スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

ホタルがたくさん舞ってます! 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 家の裏の小川沿いのホタル、今年はたくさん舞ってます!
 今晩も見てきました、自然が作る光のページェントですね。
 今回も動画を撮ってみました。










 やっぱり、なかなか実際の光景を伝えられません。
 ホタルは動画でなく、自分の目で見たほうが、ずっときれいですよ。

 家の裏のホタル、一緒に鑑賞してみましょう。

 ご希望の方は、お店までご連絡ください!



          
ライスフィールド
          



ライスフィールド トピックに戻る

スポンサーサイト
 
カテゴリ : 生き物
2011-07-10(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

夏のパスタとブルーベリージュース 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 いよいよ、夏本番の天気になってきました。
 
 で、ライスフィールドも本格的に夏支度、毎年恒例の、夏のメニュー始めました。



P7090023.jpg


 夏野菜の冷製パスタ、あっさり味に仕上げです。トマトは、地元農家からいただきまして、ナスとシソは、浦山家菜園で、婆さんが丹誠込めて作りました。



P7090025.jpg


 ブルーベリーの生ジュース、こちらは近所の農家からいただいたブルーベリーを使っています。



 7月9日土曜日、晴天なれども、湿度高し!

 さすが、ライスフィールドもクーラーつけました。

 店の常連の爺さんも、田んぼの溝切り作業半ばで店で一休みです。



           
レストラン「ライスフィールド」 
         



ライスフィールド トピックに戻る


 
カテゴリ : 未分類
2011-07-10(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

復興コンサート 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 7月2日のことになりましたが、ライスフィールドでオペラ+フルート+ピアノのコンサートが開催されました。



P7020050.jpg

P7020041.jpg


左からフルート奏者の南部やすかさん、ピアニストの山崎真さん、ソプラノ歌手の森川泉さん、皆さん国際的に活躍される一流の演奏者です。




 このコンサートは、地元加美郡名士の伊藤信太郎さんプロデュースで開催。

 伊藤さんは3.11震災被災者を元気づけようと、被災地各地を廻りながら、今回のようなコンサートを開催しています。

 ライスフィールドのある色麻町の隣町、加美町にある中新田交流センター(旧鳴瀬小学校を改築)にも、沿岸部の被災者の方々か一時避難していますが、7月2日は、この交流センターでコンサートを開催され、その後にライスフィールドでもコンサートしていただきました。

 色麻町や加美町など内陸にある市町村は、今回の震災被害はさほどではありませんが、町内各施設に一時避難者を受け入れたり、沿岸部への様々な支援活動を行っています。

 いろいろ大変なことが多い今回の災害となりましたが、県内外、国内外から様々な支援活動をいただき、私たちは一人ではないことに気がつかされます。そういった心意気に出会う度に、大変な世の中でも、嬉しく感じれる瞬間があるんだなと感心します。

 今回のライスフィールドのコンサートでは、地元の皆さんと一緒に、ステキな”ひととき”を過ごせました。

 どうも、ありがとうございました!



            
レストラン「ライスフィールド」
             



ライスフィールド トピックに戻る

 
カテゴリ : 各種
2011-07-10(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

葛西一揆戦の実相と前谷地に来た葛西浪人達 


 宮城県は、北から北上川が南下し、南から阿武隈川が北上する。この二大河川によって、低平な平野が発達するわけだが、ゆえに「米どころ宮城があるわけですね。」と言われれば、「それだけではありません。」と、少しばかり、解説を加えたくなる。

 確かに宮城県に広がる整然とならんだ美田の眺めは、低平な地形ゆえに形成されるものだとしても、それだけで美田が形成されるけではなく、水田が水田として営まれるためには、川の氾濫を防ぐ治水事業が必要であるし、低平な水田に水を引くには、はるか上流から川の水を引っ張る灌漑水路が必要だ。
 そして、ひとたび雨が続けば、低平地からの排水は困難を極め、容易に沼地に変貌するため、排水路やポンプなどの排水施設も必要となる。即ち、低平地ゆえに、それだけで美田が広がるわけではなく、様々な人智と努力があって、始めて美田は美田でいられるわけである。

 このため、この美田の眺めは、古来から延々と築かれた社会資本というべき治水・灌漑の財産の蓄積により支えられており、これに大きな役割を果たしたのが伊達政宗公の新田開発である。となれば、現在の米どころ宮城の農業は、伊達政宗公の遺産の賜とも言えるわけで、宮城の農業を考える際に、

「宮城は伊達百万国の遺産がありますからね。」

 そう、感想を延べることがしばしばある。ところが、時折、地元の農家から

「・・・私のところは、葛西の家系ですから。」

 と返されることがある。

 葛西とは、豊臣秀吉による国替えにより、伊達政宗が現在の宮城県北地方の岩出山に居城する以前、岩手県南から宮城県北東部に興隆を誇った戦国武将、葛西氏のことで、豊臣秀吉の小田原征伐に参陣しなかった事を咎められ、奥州仕置により滅びた。
 この奥州仕置後、浪士となった葛西氏家臣団は一揆したが、ついに伊達政宗により鎮圧されたのである。しかし、現在でも宮城県北地方には葛西氏の流れをくむ家系が多く残り、ゆえに「葛西氏の家系ですから。」との声に出会うわけである。



P7030003.jpg




 今回紹介する「葛西一揆戦の実相と前谷地に来た葛西浪人達( 著者:横山重朗、1989年/宝文堂発行)」の著者も葛西氏の家系であり、歴史の敗者ゆえに、真実が伝えられにくい葛西一揆の実相とその後について探求している。

 一揆により、葛西浪人達は各地に散り々となったが、さすが伊達政宗公は名君だったようで、落ち延びた葛西浪人を追討するなど愚は犯さず、彼らに開墾地を与え、あるいは仙台藩の士官としても登用した。

 私の出会った葛西氏の家系の方々は、皆、立派な精神的篤農家であり、現在でも葛西家臣団としての誇りが脈々と受け継がれているように感じる。葛西一揆とその後は伊達百万国の歴史が持つ秘話ではあるが、米どころ宮城の歴史が持つ、度量の深さも現しているようである。


 

2011年、今年の夏の暑さを予想してみます。 

 今さらの話になりますが、猛暑が特徴的だった昨年の気候について、各月毎の気温を振り返ってみると・・・

▼2010年の気温変化振り返り

 3月は例年とあまり変わりない平均気温ですが、少し不安定

 4月に入ると遅い積雪を記録するなど、近年希に見る低温の春となりました。
 5月に入り、少しずつ気温は回復してきましたが、寒い春から寒い夏を予感し、稲作の冷害を予感する人が多くいたことを記憶しています。

 この、「春が寒いから夏も寒い」との予想ですが、個人的には少々単純すぎる考えだなと感じ、そのため客観的に夏の気候を予想しようと考えてみました。
 方法は、気象庁が記録する過去の月平均気温(仙台地点での観測データ)と予想年の毎月の気温変化の相関を検証しながら予想するものです。

 そうしたところ、昨年2010年の3~5月の特徴的な気温は、1978年のものと良く相似しております。 そして、1978年は寒い春から猛暑の夏に変遷していたので、2010年もやはり猛暑になるだろと予想したところ、結果は予想通り。

 ちなみに、1978年(昭和53年)は、宮城県沖地震のあった年で、今年は東日本大震災がありました。
 今年の震災は宮城県沖地震に比べれば、だいぶ規模が大きいわけですが、気候と地震のサイクル、なんとなく関連していそうな印象も受けます。

 仮に、気候と地震が太陽活動を原因として変化しているならば、気候と地震のサイクルについて相関が出てくる理屈になりますのが、この分野はまだまだ未知の世界なので、気候と地震の関連については、このくらいで止めときます。

 いずれにしても、昨年の猛暑予想がうまくいったので、今度は秋以降の気候変化も予想してみました。
 予想した時期は記録的猛暑が続く8月で、やはり1978年の気温変化と相似であろうとの考えから、9月以降、気候は急激に涼しくなると予想しました。
 しかし、昨年2010年は残暑が強く、決して、涼しい秋といった感じではなかったと思います。
 つまり9月以降の気候については、私は予想を外してしまいました。



P6290003.jpg

2011.6.29撮影
大衡村大衡城から七ツ森北側を望む


 写真中央に写る横に長い雲が地震雲的だったので撮影。もっとも、この雲の方向に断層など地震の震源となる場所は無く、もちろん地震も発生しませんでした。



 さて、今年の夏の予想です。
 現段階で特徴的なのが「寒い3月と暑い6月」の今年の気候ですが、この暑い6月を根拠とし、7~8月も猛暑となると予想する人が多いようです。しかし、私は昨年同様、この予想に単純すぎる印象をうけています。

 それで、やはり今年も、昨年と同じ、今年の気温変化と相似の年を探し、そこから今年の夏の気温を予想してみました。

 やっぱり「寒い3月と暑い6月」と同様の年がありました。それは1980年です。
 で、1980年の気温変化から予想するに、

 「今年の夏はあまり暑くない、むしろ冷夏に近い」

と予想してみます。

 この1980年は、昭和で言えば55年。この年はその後昭和57年まで続く、冷害期間の初年にあたります。

 もっとも現在は、その頃の稲作に比較して技術が変化しており、必ずしも、稲作は冷害になるとは予想しませんが、とりあえず気温で言うなら、今年は「冷夏に近い夏となる」が私の予想なのでした。

 
カテゴリ : 稲作と気象
2011-07-02(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

ホタル鑑賞会いかがですか? 

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 田んぼに接した屋敷林と小川のあたりに、ホタルの灯りが増えてきました。
 私のご案内で、一緒にホタル鑑賞会いかがですか?



コピー ~ DPP_0008




 毎年の気候の関係もあるのかもしれませんが、この場所のホタルは年々増えているようです。

 夜の杉の木立に舞うホタルは、自然のハーモニー織りなす、天然のページェントです。

 灯りの数はささやかでも、ふるさとの灯り、ここに暮らす、いろいろな人達の思いが輝いているようです。

 ライスフィールドのホタル鑑賞会、ご希望の方は、お店までご連絡ください!



          
ライスフィールド
          



ライスフィールド トピックに戻る



 
カテゴリ : 生き物
2011-07-02(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。