スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

オーガニック米粉レシピ、唐揚げ、油炒め、餃子 


 こんにちは、田鴨です。

 オーガニック野菜の畑作に取り組む「くまっこ農園」(仙台市秋保)さんから、米粉レシピのレポートです。

 今回は小麦粉の代用でなく、片栗粉の代用でもない。米粉だからできる米粉の特徴に注目して、クッキングしてみました 




[米粉で簡単、とろみ付け]


 野菜炒めでとろみをつけるとき、片栗粉を使えば、一度水で溶く必要があります。でも米粉を使えば、フライパンに少しづつ入れるだけで、とろみがつきます。





[パリパリ餃子]


 餃子を焼いて最後に片栗粉や小麦粉を溶いた水を加えて蒸し、餃子の羽をつくる場合ですが、米粉を使えば、餃子の羽のパリパリ感が増量です。




[ヘルシー米粉(から揚げ)]





[ヘルシー米粉(しゃけフライ)]



 米粉は粒が大きいので、揚げ物の粉に使った場合、衣が薄くなり、油を吸いにくくなって、とってもヘルシーな揚げ物ができます。




 今回の米粉は木村農園(宮城県石巻市)の有機栽培ササニシキ米粉を使い、市販の製粉機を使って加工したものです。

 市販の製粉機で米粉を加工した場合、米粉の粒度はあまり細かくできないのが難点です。

 この粒度、もっと細かくできないものか、一度製粉した米粉再度製粉機に投入したり、製粉速度を遅くしたり(ローギア)、果ては米粉が熱を帯びてしまい餅に化けたりと、いろいろ試行錯誤したこともありましたが、うまくできません

 が、ここは発想を転換し、小麦粉より目の粗い米粉ならば、目が粗いからこそ出せる良さもあるだろうと考えてみました

 今回、紹介したヘルシー唐揚は、目の粗いからこそ、衣が油を吸いにくくなるわけで、小麦粉の代用ではない、米粉の特徴が活かされました

 そして、使った米粉はオーガニックで、タンパク・糖質控えめのササニシキ。ヘルシークッキングには、まだまだ可能性がありそうです





 田でん虫むし田んぼのお米 トピックに戻る 


スポンサーサイト
 

秋田の天日干し 

 秋田県能代市ファームササキから>

 こんにちは、田鴨です。
 秋田県能代市で農薬を使わない「あきたこまち」に取り組むファームササキさんから、天日干しのお便りをいただきましたので、ご紹介します。




 ファームササキさんより

 能代でも杭掛け自体珍しくなりましたが、我が家を含め近所では棒掛けです。
 32束~64束掛けがメインです。ここより先、北上しますとハサ掛けがメインになります。
内陸部、大館地区までは棒掛けですね。また岩手県岩泉町界隈に良く行く機会がありますが、こちらではハサ掛けしか見かけません。

 我が家の棒掛けの写真を添付します(写真は昨年のものです)。




























 以下、田鴨より

 秋田県能代付近も棒掛けが主体のようですが、岩手県岩泉(三陸海岸方面)はハサ掛で、これは以前紹介した一ノ関方面の山間部の天日干しと同様で、岩手県でも北上高地~三陸沿岸部はハサ掛が多いようです。確か、三陸海岸沿いでは、同じハサ掛でも多段式のハサ掛を見た記憶があります。(残念なら写真は持っていませんでしたが。)

 一般にハサ掛は手間がかかる代わり、乾燥効果が大きいため、あまり風が吹かず、稲が乾燥し難い山間部で取り組まれることが多いと言われます。

 天日干しの方法は、地域の風土に合わせ、幾つかの方法が採られます。地産地消の言葉が聞かれることの多い昨今ですが、それぞれの地域、天日干しの方法に思いを寄せながら、地産地消を考えてみるのも、おもしろいかも知れません。






 農薬を使わない「あきたこまち」 
秋田県能代市のファームササキさんのHPです。





JUGEMテーマ:農業・アグリビジネス
 
カテゴリ : 未分類
2008-11-11(Tue) | コメント : 0 | トラックバック : 0

今年のアイガモちゃん、「ステーキ」と「うどん」でデビューです! 




色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

 稲刈り終わり、田んぼで稲と一緒に育ったアイガモちゃんが「ステーキ」と「うどん」になって登場です
 アイガモちゃんは、ライスフィールドと同じ、加美郡の農薬を使わない稲作仲間の田んぼで育ちました。







 

あいがもステーキです。










あいがもうどんです。







 今日は肌寒い風の強い日でした。
もうそこまで冬が来ているようです。

 仙台市近郊のライスフィールドでは、
山から切ってきた薪をストーブにくべ
自然の暖かさ、山の恵み、そして地域の食材
でおもてなししています。

 紅葉の季節ライスフィールドで寄り路

是非おこしください!

          
 ライスフィールドの自然派メニュー
       
  

 
カテゴリ : 未分類
2008-11-09(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

紫式部と柿の色暦でササニシキの天日干し 

ライスフィールドの自然の色暦>

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。
 







ライスフィールドの前に植えている紫式部がきれいに色づきました








家の庭に植えている甘柿も色鮮やかで食べ頃です。









田んぼの棒掛け稲も、秋の日射しに輝いていました






自然の恵みは、色づく頃が食べ頃で、
これが旬です。

紫式部が色づき、柿が熟し始めたら、稲刈りして天日に干す

紫式部と柿の色が、ライスフィールドの稲刈り暦です。





ライスフィールドの農薬を使わない天日干し「ササニシキ」
只今、天日干し中!
11月中旬以降が食べ頃にて、発送予定です。

 農薬と肥料を使わない天日干しササニシキ「おてんと米」 




ライスフィールド トピックに戻る

JUGEMテーマ:
 
カテゴリ : 自然稲作
2008-11-07(Fri) | コメント : 0 | トラックバック : 0

鳴子の紅葉と「尿前の関」 


今晩は田鴨です。


紅葉萌えさかる頃、山形県にほど近い、宮城県の鳴子に行って来ました。









[鳴子峡の紅葉]








 この鳴子峡の入り口付近の地名を「尿前(しとまえ)」と呼びます。不思議な地名ですが、車を止めた駐車場の看板に地名の由来が書かれていました。

 

「義経記に、奥州平泉へ遁れる源義経一行が、亀割山で生まれた、亀牛丸を伴い、出羽街道(国道47号線)を東へ向かう記述がある。尿前には、その伝承の流れがあり、幼児がはじめて尿をしたのが地名となり、義経腰掛松があったと言われている。」

(47号線沿いの駐車場にあった「尿前(しとまえ)の関」解説看板から)

 

 この看板では「尿前」の地名を「幼児が尿をした」ことに由来すると解説しています。これは地名を記した漢字の「表意」的解釈と言えますが、「表音」的に尿前の意味を解釈したのが東北地方のアイヌ語地名を研究した山田秀三です。


 山田秀三は尿前(シト「マエ」)を苫小牧(トマコ「マイ」)、歯舞(ハボ「マイ」)と同系とし、「『シト』は、いろいろな意味を持つ。」と断定を避けながらも、尿前を「シュッ(山裾)・オマ(にある)・イ(所)」、「山裾の場所」としてアイヌ語の可能性を示唆しています。確かに、尿前が位置する地形は山裾の川沿いにありますから、この解釈には納得させられます。


(参照:「アイヌ語地名の研究 第三巻」 山田秀三著集 草風館発行 )








[尿前から鳴子温泉方面を眺める]




 

 最近、時間を見つけては、東北地方のアイヌ語地名に思いを巡らせていますが、地名のアイヌ語解釈は「name=ナメー=名前」的な単なるゴロ合わせの罠に陥る危険性がありますから、注意が必要だとつくづく感じるようになってきました。

 

 この「ゴロ合わせの罠」に陥らないためには、まずはアイヌ語の文法や発音を学ぶことが必要でしょうし、地名と地形の整合性や既知のアイヌ語地名と類似性を考察したり、またアイヌ文化も知っておきたいところです。さらに東北地方で蝦夷と大和政権が抗争を続けていた頃の記録を記した「続日本書紀」なども、よくよく読んでおくことが大切でしょう。

 特に宮城県の場合は、かつて沼だった場所を干拓し、広大な水田としたところが多く、「地形を解説したアイヌ語地名」と地形の整合性を確認するためには、歴史的地形の変遷も把握しておく必要があります。


 これらを行うのは大変な作業となりますが、その作業過程で東北地方の文化や歴史、自然などをより深く知ることができますから、これはこれで楽しみの一つになりそうです。





JUGEMテーマ:歴史
 

天然なめこ、収穫しました! 



色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。


こんにちはライスフィールドのマスターです。

  天然なめこ、収穫しました!







 















仙台市近郊の色麻町、ライスフィールドでは
天然きのこ料理のおもてなしをご用意しております。
 
山の恵み、秋の味覚を是非お楽しみください!

        
 ライスフィールドの自然派メニュー
        



ライスフィールド トピックに戻る 


  
JUGEMテーマ:グルメ
 

ライスフィールドの農薬と肥料を使わない新米「ジャズ田力」発送 

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。








 






 
 ライスフィールドの新米ですが、農薬と肥料を使わないササニシキ、「ジャズ田力」を11月3日より、発送開始です。

 また天日干しの「おてんと米」は只今、天日乾燥中です。こちらは新米発送は平成20年11月中旬以降の見込みです。








ライスフィールド トピックに戻る 

 
 
カテゴリ : 自然稲作
2008-11-01(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。