スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

朝比奈三郎の時代 

 前回記事で、朝比奈三郎は実在の人物だと記しましたが、その時代の年譜を以下のように記してみました。






1176年 朝比奈義秀(三郎)出生する。

1189年9月
 奥州合戦起こる。鎌倉幕府により奥州藤原氏滅亡

1192年7月
 源頼朝、征夷大将軍任命

1199年1月
 将軍源頼朝死去した後、源頼家が2代将軍となる。その後、御家人間の争いが続き、梶原景時、比企能員、畠山重忠らが滅ぶ。

1200年9月
 将軍源頼家が船で酒宴を催し、義秀に芸を見せるよう命ずる。義秀は海に飛び込み10回往還、さらに海に潜り三匹の鮫を抱きかかえ浮かび大力を示す。頼家は、その技を賞して奥州産の名馬を賜おうとするも、それを以前より所望していた兄と相撲対決となる。しかし勝敗決せず、北条義時の仲裁で引き分け。

1203年9月
 比企能員の変により頼家が将軍職を追われる。

1203年9月
 頼家が死去したと北条政子が偽り、子の源頼家が3代将軍となる。

1204年8月
 幽閉された2代将軍頼家が暗殺

1213年5月
 執権北条義時の度重なる挑発に父の義盛が挙兵を決意。一族150騎の和田勢を率い鎌倉の将軍御所を襲撃。これに加勢した義秀は御家人を次々に斬り伏せ、北条朝時を負傷させ、さらに足利義氏を蹴散らすなど奮戦するも和田勢は疲労し退く。

1214年3月
 横山党の来援を得た和田勢は幕府軍と激戦。またも義秀は幕府軍を蹴散らし奮戦するが、次々と繰り出す幕府軍の大軍に及ばず、兄の義直が討たれ、父の義盛も討ち取られ、義秀はやむなく船6艘に残余500騎を乗せて所領の安房国へ脱出。その後の消息は不明。

1219年1月
 源実朝が暗殺

1221年7月
 承久の乱後鳥羽上皇が鎌倉幕府討幕の兵を挙げるも敗れ、朝廷の権力は制限される。

1232年
 御成敗式目が制定される。これにより地方武士の土地所有が安定し、全国的に開墾がすすんだ。


※ 朝比奈の苗字は安房国朝夷郡を領地としたことに由来する。
※ 『和田系図』によると朝比奈義秀は和田合戦後、高麗へ逃れたとしている。







 この年譜だけでは、なかなか朝比奈三郎と七ツ森のある宮城県黒川地方との関係が見えてきませんが、一つ気になるのは、1200年に朝比奈三郎が水泳の芸を見せた褒美に与えられたのが奥州産名馬であること。

 奥州だからといって、それが直接、黒川地方に結びつくわけではありませんが、かろうじて朝比奈三郎と黒川地方のある奥州の関係が見いだせます。

 そしてもう一つは、1232年の御成敗式目以降、地方武士の土地所有が安定し、それにより全国的に開墾がすすんだこと。

 これは、前回記事で書いたように、朝比奈三郎伝説は、治水治山が行われ、地元に富をもたらしたことが基にあろだろうことと関係してきそうです。

 それにしても和田合戦後、朝比奈三郎はどこに落ち延びたのでしょうか?









平成21年8月14日 
大和町悟渓寺橋から眺める吉田川と七ツ森

七ツ森のかすみ具合で、写真撮影の頃の気候が思い出されます。







JUGEMテーマ:歴史
スポンサーサイト
 
カテゴリ : 七ツ森
2010-07-17(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

朝比奈三郎伝説と治水治山 

 前回、七ツ森記事で触れた朝比奈三郎。

 七ツ森を作った大男として宮城県の黒川地方で語り継がれ、また地元大和町の象徴的キャラクターになっています。

 左は、大和町ホームページに掲載されている朝比奈三郎、大和町ホームページには、七ツ森と朝比奈三郎の伝説が紹介されています。

      大和町/七つ森が出来たわけ
 



 このように、宮城県の黒川地方では、大変なじみがある朝比奈三郎伝説ですが、この伝説にはちょっと不思議な一面があります。

 以下「七ツ森周辺の民話」(参:下記に掲載する書籍)から引用してみます。





 この伝説を地元の古老から口から直接語りで聞くことはできないだろうかと考えて、ある時期七ツ森周辺を尋ね歩いたことがありました。しかし、意外なほど、この有名な伝説を口頭で語る人に会うこととができませんでした。(中略)

 ただ、断片的に聞いた言葉として心に残っているのは、

「アサイネという人が七ツ森をつくった。米を運んできて人だ」

「七ツ森をつくったのはアサイナという人で、堤防をつくって水増してを防いだ」

「アサイナの茶碗が残っていて、日照りにはそこで火を焚いて雨乞いをするとかならず雨が降った。」

「水増しで難儀する百姓のために、サブローという野郎っこが七ツ森をつくって木を植えた」

など、「水」と「農耕」に関係がする言葉が多い点でした。
 




 朝比奈三郎の伝説が現在の形となり、地元の人々に広まったはいつの頃になるか不明ですが、断片的に語られる古老の話からは、朝比奈三郎は七ツ森をつくったことに併せ、治水治山を行い、地元に富をもたらした偉大な先人であった、といった感じて語り継がれているような印象を受けます。

 そしてもう少し、ひっかかることがあります。

 それは、さして大きくない里山的な七ツ森とは言っても、これを人間が土盛りしてつくることなどできませんし、そのことは当然、古の民も承知していたはずであろうこと。

 それから考えれば、ここで言う「七ツ森」とは、あくまで黒川地域全般の象徴として語り継いでいるのであって、つまり、洪水から田畑を守り、ため池を作って日照りに供え、黒川の地に豊穣をもたらしたのが朝比奈三郎だった、というのが、この伝説の意味するところのように思われます。

 朝比奈三郎、黒川地域との関わりは不明ですが、実際に存在した人物でした・・・

(以下、次号)






『宮城県宮城県黒川郡 七ツ森周辺の民話』


小野和子/山田裕子 共編
日本民話の会・発行 定価1,800円


 朝比奈三郎の民話について紹介しています。










JUGEMテーマ:読書の楽しみ
 
カテゴリ : 七ツ森
2010-07-14(Wed) | コメント : 0 | トラックバック : 0

ホタルが飛んでます 

色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 家の裏の田んぼで、ホタルが飛んでいます。
 
 うまく撮れませんでしたか、試しに動画で撮影してみました。






 



ホタルの光です、
現地の様子、なんぼか伝わりましたでしょうか?(^^;







 

ホタルが出てくる田んぼ、日中の様子です





 20年ほど前までは、家の裏の竹林でホタルが飛んでいましたが、いつしか姿が見えなくなりました。ところが10年ほど前に、竹林の下の田んぼで、ホタルが飛んでいるのに気が付きました。

 5年ほど前には、農道にあふれるくらいに乱舞したのが、思い出に残っています。今年もホタルと出会えました。

 嬉しくて、何人かお客さんや、知り合いも案内しました。

 ホタルを見つけて、子ども達がキャッキャする姿も嬉しくなりますね。

 ホタルの光を感じてもらいたくて動画にしましたが、なかなか上手く伝えられないのが残念。

 旬の風情は、やっばり現地で見るのが一番です。

 もっと、もっとホタルの光が広がって、みなさんの近くでも、ホタルが見られるようになったらいいですね!
 





        
レストラン「ライスフィールド」 
        







ライスフィールド トピックに戻る


JUGEMテーマ:ホタル

 
カテゴリ : 自然稲作
2010-07-12(Mon) | コメント : 0 | トラックバック : 0

夏野菜の玄米カレー、イチゴの生ジュース 

色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 夏を迎えて、メニューも少しずつ、夏模様です。








夏野菜の玄米カレー








カボチャベースの夏野菜スープ








イチゴの生ジュース




 
 写真のイチゴジュース、カレーのササゲとナスは家の畑で採れたものを使ってます。

 ちなみに、畑は家のバアさんが担当。

 昭和7年生まれのバアさんも、今年で78歳、まだまだ元気です。

 朝5時に起きて、一杯の水と少々の塩をなめ(バアさん曰く、これが健康の秘訣)、朝早くの畑仕事を終えてから朝飯。そのまんま朝飯前の畑仕事です。

 その後、近所に出かけて「お茶」。

 昼飯後は昼寝してまた畑仕事、ときどき近所で「お茶」。

 夕食後はたまに演歌番組見て、だいたい9時で就寝、あらためて考えてみればホントに健康的な毎日です。

 店に顔を出すことは希ですが、食材の野菜の少なからずはバアさんの手作りです。






        
レストラン「ライスフィールド」 
        







ライスフィールド トピックに戻る


JUGEMテーマ:旬・季節の食べ物

 
カテゴリ : 未分類
2010-07-11(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

七ツ森の写真 


 撮りためていた七ツ森(宮城県黒川地方のシンボル)の写真を掲載します。

 






 

平成22年2月7日
大衡村「大衡城」から








 

平成22年3月5日
大崎市古川市内から








 

平成22年5月9日
大衡村「達居森」から








 

平成22年5月25日
大衡村「大衡城」から








 

平成22年6月2日
大和町「八谷館城跡公園」から








 

平成22年6月6日
大和町台ヶ森から








 

平成21年8月25日
大和町鶴巣から








 

平成21年9月13日
大衡村「大衡城」から










平成21年9月14日
仙台市「県庁18階」から










平成20年11月29日
大和町吉岡から





 
 先日、バングラ帰りの友人が宮城を訪れた際、車で移動しながら、「あれが七ツ森ですよ。」と観光案内したら、山の異形なシルエットが不思議に感じたのか、「どうやって山が形成されたの?」 と質問してきた。

 そこで、「昔、大男がいて、七ツ森の下流に沼を掘って、その土を舟形山に運んでいく途中、土をこぼして出来たのが七ツ森。」と返したら「そうじゃなくてさ~」と苦笑。

 しょうがね~な~と思い「火山で出来た。」とウィキペディア仕込みの知識で解説したら、友人は満足していましたが、大男説のほうがおもしろいと思うんですけどね。

 ちなみに、その大男、名前は「朝比奈三郎」です。





JUGEMテーマ:自然



 
カテゴリ : 七ツ森
2010-07-11(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

北上市、更木の桑茶と青木大使 

 こんにちは、田鴨です。

 先日、岩手県の北上市に行き、ペルー大使人質事件で有名な青木元大使の講演を聴いてきました。

 現在、青木元大使は、海外青年協力隊を支援する「協力隊を育てる会」の理事をされているとのことですが、以前、掲載した桑茶でいろいろ企画している友人が元協力隊員だった関係もあり、今回の講演会が開催されました。




青木元大使の講演




 

会場の様子






 ちなみに、今回の会場は北上市でも農村部にある公民館的なところで開催され、ゴザ引き、クーラー無しでした。

 テーマは「国際理解」と「地域の活性化」。

 一見して何の関係もなさそうな二つのテーマ。これらは、どのようにつながって行くのでしょうか?全く予想がつきませんが、事務局席には今回の講演会を企画した桑茶の友人が陣取っています。果たして大丈夫か?不安げに友人の姿を眺めてしまうのでありました。

 さて青木元大使の講演内容です。

 件のペルー人質事件にはほとんど触れず、途上国での協力隊の活躍がメインに講演が進みました。話しぶりから青木元大使は、現場目線のお人柄であることが良く伝わってきます。
 おもしろかったのは中南米における野菜の不耕起栽培の話題。協力隊員が試行した不耕起栽培が熱帯雨林の土地に良く適し、大きな成果を上げたとのこと。初耳です。そしてちょっと感激しました。

 というのは、日本における不耕起栽培は一部民間研究所が普及に取り組んでいるのですが、実際のところ亜流の域を越えることができません。そのこため、これに取り組む方々も、いろいろ苦労が絶えないようです。

 それが日本ではなく、遠く離れた異国の地で大きな成果をあげている。この事実は、彼の地の農民ばかりでなく、日本で不耕起栽培に取り組む農家の方々にとっても、大きな勇気を与えてくれると思うのです。


 

爺さんや婆さん、地元の人たちが大勢参加しました。






 もう一つ心に残ったのが、GNHの話題につて。

 GNHとは国民総幸福量(Gross National Happiness)の略で、曰く物質的豊かさではない、精神的な豊かさをはかる尺度のことです。インドと中国の挟まれた小国ブータンでは、この尺度でもって、国家の政策が企画されているとのこと。

 なるほどブータンが小国ならば、日本の農村だって、小国みたいなものです。

 東京や仙台市、あるいは地方の小都市に比べて、わが村にはコンビニもなく、インターネットも良くつながらない。働くところも限られているし、無いものを数えたらきりがない。その割に積雪はしっかりあるし、たまに熊が出没する。

 このようにGNP的視点でとらえれば、農村はまことにネガティブな存在になるわけですが、GNH的視点で考えることが出来れば、気がつかなかった農村の魅力がもっと見えてきそうです。

 質問タイムでは「なぜ日本の外交は稚拙なのか?」といった発言がありました。

 これに対し青木元大使は、

「稚拙なのではなくPR下手なだけ、これはマスコミの問題。」

「実際のところ、不器用でも、誠実さにおいて日本に勝るところはない。」

「口下手だが、日本の地道な援助は実のある成果をあげている。たとえ今現在、その評価が聞こえずとも、必ずや評価される日が来る。」

「だから日本人はもっと自分達の価値観に胸を張って良い。誠実さ、これは間違いなく他国が尊敬する日本の民族性である。小手先のスマートさより、骨太のスピリットを堅持することが大切である。」

 と諭してくれました。このあたり、東北人の魂により響いてきます。

 このお話を聞きながら、明治の元勲、木戸孝允の「守愚」を思い出しました。

 「才子、才を頼み、愚は愚を守る。」
 「先を見よ、他日、業成るの日、才子、才ならず。愚は愚ならず。」

 (引用:「男の条件」 安部譲二 著」)

 なんとなく私の脳味噌の中で「国際理解」と「地域の活性化」がつながってきました。
 「国際理解」、これは他と交わることで、自身の愚を知ることであり、そして「地域の活性化」とは、その愚を「愚ならず」へ昇華させることではないのかと。

 青木元大使の講演の後には、海外青年協力隊から帰国し、今度は地元の集落営農や福祉に活躍されている元隊員の方々の事例報告がありました。

 心に残ったのは、老人福祉の海外協力隊となり、そして日本に戻り山村の老人福祉に活躍されている元隊員の言葉、

 「南米の”のんべんだらり”これが彼らの生き方」

 「日本の”だらだら生きる”これは良くない」

 「のんべんだらり」と「だらだら生きる」、この二つは何が違うのか、一見似ているようで、たぶん、大きな違いがあるように思います。

 そして、いよいよトリの地元「桑茶」のお話です。

 忘れつつあった桑、そこに秘められた可能性を発見し、滅びつつあった桑畑を再生させるために、取り組まれたのが北上市更木の「桑茶」生産です。

 企業を誘致するのではなく、そこにある産物、しかも廃れつつあった産物に光を当て、活路を見いだす。
 うまく言えないのですが、桑茶の取り組みにはGNH的発送が根底にあり、そして現在順調に生産を拡大している、その成果は「他日、愚は愚ならず」といったところに、もう少しで到達しそうな印象です。

 話は前後するのですが、今回の講演会前に、私も参加してちょっとした打ち合わせが行われました。このうち合わせの一時、テーブルに出されたラフランスの缶ジュースを手に取り、

 「専務、今度は、桑茶で缶ジュースですね!」

 などと、私が桑茶会社の専務に告げると、青木元大使から一言、

 「桑茶に缶ジュースは似合わない。」

 講演会の後、この一言の意味が深々と実感できた北上市更木の一日でした。




ゴザ引きの会場で振る舞われた桑茶



 
カテゴリ : 桑茶
2010-07-10(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

岩手県北上市の更木桑御膳 

 こんにちは、田鴨です。

 7月3日、岩手県北上市に行って来ました。

 北上市には、ニューギニア帰りで、今は桑活用など、いろいろ地域おこし的な活動をしている友人がおります。 その彼が「国際理解」と「地域の活性化」をテーマとするシンポジウムを行うというので、北上市に行って来ました。

 まずは、ごちそうになった「桑御膳」を紹介します。





桑御膳






更木桑そば






桑の葉てんぷらなど






くるみ、大根の葉、桑茶の葉っぱ佃煮






桑茶入りまき寿司






桑茶入り豆腐ケーキ






更木の桑茶





 桑の葉は鉄分が多く含まれ、健康食品として人気が出てきたようです。
 それにしても私が感心するのは、忘れかけられた『桑』に新しい光をあてることで、桑のみならず地域が活気づいていること。

 ホント、世の中、どこに宝が転がっているのかわかりませんが、いろいろな出会いの中で、この宝が発見できたようです。

 次のトピックで「国際理解」と「地域の活性化」、そして「桑茶」のシンポジウムについてレポートしてみます。


 
カテゴリ : 桑茶
2010-07-10(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

田植えの後、肥料も地山地消の無肥料ササニシキ 

宮城県色麻町の浦山水田、今年の稲と田植え後

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 今年の田植えは、6月半ばとなりました。

 3月の福寿草は10日遅れて開花し、4月の桜も開花が遅れ、5月の山菜も10日遅れの今年です。

 昨年の田植えは6月8日頃でしたから、今年は昨年よりも7日ほど田植えが遅れた計算です。
 ほんとは、もう少し早く田植えしたかったのですが、肝心の田植機械のトラブルで遅れてしまいました。もしかしたら、


 「田植えはもうちょと待って!」 



そう田植機が教えてくれたのかもしれません。

 ちなみに、ホタルの最盛期も6月下旬から7月にずれ込んだようで、やっぱり10日近く遅れているようです。






 

6月15日の苗

 いろいろ挑戦の多いライスフィールドの稲作ですが、今年は一部だけ無肥料の苗を育てました。左側の色が薄いのが、無肥料苗です。
 肥料を入れない稲作の養分は、すべて田んぼの土からまかなうわけですから、地山地消の稲作と言えるかもしれませんね。









6月24日の稲、田植後、一週間たたずの様子です。






  

6月24日の田んぼ






 

6月28日の稲です






 

6月28日の田んぼ

 田植えして10日ほど、こんな感じで一斉に雑草のコナギが芽吹いてきます。まるで、田植えを待ってたようです。
 毎年、変わらぬコナギの芽吹き、自然の力は偉大だと感心しながら、除草を急がねばと焦りつつ。







 

7月5日の稲









7月5日の田んぼ


 右側がライスフィールドの田んぼ、隣の田んぼはすっかり分けつして繁茂してます。







 昨年は、二山耕起で収穫量に恵まれました。
 今年はどうなるのでしょうか?

 たくさん獲れても少なく獲れても、一粒の米には、その年の自然の記憶が刻まれます。

 今年のお米、どんな記憶が刻まれようと、その年だけの、二度とは会えない味わいが待っているはすです。










          
浦山水田
おとんと米とジャズ田力
         






 農薬を使わないササニシキ「ササライス」へ  





ライスフィールド トピックに戻る

JUGEMテーマ:安心なお米
 
カテゴリ : 自然稲作
2010-07-07(Wed) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。