スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

「天翔ける船紀行」と船形の地名由来 


 こんにちは、田鴨です。

 数年前からですが、ライスフィールドでマスターと雑談する度に「船形山」の話題を聞かせてもらっております。

 曰く、

「船形神社には古い歴史があり、太古の歴史が秘められているように思う。」

「船形神社に奉じる祝詞は『あやに』という不思議な言葉から始まる。どういう意味なのか?」

「現在で言うところの船形山は、もともともの船ヶ嶽と呼ばれ・・・」

 そんな話を何とは無しに聞きながら、ライスフィールドのメニューで晩飯を食うわけである。

 そして先日、店の皆さんと一緒に船形神社にお参りさせていただきましたが、そこで見かけた小さな石の祠の文様が心に残った。
 そのデザインはアイヌの文様と似通っており、もしかしたら、これは蝦夷の時代の名残でないかと考えたからである。となれば、船形神社の由来は蝦夷の時代まで遡れる、そう思いインターネットで、検索リサーチしたところ、この文様はどこの神社にも普通にある「妻飾り」であることがわかった。

 私が直感的に感じた「祠の文様=蝦夷の名残」説は簡単に否定されましたが、それとは別に、今のうちに船形神社の由来について調べておきたい気持ちがあった。

 それは、42年に1度しかご開帳されない船形神社の次のご開帳が、平成25年と2年後に迫っているからである。

 このため、何か参考となる書籍が無いかとネットで調べたところ、

「天翔ける船紀行」
(著者 深野稔生/2000.5.10 (有)無明舎出版 発行)

がネットの検索にヒットした。



P8280014.jpg



 この書籍をアマゾンドットコムでは次のように紹介しています。

東北の船形山という山名の起源はどこにあるのか、というささやかな疑問を出発点に、「 船」の言葉の持つ深い意味、「船の観念」を秘めた信仰と民俗、各地の船形神社、 メソポタミアの古代文明に見る船の観念等について論ずる。

 なるほど、冒頭で紹介したマスターの疑問をそのまま解決しそうな書籍である。

 で、用事があって仙台市に行ったおり、仙台市でも最も規模の大きい書店で、この書籍を求めたものの在庫無しとのこと。本来であれば『立ち読み』してから本を購入するのが私の流儀であるが、やむ終えず、ネットで注文して購入しました。

 そして、個人的に船形神社に興味を持っていたおりだったので、一気に完読。

 マスターと話題になっていた、船形神社にまつわるいくつかの謎が氷塊した。

 それにしても、「船」と「信仰」の関係を紐解いた、この著者の綿密さには驚かされた。各種データが豊富で、しかも登山家であるためか、視点が広く多角的なのである。

 例えて言えば、ある人物画を描こうとする際、その人物よりも先に周囲の背景を丹念に描きながら、結果として対象人物を浮き上がらせていく、そのような手法と言えばよいのであろうか?
 
 表面だけのデータから安易な結論を急ごうとする昨今の世の中にあって、このような手法は感服に値する仕事だと思う。

 さて、この書籍では、船形の地名由来を様々な角度から考察し、その過程から船形神社の信仰の謎を解き明かしていくのだが、さしあたり「船形」地名の由来について延べれば、一般には「そのシルエットが船の形をしている。」から「船形」とするのが通説である。

 しかし山容より先に船に関わる信仰があって、その信仰の地が船形神社となったとするのが「天翔ける~」の説である。
 そしてもともとは神社のある山が船形山と呼ばれていたが、いつしか背後にそびえる大峰が船形山と呼ばれるようになったのだと、綿密にその歴史を浮かび上がらしていく。

 簡単に言えば船形山の「船」は、山容ではなく、信仰が名付けた地名ということである。

「天翔かける・・・」を読み、いくか謎は氷塊したが、新たな謎に突き当たる。



P8280007.jpg



 こちらは、「天翔かける・・・」の裏表紙であり、写真の仏像は、今回話題としている色麻町の「船形神社」ではなく、同じ船形山麓にある大和町升沢の「船形山神社」の勧請仏である。
この勧請仏が大きな謎を秘めている。

 それは、この仏像が6世紀の百済菩薩像であり、国内では最古の部類に属することだ。

 なぜ、そのような菩薩像が船形山神社にあるのか・・・

 6世紀と言えば、宮城県でも大和町や色麻町のある仙台市以北はまつろわぬ民、蝦夷の勢力圏であったのたが。

 さらに大和町升沢の「船形山神社」と姉妹関係にあると伝えられる色麻町の「船形神社」の勧請仏、42年に一度しか姿を現さない秘仏はどういった姿をしているのか?

 このように「船形」に関わる謎はつきないのである。




            

本ブログで紹介した書籍は
「ライスフィールド・ライブラリー」にも置いてます。
一読されたい方は気軽にお声がけください。

            



ライスフィールド トピックに戻る
スポンサーサイト
 
カテゴリ : 各種
2011-08-28(Sun) | コメント : 2 | トラックバック : 0

色麻町小栗山の「船形神社」と大和町升沢の「船形山神社」 


こんにちは、田鴨です。

先日、ライスフィールドの一行様と一緒に、色麻町の山奥にある船形神社にお参りしてきました。



P8140007.jpg


 こちらが、船形神社です。色麻町の小栗山集落から車で20分ほど山道を登り、さらに途中で下車して険しい斜面を20分ほど登って到着します。



P8140021.jpg


 船形神社別当の早坂さんの案内もと、ライスフィールドマスターの娘さんや友達、地元の建築士さんや歴史家さん、ワンちゃん一匹でお参りしました。ライスフィールドつながりの特徴が良く現れた、ユニークな組み合わせでの参拝団ですね。



P8140015.jpg


 神社には木彫りの船が祭ってありました。
 船形という社名とどういった関係があるのでしょうか?



P8140030.jpg


 神社の隣にあった小さな石の祠・・・



P8140029.jpg


 思わず、この祠の文様に注目してしまいました。
 というのは・・・



P9260233.jpg


 祠の文様がアイヌの文様とよく似ていると思ったからです。
 上の写真は北海道の二風谷のミュージアムで撮影したアイヌの木彫りのおぼん。なんとなく、この文様と祠の文様とに類似性を感じませんか?

 太古の昔、アイヌの祖である蝦夷が崇めた地が船形神社となり、それの名残が、今でも祠の文様に残る・・・
 
 と自分の想像に妙にワクワクしましたが、調べてみるとこの文様は「妻飾り」と呼ばれ、棟木や桁の木口を隠す飾りであり、日本の神社には普通にある文様でした。

 さて、今回訪れた船形神社の云われについて、紹介してみます。

 1772年に完成した仙台藩地誌である「封内風土記」によると

 船形神社は延喜式内神社に準ずべき神社であり、船形十二権現社と云う。
 文武天皇の慶雲元年(西暦704年)に勧請され、玉依姫命、日神、月神など十二神の社である。
 
とあります。

 そして「色麻町史」にれば、船形神社は704年の勧請以来代々栄えたが、北条時頼の怒りに触れ1249年に廃山となった。しかし、1448年には大崎家臣源吉重により再建された、あります。

 この船形神社の御開帳は42年に1度しか行われず、次の御開帳は平成25年とのことで、これは大変貴重な機会となります。



P5050002.jpg


 こちらはの写真は大和町升沢にある「船形山神社」、やはり船形山の山麓にあります。

 間違えやすいのですが、色麻町小栗山の神社が「船形神社」で、大和町桝沢の神社は「船型山神社」、「山」の有無が社名の違いとなります。



P5050006.jpg


 この大和町の「船形山神社」にも、かなり険しい登山道を登らねばなりません。




 今回紹介した色麻町小栗の「船形神社」と大和町升沢の「船形山神社」には、いろいろな伝説が伝えられており、そこには数多くの知られざる歴史があるようです。

 
カテゴリ : 各種
2011-08-28(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

竹細工の肥料カゴ 


 ライスフィールド自然素材グッズから。

 今回紹介するのは、竹細工のカゴです。

 このカゴは「肥料カゴ」と呼ばれ、これに肥料を入れ、畑にまいて使ったとのこと。
 
 竹網の間に茶色いシートが挟まっていますが、これは桜の皮で、編み目から肥料がこぼれないようにするための工夫ですね。

 カゴのサイズは幅が25cmくらいで、深さが8cmくらい。




P8200068.jpg




P8200065.jpg





 ライスフィールドの常連の爺さんに聞いてみたら、確かに昔は、このカゴを使って肥料をまいていたそうです。

 とは言えラスチック製容器が普及した昭和40年代半ば以降には、このようなカゴは使われなくなりました。

 開田抑制と減反政策の始まり、農薬や農業機械の普及、基盤整備の始まりなど、この昭和40年代頃は、日本の農業転換期にあたります。

 このカゴを編んだのは大和町宮床に在住のおばあさんで、地元でもこのような竹細工ができる人はこのおばあさんだけになったとのこと。今となっては、貴重な「作品」となりました。

 もともとは肥料カゴですが、いろいろインテリアにも使えそうに感じたので、
 (本当は、インテリアにいいぞと、教えてくれた人がいるわけですが・・・)

 展示品としてライスフィールドの自然素材コーナーに飾ってみました。

 そうしたところ、早速、懐かしそうに、このカゴを見ているお客さんがいたので、聞いてみると、昔はこのカゴをよく見たとのこと。

 曰く

 「昔ね、色麻にもこれと同じ竹カゴを行商している夫婦がいたよ!」

 「バイクの後ろにも横にも、一杯、箕とかカゴ積んで歩いてね~」

 「確か、宮床からだったはず。」

 「その行商さんは、いろんな情報持っててね、話聞くだけもおもしろくてさ~」

 こんな感じで、竹カゴの昔話をいろいろ聞かせてみらいました。


 さて、農業構造が変化した現在にあっては、この肥料カゴ農機具として使うこともなくなりましたが、それとともに竹を編む伝統の技も途絶えつつります。

 しかし、インテリア素材など新しい利用方法を広がることで、誰かに伝統の技が引き継がれないものかな~などと勝手な想いにふけるのでした。



            
レストラン「ライスフィールド」
            



ライスフィールド 自然素材グッズに戻る


 

ヤマブドウの蔓で編んだお財布 


 ライスフィールド自然素材グッズから。

 以下に紹介するのは、ヤマブドウの蔓で編んだお財布、奥羽山脈から採ってきたヤマブドウで製作しました。




P7270070.jpg




P7270073.jpg





 このお財布は、宮城県の大崎市鳴子温泉鬼首でペンションリトルウッドを経営しながら、蔓細工に励んでいる小林達廣さんの作品です。

 ライスフィールドでは小林さんの作品テーマ「自然との共存」に共感し、また独自のセンスが素晴らしく感じられたため、自然素材グッズとして販売にも協力させていただいております。

 以下、ヤマブドウの蔓で編んだお財布の作品ラインナップです。

 ・サイズ:幅 22cm、高さ 10.5cm、厚さ 2.7cm
 ・材質:奥羽山脈から採ってきた山ブドウの蔓
 ・価格:4万円
 ・特徴:市松編みです。

  ※ 山ブドウ蔓の工芸品は、使うほどに重厚な光沢が生まれてくるのが魅力です。

 数量は、写真で紹介した一個しかありませんが、この「ヤマブドウの蔓で編んだお財布」をインターネット注文販売してみます。
 注文を希望される場合は、こちらをクリックして必要事項を確認し、ご注文のメールを送信下さい!


         
レストラン「ライスフィールド」
         



ライスフィールド 自然素材グッズに戻る


 

くるみの皮で編んだバッグ 


 ライスフィールド自然素材グッズから。

 以下に紹介するのは、くるみの皮で編んだバッグです。

 「くるみ」とは、木の実がなるクルミの木のことで、この木の皮でも蔓編みができるわけですね。



P7270064.jpg




P7270065.jpg





 このバッグは、宮城県の大崎市鳴子温泉鬼首でペンションリトルウッドを経営しながら、蔓細工に励んでいる小林達廣さんの作品です。

 ライスフィールドでは小林さんの作品テーマ「自然との共存」に共感し、また独自のセンスが素晴らしく感じられたため、自然素材グッズとして販売にも協力させていただいております。

 以下、くるみの皮で編んだバッグの作品ラインナップです。

 ・サイズ:幅 37cm、高さ 16cm、厚さ 12cm
 ・材質:クルミの木の皮
 ・価格:1万5千円
 ・特徴:クルミの質感溢れる市松編みです。

  ※ クルミの木皮で編んだ工芸品は水濡れで変形する場合があるで、ご注意下さい。

 数量は、写真で紹介した一個しかありませんが、この「くるみの皮で編んだバッグ」をインターネット注文販売してみます。
 注文を希望される場合は、こちらをクリックして必要事項を確認して、ご注文のメールを送信下さい!


          
レストラン「ライスフィールド」
          



ライスフィールド 自然素材グッズに戻る


 

山ブドウ蔓で編んだバッグ 


 ライスフィールド自然素材グッズから。

 以下に紹介するのは、ヤマブドウの蔓で編んだバッグ、奥羽山脈から採ってきたヤマブドウで製作しました。



P7270056.jpg




P7270058.jpg





 このバッグは、宮城県の大崎市鳴子温泉鬼首でペンションリトルウッドを経営しながら、蔓細工に励んでいる小林達廣さんの作品です。

 ライスフィールドでは小林さんの作品テーマ「自然との共存」に共感し、また独自のセンスが素晴らしく感じられたため、自然素材グッズとして販売にも協力させていただいております。

 以下、山ブドウ蔓で編んだバッグの作品ラインナップです。

 ・サイズ:幅 37cm、高さ 17cm、厚さ 12cm
 ・材質:奥羽山脈から採ってきた山ブドウの蔓
 ・価格:2万8千円
 ・特徴:独創的な乱れ編みで編んでみました。

  ※ 山ブドウ蔓の工芸品は、使うほどに重厚な光沢が生まれてくるのが魅力です。

 数量は、写真で紹介した一個しかありませんが、この「山ブドウ蔓で編んだバッグ」をインターネット注文販売してみます。
 注文を希望される場合は、こちらをクリックして必要事項を確認して、ご注文のメールを送信下さい!





         
レストラン「ライスフィールド」
         



ライスフィールド 自然素材グッズに戻る


 

桐の米びつ、虫がつき難いのが特徴です 


 ライスフィールド自然素材グッズから。

 お米のお客さんから、お米の保存方法について質問を受けることが度々あります。
 
 曰く、どうすれば虫がつかず、長期間、新鮮なままでお米を保存できるのかと。

 このための方法として、お米を冷蔵庫で保存する方法がありますが、お米はかさばるので、冷蔵庫にはなかなか大量に保存するわけにはいきません。

 新鮮なお米を長期間保存するためには、できるだけ低温な場所を選ぶこと以外にも、湿気が少ない場所、風とおしが良い場所を選ぶことも大切なように感じています。

 そして、虫がつかないようにするためには、トウガラシなどを入れた小袋を米びつに一緒に入れる方法などもあります。

 以下に紹介するのは、長期間乾燥させた桐(キリ)材で作った米びつです。

 この米びつは、先に述べた、新鮮なお米を長期間保存するための条件

 ・湿気が少ない場所
 →十分に乾燥させ、湿気の吸収力もある桐材を利用

 ・風とおしが良い場所
 →プラスチックのコメビツと違い、木質の容器なので、ある程度は空気を通す

 ・虫がつかない
 →トウガラシと同じように、桐の成分も虫を寄せ付けない効果があるようです。

を備えています。




P7250043.jpg

 こちらが、桐材で作った米びつ




P7250042.jpg

十分に乾燥させた桐材を使っています。





P7250047.jpg


 製作は、宮城県栗原市でも山村地域となる一迫で長年、木材家具工芸を営んでいる「工房みつづか」さん。山村に近い土地柄もあって、良い素材の木材が手に入るそうです。




 地方の町の商店街は、いろいろと経済活動に苦戦しておりますが、山村の林業の発展を願い、また桐を使った米びつという製品がおもしろかったので、ライスフィールドの自然素材グッズでも「工房みつづか」さんの売り上げにちょっとだけ協力してみたいと思います。

 以下、桐材の米びつの製品ラインナップです。

 ・容量:お米15kgを収納できます。
 ・材質:十分に乾燥させた桐材を用いました。
 ・価格:一個1万円です。
 ・特徴:十分に乾燥させた桐材の米びつは、米に虫を寄せ付け難いようです。

  ※ 収納する米が十分に乾燥していることが条件となります。
  ※ 虫を寄せ付けがたいとは言っても、使用条件によって限界がありますので、ご了承下さい。
  
 この桐材の米びつは限定数量の注文製作で、「工房みつづか」さんでは、木材の乾燥条件が良好となる10月以降、製作作業に入るそうです。

 このため、事前の注文発注、10月以降の製品発送にはなりますが、
 この「桐材の米びつ」の注文発注を希望される場合は、こちらをクリックして必要事項を確認して、ご注文のメールを送信下さい!




            
「ライスフィールド」自然素材グッズ
            



ライスフィールド 自然素材グッズに戻る


 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。