スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

平成21年産ササニシキ、無農薬、無肥料です、浦山水田より 





宮城県色麻町の浦山水田、8月14日の田んぼの様子です。

 浦山水田の状況です。

 浦山水田の見取り図はこちらから。









当日の浦山水田です。
今年は二山耕起に挑戦してみました。
去年より、稲の勢いが良いようです。








こちらは隣接の慣行水田
すでに出穂済みです。









浦山水田、当日は、まだほとんど出穂してない状況です。
浦山水田は、慣行水田より1ヶ月ほど遅い田植えなので出穂も遅く
盆明けまで出穂せず、稲の成長が続けばベストです。

株もとには、コナギが多いのですが、
小ぶりなものが多く、稲の成長に影響を与えるほどではありません。








 


畦で見かけたないクローバーの花






浦山水田では今年で、肥料を使わず6年目、
農薬を使わず10年以上になりました。

浦山水田では、平成21年産、農薬と肥料を使わないササニシキ、
平成21年産を9月1日より予約受付開始します。
(お申し込みは下記のサイトから)













 農薬を使わないササニシキ「ササライス」へ  






JUGEMテーマ:安心なお米
スポンサーサイト
 

平成21年産、有機の米、ササニシキ生育状況、木村水田より 



宮城県石巻市旧河南町の木村水田、8月14日の田んぼの様子です。

 木村水田の状況です。

 木村水田の見取り図はこちらから。







遠藤水田と同じように、木村水田は周辺の水田に比較して
緑が濃くなっています。







当日、見た感じではおおよそ、1割くらいの出穂状況でした。
 今年の特徴として、7~8月前半に曇りが多かったためか、
一気に出穂せず、少しづつ出穂する傾向があるようです。







出穂したての穂、まだ花が残ってます







株もとの様子です。
この田んぼでは、浮き草が覆っていました。







 


水面に浮いた浮き草が、夏の季節を感じさせます。






 


これは、田んぼに咲いたセリの花です。






現在、木村水田では今年平成21年の新米予約を受付しております。













 農薬を使わないササニシキ「ササライス」へ  






JUGEMテーマ:安心なお米

 
カテゴリ : 未分類
2009-08-31(Mon) | コメント : 0 | トラックバック : 0

平成21年産、農薬と肥料を使わないササニシキ、遠藤水田の様子 


宮城県石巻市旧河南町の遠藤水田、8月14日の田んぼの様子です。

 遠藤水田の状況です。

 遠藤水田の見取り図はこちらから。









緑が濃い部分が、遠藤水田、
周辺の水田はすでに出穂しているので、色が薄くなっています。









当日、遠藤水田では出穂した稲が見あたりませんでした。
出穂まで、あと1~2週間かかる感じです。









稲の葉っぱです。









株もとの様子です。
遠藤水田では冬水田んぼをしているため、トロトロ層が良く発達し
こまめに手取り除草しているので、雑草がほとんど見あたりません。









畦際に咲いた、ツユクサです。







遠藤水田では、今年平成21年の新米予約受付を
9月以降に開始予定です。







遠藤水田「人と自然の仲立ち米」へ






 農薬を使わないササニシキ「ササライス」へ  






JUGEMテーマ:安心なお米

 
カテゴリ : 未分類
2009-08-30(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

平成21年産、農薬を使わない米、有機ひとめぼれ、高橋水田より 




宮城県大郷町の高橋水田、8月14日の田んぼの様子です。

 高橋水田の状況です。

 高橋水田の見取り図はこちらから。








山間に連なる田んぼ、高橋水田の様子です。






当日、8割方の出穂状況です。







こちらは、穂の拡大です。






 


高橋水田の農薬を使わない稲作は、
雑草のオモダカが多いのが特徴です。
写真は、オモダカの花
稲作にとっては、邪魔と言える雑草ですが、
田んぼに美しい花弁をみせてくれます。






   高橋水田では、農薬を使わない
平成21年産ひとめぼれをの予約受付を
9月1日より開始します。

下記のサイトから、予約申し込みを受け付けしております。






高橋水田「大郷自然塾」へ






 農薬を使わないササニシキ「ササライス」へ  






JUGEMテーマ:安心なお米

 
カテゴリ : 未分類
2009-08-30(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

釣った魚を傷つけない、ハンドメイドのランディングネット 


色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

   フライフィッシング、ルアーフィッシングに最適なハンドメイドのランディングネット(釣った魚をすくいあげる。)をご紹介します。
 
 このランディングネットの特徴は、
 
 






ネット1つ々の形が異なり、ハンドメイドゆえの味わいがある。










重く、生きの良い魚をしっかりとらえるネット強度がある。












つり上げた渓流魚に優しくフィットし、
魚の表皮を傷つけないネットを採用









  このランディングネットを  ¥3500円/個

  で、ライスフィールドで販売しております。

  月産、10個程度、ライスフィールドのみの特注品です。












           
 ライスフィールドのフィッシンググッズ
           
  



JUGEMテーマ:フィッシング
 
カテゴリ : 各種
2009-08-30(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

夏野菜のお寿司はいかがですか? 

色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

   こんにちは、ライスフィールドのマスターです。
 
 今年は、梅雨が明けないまま夏が過ぎていきそうですが、梅雨は開けずとも、夏の野菜しっかり育っています。

 今回は、この夏野菜でお寿司を作ってみました。














ピーマン寿司です









青紫蘇の寿司です









山芋のお寿司です









オクラのお寿司です









みょうがのお寿司です









アボガドのお寿司です









カボチャのお寿司です









トマトのお寿司です







 ライスフィールドのある色麻町は、宮城県でも山側にありますが、海ではない山裾ゆえの、旬の素材にこだわってみました。

 夏の里、民家の隣で夏野菜が色づいています。

 夏の色麻町、旬の食材をお楽しみ下さい!

 (夏野菜のお寿司のご注文は要予約です。)









 
カテゴリ : 未分類
2009-08-08(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

「六時産業」~六次ではない、六時作業の米粉研究~ 

前ページの続き、 「稲と雑草と白鳥と人間と」の更新

 最後に、「六時産業」 です。

 

 六次産業ではない、六時産業

 そんな考えがあっても良いのでは?

 六時から・・・だからこそできる、クリエート

 遊びの中にこそ、豊かな想像力が生まれることがある。

 肩肘張らず考えてみれば、もっと別の角度から農業を考えることができるかもしれません。


 

「自然な稲作とデジタル社会」 ~自然な稲作とネット社会は両立するか?~ 

前ページ の続き、「稲と雑草と白鳥と人間と」の更新


 続いて、「自然な稲作とデジタル社会」 です。

 

 農薬を使わず、肥料を使わない自然な稲作、

 農家自身が自然を愛するからこそできる稲作と言えるかもしれません。

 そんな自然派農家はデジタル社会と、どのように向き合うべなのか、

 一石を投じるコラムです。


 次のページ も 「稲と雑草と白鳥と人間と」 の更新情報です。





JUGEMテーマ:安心なお米
 
カテゴリ : 未分類
2009-08-03(Mon) | コメント : 0 | トラックバック : 0

「昭和19年の暗渠」 ~時代を超え、田んぼを支え続ける暗渠の秘めたる歴史~ 

 本ブログのスピリット、ウェブサイ
 
 「稲と雑草と白鳥と人間と」

 久々の更新です。


 最初に、「昭和19年の暗渠」 です。
 
 

 太平洋戦争に出征した村の男達、国破れて村に復員。

 そこに待っていたのは、逞しく生まれ変わった「田んぼ」の風景でした。

 田んぼの下で、稲作を支え続ける素焼きの暗渠、

 現在も変わらず、田んぼを支え続けています。

 時代を超え、田んぼを支え続ける暗渠の秘めたる歴史を紹介します。


 次のページ も 「稲と雑草と白鳥と人間と」 の更新情報です。





JUGEMテーマ:歴史

 
カテゴリ : 未分類
2009-08-03(Mon) | コメント : 0 | トラックバック : 0

農薬と肥料を使わないササニシキ、生育状況です。 




<7月30日、宮城県栗原市、田力本願の田んぼ>

 なかなか梅雨の明けない、今年の夏ですが、近所の田んぼでは、出穂が始まりました。
 
 稲作を始めて以降、7月中に出穂があったのは、2度目の経験です。

 開けない梅雨と、早い出穂、おとんと様と稲、それぞの都合があるようです。 








7月30日の田んぼの様子です。







今年は植え付け密度を低めにして、縦(条間)だけでなく、横(株間)
も除草できるようにしてみました。

そのため、雑草のコナギは、稲株の根本に集中しています。











 農薬と肥料を使わないササニシキを全国に発送中!  

 田力本願、無農薬、無肥料栽培5年めのササニシキ





JUGEMテーマ:安心なお米
 
 
カテゴリ : 未分類
2009-08-01(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

二山耕起の自然栽培ササニシキ、未だ伸び盛り収まらず 

色麻町、浦山水田、7月31日の田んぼの様子です。

  こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 できるだけ、自然の稲作に近づくように、そう思いながら、毎年稲作に工夫を重ねていますが、今年の工夫、「二山耕起」で稲は順調に育っています。

 まだ止葉も出てませんし、色も濃いので、まだまだ成長が続く感じです。「二山耕起」の田んぼ、その後の生育状況です。








G水田(浦山水田参照)の状況







本日は午後から、畦の草刈りに汗流してました。
田んぼから見た夕暮れ時の舟形山です。







こちらは、七つ森のシルエット








お月様が雲間から覗いていました






 今年の夏は、なかなか梅雨が開けませんが、本日は舟形山や七つ森のシルエットが

だんだんとはっきりしてきて、お月様も見えてきました。

野良仕事後の夕暮れ時、ヒグラシゼミが合唱を始め

梅雨開けが近いと感じています。





 
カテゴリ : 自然稲作
2009-08-01(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

川の恵み、鮎、釣ってきました。 

 色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

   こんにちは、ライスフィールドのマスターです。
 
  鳴瀬川の鮎、釣ってます。

  釣り具合いで、天然焼き魚セットの食材も変わってきます。

  天然川魚の旬の味覚をお楽しみ下さい!









天然焼き魚セットです。







焼き魚は鮎、鳴瀬川から釣ってきました。







こちらは、ナスの炒め物、ナスも夏の定番ですね









オクラを炒めものを豆腐に乗っけてみました。






 川の魚、里の恵み、素朴ですが、地元の旬の食材で食べる食膳は何よりの贅沢です。

 夏の色麻町、旬の食材をお楽しみ下さい!





 
カテゴリ : 未分類
2009-08-01(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。