スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

音無の地名の由来「宮城県中部のナイ地名」 


 音無の地名の由来「宮城県のアイヌ語地名の分布」から

 前回記事では、宮城県中部地域にもアイヌ語らしき地名があると記した。このアイヌ語地名について、特に「ナイ」地名にしぼり紹介してみる。

「案内(アンナイ)」(仙台市)
 山田秀三氏は、こうも考えられるかなと注釈を付けた上で(分水嶺と)反対側の沢と解いた。

「不来内(コズナイ)」(大郷町)
 山田秀三氏は、「ナイ」とはつくものの、アイヌ語で解する勇気無しとしている。

「品井沼(シナイ)」(大郷町)
 そのままアイヌ語で本流の沢と読める。実際に品井沼は、この付近の川が集まる本流だから、地形的にも整合が図れるため、まさにアイヌ語と判断できそうたが、一つ疑問が出てくる。それは、ナイ(沢)とするには、この川は大きすぎないかということだ。
 品井沼とは、かつて松島町、大郷町、大崎市鹿島にまたがりあった広々とした沼のことである。それゆえ、品井をアイヌ語とするなら、そもそも、この広い地域のどこが品井の地名の発祥であったか比定し、その地形とアイヌ語の意味の整合を図る必要がある。
 これについても、山田秀三は研究しており、品井沼に注ぐ支流である鶴田川の上流に「志内田」という地名を見つけている。場所は大崎市三本木で、本ブログで話題にする音無と分水嶺を挟んで、その反対側にある。この志内田が、品井沼の名前の由来であろうとし、アイヌ語地名としている。

「仙台(せんだい)」(仙台市)
 仙台の地名の由来はいくつかある。その中の一つに、仙台市内の青葉山の下にある「川内(かわうち)」に由来とする説がある。「かわうち」と「せんだい」とでは全然似てないが、元々「川内(かわうち)」は「川内(せんだい)」と読んだとする説だ。確かに、鹿児島には川内と書いて「せんだい」と読む地名がある。
 この説がさらに発展して川内の「内」を「ナイ」として「せんない」と読み、さらにアイヌ語のセプナイ(広くなる川)にかけたのが、仙台のアイヌ語由来説である。しかも、この川内は広瀬川の川縁にある。広瀬川の「広」とアイヌ語のセプ「広くない」は共通するから、なお補強されるとの考だ。
 なかなかおもしろい説だが、それにしても、ずいぶんと遠回りな解釈だ。本当にアイヌ語由来なのかどうかは検証が難しいのではないか?

「志戸内(しとうち)」(松島町)
「ウチ」を「ナイ」と読んでみて、「シトナイ」であればアイヌ語にならないかとの説がある。確かに、そのように読めば「山際の沢」の意味で、まさにアイヌ語として意味が通じる。実際、現地の地形もこの意味と整合が図れるし、「シト(山際)」と付くアイヌ語地名は他にも多い。本ブログでも大崎市鳴子温泉の「尿前(シトマイ)」を紹介している。
 とは言っても、実際に「志戸内」は「シトナイ」と呼ばれいた事実があったかどうかの検証は必要であろう。


 さて、ここまで書いて、そろそろ気づかれた方もいるかとは思うが、「音無(オトナシ)」これを「オン・ナイ」若しくは「オト・ナイ」と読んでみたらどうなるか?アイヌ語として意味が通じるのではないか?これを検証するのが、「音無の地名由来」シリーズの核心となる。



PC300010.jpg

大崎市三本木「音無」の風景、この奥に湯殿山神社がある。



[トピック]岩手県のナイ地名について

 岩手県には「ナイ」地名が豊富である。これは宮城県に比べれば、遅くまで蝦夷の勢力が強かったことに加え、地形的に「沢(ナイ)」が多いからであろう。
 青森県は岩手県よりもさらに遅い時代まで蝦夷の勢力が強かったはずだが、津軽地方には、不思議とナイ地名が少ない。このことを山田秀三は指摘しているが、もしかしらた、この地形的特徴が関係しているのではないか?これは興味深い事実で、このような不思議な関係は北海道にもある。

 いずれにしても、岩手県には「ナイ」地名が豊富にあり、宮城県の隣県でもあるので、宮城県のアイヌ語地名を考察する際には岩手の地名を参考とすることが多い。

 『岩手のアイヌ語地名 (H9.1.2 岩手日報社発行/小島俊一 著)』では、岩手県を中心としながら、東北六県のアイヌ語地名について研究している。その研究手法もアイヌ語の語呂合わせのような危うい手法は避け、また北海道に類似地名との比較や地形適検証を行うなど堅実であり、山田秀三の手法を良く引き継いでいる。

 アイヌ語地名解釈は我田引水的なものが横行することが多いが、そのような怪しげな解釈を排した本書は、東北のアイヌ語地名研究書の代表と言って良いであろう。
スポンサーサイト
 

音無の地名の由来「宮城県のアイヌ語地名の分布」 

音無の地名の由来「音無周辺の古墳と38度線」から

 前回記事で延べたように、北緯38度線から39度線にかけ、東北地方には歴史的分断ラインがあった。このことは地名からも実証できる。先に紹介した「山畑古墳群」のすぐ東側に混内(コンナイ)山がある。現在は、新興住宅地となっているが、このコンナイという地名はアイヌ語地名の特徴を持つ。地名の後ろ側の「ナイ」がそれだ。
 「ナイ」とはアイヌ語で川、若しくは「小川」という意味である。もう少し狭義には「沢」といった意味に近いかもしれない。

 アイヌ語地名の研究で名高い山田秀三氏は『アイヌ語地名の研究3』で、文法的な疑問を抱きつつも、このコンナイを楢(なら)沢若しくはドングリ沢と解いた。
 このような「ナイ地名」は、青森、岩手、秋田県に多い。宮城県にもあるが、明らかにアイヌ語由来と判断されるのは、宮城県北部に限られる。
 宮城県でも中部に至れば混内と同様、確かに「ナイ」とはつくものの、アイヌかどうか判断が難しい地名になってくる。
 これが宮城県南部まで至れば「ナイ」地名そのものがほとんど見られない。このような宮城県のアイヌ語地名分布について地形的区分、蝦夷の歴史的地域区分に当てはめれば、以下のようになる。

宮城県北部=(39度線)岩手県境~江合川
(蝦夷)奈良時代は蝦夷の勢力が強い
(地名)現在でも比較的多くアイヌ語地名が見られる。
(地形)北上川流域であり、川の本流は北から南に流れる。

宮城県中部=江合川~仙台
(蝦夷)奈良時代の初期、あまり抵抗なく大和に下った地域である。
(地名)アイヌ語らしき地名はある程度はあるが、はっきりとアイヌ語と解されるものは希である。
(地形)北上川と阿武隈川に挟まれ、名取川、七北田川、吉田川、鳴瀬川などが西から東に流れる。
※大崎市三本木の「音無」もこの区域に含まれる。

宮城南部=仙台~福島県境(38度線)
(蝦夷)宮城県中北部に比べれば、かなり早い時代から大和文化圏に属している。
(地名)アイヌ語地名はもとよりアイヌ語らしき地名さえ少ない。
(地形)阿武隈川流域であり、川の本流は南から北に流れる。

となる。



0oto1.jpg

東北自動車道三本木スマートIC出口付近から眺めた混内付近





[トピック] コンナイとドングリについて

 山田秀三はコンナイを楢(ナラ=コムニ)の沢(ナイ)とするには、本来であればコムニ・ナイという地名になるはずなのだがと、少しばかりこの解に躊躇している。このため、楢を表すアイヌ語「コムニ」をさらに分解して「コム・ニ=ドングリの・木」とし、コンナイとはドングリ沢(コム・ナイ)であったかもしれないとも記している。

 縄文人もアイヌ人も貴重な食料としてドングリを食していた。東北地方の山間部でも、昭和初期頃までドングリ食が残っていた。これについて記した記録があるので以下引用してみる。

 二十四日 ひえ一合、麦五合、こんぶり粉二合
  (中略)
 二十六日 ひえ七合、麦五合、ならの木の実一升
 二十八日 ひえ七合、ならの木の実一升

 この一週間、この家では米を一粒も食べていない。


出典)『岩手謎十話~史書の余白から~(上巻)S53.8.10 読売新聞社盛岡支局発行』第二話「お米哀話」の章、県立農業博物館(岩手県滝沢村)に展示されていた「山村食料日記」から。

 この本では、東北地方でドングリの総称を「シダミ」と呼んできたと記している。そう言えば、岩手や青森には「豆シトギ」という餅状のお菓子がある。大豆を素材とする甘味としては宮城・山形の「ずんだ」よりも洗練されているとの評価もあるが、この「シトギ」は「シダミ」と語感が似ているが何か関連があるのだろうか?

 アイヌ料理にも「シトギ」という餅料理があるが、こちらは、大和語の借用と言われている。



 音無の地名の由来「宮城県中部のナイ地名」に続く






 

音無の地名の由来「音無周辺の古墳と38度線」 

 音無の地名の由来「日本各地の音無伝説」 から

 音無のある大崎市三本木は、鳴瀬川により南北に分断される。北部は大崎平野の低平地にあるが、南部には丘陵地が広がる。この南部の丘陵地帯にも水田はあるが、それは丘陵に挟まれた隘路となって南側に連なっていく。音無は、この隘路の奥にある。

 この鳴瀬川の南部丘陵地帯一帯には、いくつかの遺跡がある。

 音無のある隘路の奥から、再び北側に戻り鳴瀬川にぶつかる。ここが隘路の入り口となるが、その東側の丘陵を眺めれば「山畑横穴古墳群」がある。日本北限域の装飾横穴と呼ばれ、古墳時代後期から奈良時代のものと推定される古墳だ。



0oto2.jpg

山畑横穴古墳群

 見物はこちらから「大崎市三本木ふるさと研修センター」



 今度は隘路の入り口から西側の丘陵を眺めてみる。この丘陵のさらに西方に「念南寺古墳群」がある。この古墳は古墳時代中期に築造されたものとされ、前方後円墳としてはやはり北限の古墳と言って良い。その規模から類推して、この古墳は相応の地位にあった地方首長級のものと考えられるが、それが誰であったかは、今となれば知るすべがない。
 この古墳のある丘陵からは大崎平野を一望することができる。当時の首長はこの丘陵からどんな風景を眺めていたのであろうか?



0oto3.jpg

念南寺古墳から出土した石棺




大きな地図で見る




 再び隘路の奥にある音無に目を戻す。ここから西側の丘陵を眺めると、そこに「日の出山瓦窯跡」がある。これは奈良時代前半における陸奥国最大の官窯で、多賀城や大崎地域の城柵、官衙、寺院などに多くの瓦を供給した。



0oto5.jpg

日の出山瓦窯跡から出土した瓦

 見物はこちらから「愛宕山農業伝習館」




 このように音無周辺の丘陵には古墳時代から奈良時代にかけての遺跡が多いが、この時代、宮城県北部では大和と蝦夷の勢力が対峙した。

 現在、北緯38度線といえば、朝鮮半島を南北に分割する境界線が連想されるが、この緯度を日本側にシフトすれば、そこは宮城県南部になる。北緯38度が39度に切り替わるのは岩手県の平泉付近となるが、ここは奥州平泉文化が栄えた地だ。

 この北緯38度から39度までの間は、大和と蝦夷の争いが繰り広げられたラインとおおよそ重なってくる。
蝦夷進出総司令部の趣が強い多賀城、その多賀城を一時陥落させた伊治呰麻呂が拠点とした伊治城、駅も蝦夷反乱の首領アテルイは39度線より少し北側に覇を極めたが、その後の前九年の役・後三年の役とも、その多くはこの北緯38~39度の区間が舞台となる。

参)多賀城と蝦夷

 39度線にあたる平泉では奥州藤原文化が栄えたが、この体制は蝦夷の伝統を少なからず引き継ぐ。そして東北蝦夷、最後の歴史とも言われる。



 音無の地名の由来「宮城県のアイヌ語地名の分布」に続く



 

【自然派スイーツ】オーガニックササニシキの甘酒、宅配します。 

宮城県石巻市木村水田から、オーガニックササニシキで造って「甘酒」のお届けです!

 農薬を使わない木村水田で収穫したササニシキで甘酒を造ってみました。

 ネット販売で宅配してみます。



PC290002.jpg




 木村農園、稲作日記です!


 木村農園では、オーガニックササニシキの甘酒をネット通販しています。
 オーガニックササニシキの甘酒 


 
カテゴリ : 自然食品
2011-01-09(Sun) | コメント : 3 | トラックバック : 0

数量限定、農家の手作り「ほしいも」ネット販売開始! 

 宮城県石巻市木村水田から、「たまゆたか」で作った「ほしいも」のお届けです!

 木村水田では数年前から「たまゆたか」を栽培し、干し芋を手作りしてますが、この度、ネット販売も開始しました。ただし、手作りなので数量限定です。



コピー ~ DSC09312




 木村農園、ほしいもの歩み

   平成20年1月12日「我が家の干し芋づくり」

   平成21年12月2日「たまゆたかの収穫」

   平成22年1月31日「作ってみよう!!干し芋♪」

 木村水田では、干し芋のネット販売だけでなく、素材のお芋、「たまゆたか」のネット通販も受付してまいす。


 木村農園では、干し芋用の芋「たまゆたか」をネット通販しています。
 国産、天日干し、無農薬の干し芋(数量限定!) 


 

菅総理に告ぐ「マネジメント信仰が会社を滅ぼす」について(その3)  

(その2からの続き)

もう少し、本の内容を紹介してみる。マネジメント信仰の結果として「顧客よりも組織を重視」という症状が紹介されているので、具体的な症状を要約してピックアップしてみると。(以下、→部分は私の感想)


  • 社会や顧客よりも自らの組織への影響が優先される。

  • 会社の理念が、現実の会社の姿や日常業務と乖離する。
    →民主党のマニフェストか?

  • 教科書的なことや著名人が言ったことを自分の主張にすり替える

  • 顧客や社会よりも、組織内部の評価を尊ぶ

  • 顧客よりも「数字」が重視され、それが会社を誤った方向に向かわせる。
     →例えて言えば、テレビ局が視聴率に固執した結果として、つまらない番組を作り始めるようなものか?

  • ゴマすりが横行し、内部に派閥が見られる。

  • 悪い意味で「軽い」改革プロジェクトチームが乱立する。
     →事業仕分けがそうでないことを祈ります。

  • 組織的に動くことが強要される。
     →昨年の尖閣諸島ビデオ流出事件が思い出されますね。

  • 顧客に価値を提供するよりも、会社を続けるほうが優先される。
     →支持率が低下しても政権維持にやっきな民主党と同じか



 どうであろうか、皆さんの会社、組織でもこれらに当てはまることは結構あるのではないだろうか。ちょっと民主党の批判めいたことも書いてしまったが、これは民主党だけでなく日本の現状を象徴する意味で、受け取ってもらえたらと思う。

 ちょっと長々と記してしまったが、冒頭の菅総理の言葉、

「なにをやりたいかではなく、なにをしなければならないかだ。」

 この言葉に秘められた、日本最大の課題とは、「なにをやりたいのか」この意志が全く見えてこないことにある。

「やりたいことをやる」その結果が失敗となれば、相応の責任は負わねばならない。それはつらいことだが、「しなければならないこと」を全面に出し、「やりたいことを」をぼかす菅総理の物言いは、うがった見方をすれば、今の段階から失敗後のリスク回避をしているようにも思えてしまう。

 であるからにして、菅総理には、まずもって「何をやりたいのか」その意志を示してほしいのである。

 菅総理に比べれば、小泉元総理は「なにをやりたいのか」がよく見えた。そのため、最近では、一時の小泉批判は鳴りを潜め、徐々に小泉治世が再評価されてきているように思える。

 私も小泉元首相が好きである。

 ただ、残念なことに、小泉の治世は今は昔だ。もう小泉さんは政界に戻ってこない。無いものを願ってもしょうがない。あとは我々自身が、リスク覚悟で桜庭さんのように「なにをやりたいか」に向かっていくだけである。


 

菅総理に告ぐ「マネジメント信仰が会社を滅ぼす」について(その2) 

(その1からの続き)

 それにしても、ヒクソングレイシーの強さの秘密は何なのか?

 なぜ日本はヒクソンに及ばないのか、日本に欠けているものは何なのか?

「ヒクソンに勝てなかった」この事実は、出来れば思い出したくない現実であるが、ことある毎に心の中をよぎる。そんな中、ある日、雑誌を読んでいたら、ヒクソンのインタービューが目に入った。それを読み、なるほど、ヒクソンに勝てないわけだ、と実感させられた。このことは、蜂群崩壊症候群と管理社会でも記したが、要点を抜き出してみる。

「どうがんばっても日本人がブラジル人に勝つことのできないことがある。」
「日本人は『こうすべき!』との義務感でスポーツを行っている。一方で、ブラジル人は『こうしたい!』との願望からスポーツをしている。」
「『義務感』と『願望』、いずれの志が最終的な勝利を獲得するか意見の分かれるところだが、最後のギリギリのところで、たぶん『願望』は『義務感』に打ち勝つだろう。」


これである。

 さて、相変わらず「つまらない」テレビが流れる正月、自然と時間つぶしはテレビから本に向かっていく。読んだのは週刊新調の広告で知った「マネジメント信仰が会社を滅ぼす」、アマゾンの読者書評には、生産的な事が書かれていないなどとの批判もあったが、そんなもんだろうと思って購入し、読んだ。

 この本では、マネジメントに責任を押しつけ、没落していく会社の事例などが紹介されているが、著者が最も問題視しているのは、経営者が自らの意志をマネジメントに丸投げしていることにある。そこでは、数々の管理指標(マネジメント)から、「こうすべき、ああすべき」といった指針ばかりが立てられ、「こうしたい」といった経営意志がなおざりになる現状が記されている。

 本来であれば「こうしたい」という意志を達成するため、「こうすべき」との手段が選ばれるはずなのだが、これの主従が逆転しているのが問題の本質にある。

 そして経営者は、「あるべき論」や「一般論」を言うばかりで、意志を示さない。まるで、意志を示せば、そこに責任が伴うため、それを背負わぬよう意志を示さないのが最上の経営と考えているかのようだ。


(その3に続く)





 

菅総理に告ぐ「マネジメント信仰が会社を滅ぼす」について(その1) 

「なにをやりたいかではなく、なにをしなければならないかだ。」

 先ほどテレビを見ていたら、菅総理の言葉が耳に入った。なるほど、確信した。

 何が?

 日本最大の課題についてである。

 正月、相変わらず見るべきテレビはなく、「つまらん」とつぶやく。テレビのチャンネルをグルグル替え、プチリとテレビを消した。それでも、耳に入ってくるのは「日本を元気にしよう」みたいなフレーズだった。

「かけ声だけで元気になるなら世話ねえな。」



 元気にしても、笑顔にしても、それは目指すものではなくて結果として出てくるものだ。確かに、時の流を変えるため、戦術として「から元気」、「から笑顔」を取り繕うことはある。しかし、それが根本問題から目をそらさせているなら、その戦術は全く不要だ。
 映画七人の侍で、村を守るため、野武士との合戦を控えた農民達が「エイエイオー」とかけ声をあげるシーンがある。一人の雇われ侍に叱咤されてのかけ声だが、やるべき事を全てやり、あとは志気をあげるだけという瞬間での叱咤である。

①村を守りたい→②侍を雇い体制を整える(やるべきこと)→③かけ声

①と②があり、始めて③が生きてくる。


 テレビの話でもう一つ。

 年始に比べればまだしもまともな年末のテレビだが、今年も格闘技番組を見た。TBSのダイナマイトだが、こちらも視聴者に媚びた組み合わせが多くなってきている。そのような中で一番心に残ったのは、番組の最後、その他試合みたいなダイジェスト版で、桜庭和志がTKOで負け、「耳とれちゃいました。」と弁解するシーンだった。桜庭はボロボロだなと心が痛くなってきた。

 思い起こす。日本の曲がり角はどこだったのか?

 それはバブル崩壊でもなく、中国台頭でもなく、高齢化でもない。もちろん政権交代などであるはずがない。日本の曲が角、それはついにヒクソン・グレーシーに勝てなかったことから始まっている・・と、個人的に思っている。

 ボクシング、空手、キックボクシング、柔道、合気道、少林寺拳法、最強の格闘技は何か?学生の頃、よく格闘技仲間と議論したものである。あるいは、それら「打つ」「投げる」「極める」が融合したら、最強の格闘技が出来るのではないか?そんな議論もしたものだ。

 このような格闘技係同好会の夢の世界を実現したのが前田日明率いるUWFであった。学生闘争なき後のバブル絶頂期、UWFこそが学生達が共有できたイデオロギーであった(といってもごく一部だろうが)。 どの格闘技が最強かとの議論はあったが、どの国の格闘技が最強かとの議論は無かった。無論、日本が一番強いと思っていた(個人的には)、なんと言っても私たちの世代は、猪木を見て少年時代を過ごしているのである。

 しかし、いつの頃からか、アルティメット大会なる米国産総合格闘の話題が聞こえてくるようになった。 曰く、グレイシー柔術なるものが最強であるのだと。そして何人かの日本人競合格闘家がグレイシー柔術に挑んでいったが、ことごとく連敗の憂き目を喫した。
 ついに、UWFイデオロギーのエース、高田延彦が登場した。高田はグレイシー柔術のエース、ヒクソングレイシーに挑んだが、しかし二度戦い、敗れた。
 結局のところ、日本人は誰もヒクソングレイシーに勝てなかった。このように日本の格闘技界が意気消沈している頃、次々とグレイシー柔術の強豪を破ったのが桜庭和志である。


 桜庭もUWFDNAを引き継ぐ。しかし桜庭和志はヒクソングレイシーに届かぬまま、ボロボロの状態にある。 桜庭さんは、もう十分以上に闘っている。そろそろ後進の指導に専念し、自らの夢を次の第に託してもよい頃ではないか?


(その2に続く)







 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。