スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

平成24年、春強風による森の再生?熊出没との関係は? 


 5月27日、山の友人と雁戸山に登山、最近、毎朝ヒンズースクワットしているためか、久々の登山でも足取りが軽い、最初のうちはスキップ感覚で山を登れた。

 途中、残雪が残る斜面を過ぎると、もう少しで頂上に達するが、最後に岩盤登りコースがある。体全体を使っての登りとなるが、やはり最近始めた毎朝の懸垂運動の効果があり、いい感じで登れる。その後、さらに向こうのピークを登って、そしてまた帰ってきました。



P5270073.jpg



 朝8時に登山開始で、下山したのが午後3時半過ぎ、休憩を除いても、6時間近くは歩きづめでしたから、さすがにくたびれました。それにしても山の友人、60を越えるのに、バテずに登り切るからさすがです。(正直に言うと途中バテて、二人で山の高原に寝転がり、山形を眺めてました。)

 途中、下山時に気がついたことがあり。ブナの幹や枝がたくさん折れている。

 なぜだ・・・と思ったが、感づいたことがある。それは今春に2度ほど、宮城を襲った強風。たぶん、あの風で、枝が折れたのでしょう。


P5270097.jpg




 あの季節に、あの強風は異常だと誰もが言ってましたが、この風、たぶん、ブナの森には良い影響をもたらすと予想します。それは、寄生虫によるブナ枯れの抑制。

 ナラ枯やブナ枯れは木々の枝が密接に錯綜することで、寄生虫が過度に繁殖する条件が出来てしまい、生じるのだと聞いたことがあります。

 なるほど、稲作もそれは同じ理屈で、稲の密植は種々の病害発生の原因となります。もう一つ付け加えれば、昨今、世間を騒がすことの多い鳥インフルエンザ問題にしても、養鶏場で鳥を高密度に飼育することに根本的問題があるように聞いています。


P5270101.jpg



 何事も、過繁茂はよろしくないわけで、つまり強風でブナの幹や枝が折れたことは、結果として過繁茂たったブナの枝をそぎ落とし、ブナ枯れがし難い森を作ったのだと思うわけです。

 ちなみに、仙台市周辺では今年の五月中旬頃から熊の目撃例が相次いでます。これも、たぶん、強風の影響で、森の環境が変化したことに原因が求められるのではないでしょうか?

スポンサーサイト
 
カテゴリ : 森林
2012-06-10(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

山菜の放射線量、今年の総括 



 福島県と宮城県の調査結果から、宮城県内の山菜について、放射性セシウムの検出傾向について、まとめてみました。

今年の山菜、放射線量は?



 結果を言いますと、県内のアイコ、シドケ、ウドはあまりセシウム吸収しないらしく、検出される放射性セシウムは微々たるものです。ついで、ワラビも低いのですが、フキノトウは若干高め、ハワサビはさらに高くなり、コゴミ、タケノコ、ゼンマイ、タラノメとなると新基準値越えする地域がちらほら出てきます。コシアブラはその過半以上が新基準値(≧100Bq/kg、H24.4~)越えする勢いです。

 新基準値越えするとは言え、それら山菜の大部分は旧基準値の500Bq/Bq以下であり、実際のところ、新基準値以上であっても健康に対する影響はほぼ想定できません。

 なぜなら、年間に摂取する食物量に占める山菜の摂取量などたかが知れているからです。ついでに言うと、年間に摂取する食物が全て100Bq/kgだった場合、その総内部被爆量は1mシーベルト/年になります。もちろん、年間に摂取する食物全てが100Bq/kgになることはありえず、大部分の食物はこの基準値を大きく下回っています。

 さて、4月より改訂となった基準値100Bq/kgですが、宮城県内の山菜のうち、比較的放射性セシウムの多く吸収すると思われる一部地域のコゴミ、タケノコ、ゼンマイ、タラノメ、コシアブラなどは、この基準値スレスレか、若しくは若干超過する場合が見られました。その意味で100Bq/kgという値は、微妙な値で、その結果として、いくつかの地域で、これら山菜の出荷が自粛されました。

 先に述べたように、一人当たりの摂取量がたかが知れている山菜を100Bq/kgという一律な値で規制することについては異論がありますが、良くも悪くもルールが決められてしまえば、それに従うしかありません。

もう一つ思うのは、各市町村の発表する山菜の放射線量調査、採取された場所の区域が市町村名でしか表示されず、おおざっぱ過ぎることに課題を感じます。今年、一部の山菜で出荷自粛が発表された栗原市や登米市、あるいは大崎市や加美町、気仙沼市などは、平成の大合併で成立したため、割と幅広い地域に市・町の範囲が広がっています。例えば同じ大崎市でも鳴子と鹿島台では、地形も気候条件も大きく異なります。
 しかしながら、大崎市のどっかで基準値越えをした山菜が採取されれば、市全体に出荷自粛が要請されてしまうわけです。放射性物質は行政境界に関係なく飛散したわけですから、もう少しきめ細かく、せめて旧市町村単位程度で出荷自粛範囲を決めてもらえれば、救われる山菜愛好家も多かったのではないでしょうか。




P4300032.jpg

H24.4.30 加美町奥の山林で撮影したコゴミ




P4300015.jpg

H24.4.30 加美町奥の山林で撮影したフキノトウ



 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。