スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

作ってみよう!!干し芋♪ 

<宮城県石巻市木村水田から>

 芋は、干し芋用の芋で作ります。我が家では、『たまゆたか』を作付しました。

 一般的に市販されているさつまいも、『紅あづま』でも、干し芋に挑戦したこともあります。

 一応、干し芋にはなりますが、風味は、ぱさぱさした甘納豆みたいだったと記憶しています。干し芋の味比べを楽しむのも通かもしれません。

 『たまゆたか』は、水分が多く、しっとりしています。甘みは少なく、干し芋として干すほど、甘みが増すようです。
 普通に蒸かし芋や、焼き芋としても頂けますが、あっさり、しっとりです。







干し芋の作り方

1.芋を洗い、土を落とす。大きすぎる芋は、皮つき・端付きのまま、何等分かにします。

2.蒸す。竹ぐしをさして、中までスゥーッと通るまで、少し形が崩れやすくなるくらいの柔らかさまで、十分に蒸す。
 芋の大きさと量にもよりますが、1時間かかることもしばしばです。

3.蒸しあがったら、端・黒くなった部分を取り除き、皮をむく。1~1.5センチ幅にスライスし、網に干していきます。芋の繊維に沿ってスライスしたほうがきれいです。

 親指くらいの細い芋は、スライスせずに丸干しするといいです。

 φ(..)メモメモ

 干すポイントは、雨が降らない3日間が続く日を狙います!尚且つ、寒い日・風のある日が最高です。芋の表面を、カラッと乾かして、コーティングさせてしまえば、カビの発生による失敗が少なくなります。

 朝晩、夜露に濡れたりしないように、屋根がある所へかけておくといいでしょう。天気によって、出来栄えが全く違います。

 楽しんでみてください。晴天の連日に干すと、しっかり乾燥された歯ごたえのある出来に。曇り日の寒く、風のある時は、しっとりとした出来です。

 木村水田では、干し芋用「たまゆたか」のネット通販も受付してまいす。


 木村農園では、干し芋用の芋「たまゆたか」をネット通販しています。
 無農薬の干し芋用「たまゆたか」 


スポンサーサイト
 

ライスフィールド、只今リニューアル新装開店準備中、休業期間中は薪の仕事に励んでます! 


色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 「ライスフィールド」はリニューアルのため、昨年末よりお店を休んでおりましたが

 

1月29日(金)新装開店予定です。


 とりあえず、只今、薪の準備に励んでました。
 








薪割り作業の様子








エンジン薪割り機で、玉切りの原木を薪割りします








上の薪はナラ、下はクヌギ
ナラに比べ表皮の皺が複雑なのがクヌギの特徴
※クヌギは火持ちが良く、薪として最適です。








こちらは、薪未加工の原木








ビニールハウスに保管しています。





 ライスフィールドでは、山の山菜やキノコ、川の魚、自然栽培のお米やアイガモなど、自然の恵みを活かしたメニューでおもてなししていますが、暖をとる燃料にも自然の恵みの薪ストーブを用いてます。

 自然の息吹が感じられるライフスタイルっていいですよね!

  森の再生(薪生活から森と人との関係を考える。)

 





               
ライスフィールド提供の「薪」!はこちらから
              





ライスフィールド トピックに戻る



 

薪イベント、仙台市泉WILD-1で開催です。(薪割り体験あり) 


NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所からお知らせです

 薪や木質ペレットなど、「木質バイオマス」に注目したPRイベント



「冬のアウトドア・ランチパーティー」

 を仙台市泉区のWILD-1 で平成22年2月6日(土)10:00~15:00に開催!
 栗駒の冬の食材を炭焼で、マイ箸作り体験、薪割り体験など、里山に親しむ催し満載です。


    参加料 無料です!





  日本の山林は手入れされない森林が多く、荒廃の一途をたどってきました。
 しかし今、地球温暖化対策としてCO2を吸収するエネルギー源として「バイオマス」に大きな期待が寄せられています。


 なかでも化石燃料に代わるエネルギー源として「バイオマス」に大きな期待が寄せられています。

 私達は「木質バイオマス」に注目し、ペレット、炭、薪の製品化を目指し、活動を始めました。

 これらの使い方の提案として「冬のアウトドア・ランチパーティー」を開催します。


 栗駒の冬の食材を、その料理に適した「火使い」でおもてなし。


 一緒に火を囲んで地球にやさしてく、森林を活かした暮らし方を体感してみませんか?

 






「冬のアウトドア・ランチパーティー」

 

場所:仙台市泉区のWILD-1

日時:平成22年2月6日(土)10:00~15:00

1.ペレットのある暮らし体感

 「携帯型」ペレットストーブを囲んで「はっと汁」
2.季節の食材炭焼き
3.木にタッチ5つの体験
 ①薪割り体験
 ②間伐材でMy箸+箸置きづくり
 ③自然の木の実でクラフトづくり
 ④バードコールづくり
 ⑤ペレットでプレート(焼き板)




協力:栗駒木材株式会社、NPO法人エコラ倶楽部、株式会社住まいの風工房、「地・LOHAS」推進会議、株式会社 循環社会研究所、株式会社 ディーエルディー





ライスフィールド トピックに戻る




JUGEMテーマ:薪ストーブ
 

冬の二山耕起、出会いと別れ 

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 今年も二山耕起、やってます。










平成22年1月22日の田んぼ
田んぼに畝を立て、反転させるのが二山耕起










大寒の頃、田んぼの残雪
寒水がじんわりと田んぼの土にしみいります。








 
 今年の宮城の大寒、暖かい風が吹き、春のようでした。

 暖かいのはいいのですが、この時期、暖かい日が続けば、その年は冷夏になるとの言い伝えがあります。
 そんな気候の変化を冬の寒水が田んぼの土に伝え、そして変化する毎年の気候に合わて稲が育ってくれたらと願います。

 一昨年の夏、青森に行き、二山耕起を教えてもらいました。

 昨年12月、「豊かな収穫がありましたよ。」と、青森の恩人に伝えたくなり、再び青森を訪れましたが、既に恩人は遠いところに旅だっていました。
 
 もう会うことの出来なくなった恩人ですが、今年も二山耕起の稲作を続けています。











 
カテゴリ : 自然稲作
2010-01-24(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

三結びで、稲刈り後の田んぼに感謝です! 

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 平成22年もよろしくお願いします。

 おかげ様で平成21年は、田んぼに豊かな稔りがありました。

 店のお客さんから沖縄の三結びの風習を聞き、山菜やキノコでお世話になった山に三結びを捧げました。
 
 稲刈り後の田んぼにも、三結びで感謝です。



























平成21年12月2日の田んぼです





 今年も、皆様方のご健康を祈って、三結び・・・










 
カテゴリ : 自然稲作
2010-01-24(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。