名研究会記念講演)、そして今東光 


 ライスフィールドもお世話になっている知り合いの地名の生先が主催するイベント情報の紹介です。



liveinfo20121123chinei_20121014072155.gif




 昨年、東北地方で始めて世界遺産世界遺産に登録され、観光客も増加するなど、最近は観光地的視点で捉えられることが多い平泉ですが、この平泉遺跡郡には「みちのく魂」が詰まった歴史がありまして、個人的にはみちのくに威光を放った蝦夷勢力最後の輝きが、この平泉に象徴されるように感じております。

 この東北人にとって誇るべき遺産「平泉」、少しばかりその歴史を振り返ってみますと・・・

 奈良時代、朝鮮半島から後退した大和政権は次に陸奥北伐を開始し、多賀城に「蝦夷総督府」を開府する。
 しかし租庸調の納税義務に馴染まぬ蝦夷の民は、度重なる差別発言と相まって、ついにキレてしまった!

 炎の反乱者、伊治呰麻呂(現:栗原市が拠点)は多賀城を焼き討ちし、大和政権を恐怖のどん底に陥れる。そしてアテルイ(現:奥州市が拠点)は北上川で大和征伐軍を撃破するも、最終的に坂上田村麻呂に敗れたのであった。

 とは言え、今度は、奴隷王朝よろしく蝦夷の流れを汲む安倍一派がみちのくを席巻し、前九年後三年の役の逸話は、現在でも東北各地で語り継がれております。

 この頃、蝦夷の地では日本刀の原型とも言われる蕨手刀が鋳造されており、武闘派としてみちのく蝦夷はその名を轟かせるわけですが、武力の次に、今度は馬やゴールドに象徴される経済力を蓄積し始め、ついに奥州藤原氏による平泉文化を華開かせるのでありました。



warabiteyoukitakami20100505_20121014100457.jpg

蕨手刀




 この平泉の栄華は藤原三代まで続いたものの、結局のところ源頼朝にナンクセを付けられ、滅ぼされるのはご存じのとおり。そしてみちのく各地は関東武士団に割譲されてしまい、ここで東北の歴史は一度リセットされてしまうわけです。
 ゆえに、この頃の東北の歴史は闇に包まれてしまい、わかり難い。ちなみに、以前、ブログで紹介した朝比奈三郎も、この関東武士団の一人です。

さて、この闇に包まれたみちのくの中世、どこまで明らかになってきたか?
 
 ここがまさに、今回の紹介する講演会の「聴きどころ」になるわけです。

 さて、時代は下り、江戸時代になると松尾芭蕉が平泉を訪れ「夏草や兵どもが夢の跡」と詠いました。かつて栄華を誇った平泉中尊寺の、落日の姿が良く伝えられています。

 それでも昭和に入り、中尊寺の貫主となった小説家の今東光により、中尊寺は大修理を行い、平泉の輝き現在に伝えることができました。

 今東光もまた、蝦夷の英雄列伝に連なる人物だったのかもしれません。




            
レストラン「ライスフィールド」 
            



ライスフィールド トピックに戻る


 

2012年のマイタケ和食膳 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

先日採ってきた今年のマイタケ、早速ママさんに料理してもらってライスフィールドの旬のメニューに登場です。

 今年のマイタケは香りが格別です!

 これにはちょとした工夫もありまして・・・




maitakegozen2012VPA070189.jpg

天然まいたけ、和食御膳です。



maitakegozen2012VPA070191.jpg

今年のマイタケは天ぷらが良く合います。いい香りですよ!



maitakegozen2012VPA070194.jpg

こちらは、油麩と和えてみました



maitakegozen2012VPA070198.jpg

トッピングもお忘れなく。



 近くにお越しの際は、是非、天然まいたけもお試しにいらしてください!
 ちなみに、お越しになる際は是非、お電話を!
 そろそろ稲刈り始まり、店の営業も不定期になりますゆえ(^^;
 ※ 電話 0229(65)3430



         
 ライスフィールドの自然派メニュー
        



ライスフィールド トピックに戻る


 
カテゴリ : 未分類
2012-10-08(Mon) | コメント : 0 | トラックバック : 0

10日遅れのヒガンバナとマイタケ(2012年秋の様子) 


 彼岸に咲くのがヒガンバナ。

 ヒガンバナと言うだけあって、やっぱり毎年お彼岸(9月23日)に開花するのですが、今年のヒガンバナは10月3日頃咲きました。例年より10日ほど遅い開花です。
 今年は残暑が長く続きましたが、その影響でしょうか?

 毎年、彼岸過ぎから、キノコを採りに山に入ります。だけど、今年は山に入るタイミングを逃してました。そうしたところ、10日遅れてヒガンバナの開花。

 いつもは、数日前にキノコの様子を下見してから山に入りますが、今年は下見せずとも、確信を持って山に向かいました。何かと忙しく、自然の変化に無頓着になりがちな今年の私ですが、ヒガンバナが伝えてくれました、季節の移ろいを。



niji_20121005.jpg




 道中、山の稜線に鮮やかな虹のブリッジを目撃。

 間違い無しです。

 山路を急ぐと、トリカブトの花が開花しているのを見かけました。山のトリカブトも彼岸の頃に開花するはずですが、やはり山中にあっても、今年の彼岸は10日ほど遅いようです。



torikabuto_20110924.jpg

2011.9.24 船形山にて撮影のトリカブト




 最初に向かった3年休んでいるマイタケの取場・・・今年も休みでした。
 次に向かった2年休んでいるマイタケの取場・・・
 


maitake_r_20121005.jpg

2011.10.5 撮影、今年のマイタケ




 今年は出てましたね!立派なマイタケです。

 この様子だと、ブナハリタケの取り頃もあと4~5日くらいかかる感じ。里も山も10日ほど、秋が遅れています。

 今年の春は1ヶ月ほど遅れましたが、秋までに三週間ほど季節が追いつきました。
冬までには、暦と季節が、例年通りの移ろいに戻っていることと思います。




            
レストラン「ライスフィールド」
            



ライスフィールド トピックに戻る

 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。