スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

週刊田力(平成19年12月16日「オーストラリア干ばつ、くりはら田園鉄道、学者も人間など」 

[1]「オーストラリア続く干ばつ、農産地崩壊も、相次ぐ離農」

 2007.12.9 北海道新聞

 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/64922.html



<以下一部要約>

  昨年、「百年に一度」という深刻な干ばつに見舞われたオーストラリアが今年も雨不足にあえぎ、小麦や牛肉、ワインの生産農家に大打撃を与えている。地球温暖化との関連も指摘される干ばつは確実に増えており、同国が先進国に京都議定書を急きょ批准した背景ともなった。

 シドニーの西約三百キロにあるカウラで小麦畑を営む農家は「最悪だった去年は収穫ゼロ。今年も生育期の七、八月に雨が降らず平年の六割減、温暖化の影響を疑う仲間は多い。」と嘆く。この畑はかんがい設備がなく、雨だけが頼りである。

 同国政府は主要穀物の生産量が平年の42%減になると予測する。また飼料穀物の高騰で牛肉も値上がりし食品価格は過去一年間に約10%も上昇。これが日本のパンやめん類、チーズなどの値上がりにもつながっている。

 同国のラッド新首相は前政権の方針を転換し京都議定書を批准。バリ島で開会中のCOP13にも出席し、「ポスト京都」の枠組みづくりにも積極的に加わる意向。だが、その間にも干ばつは続き、多くの農家は眠れない日々を送る。




  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×



 海の向こうの農家も大変なようです。ちなみに、オーストラリアの農業に打撃を与えたのは干ばつという「乾燥」の結果であって、これが地球温暖化とどのように関係してくるのか、もう少し詳しい解説がほしいところです。個人的には温暖化が進むと海水の蒸発量が増え、そして雲が増えて降雨が多くなるような気もしますが、このあたりの因果関係はどうなんでしょう?

 「温暖化は一刻の猶予も許されない」

 先日も、こういった報道がテレビに流れていましたが、あまり焦りすぎると事をし損じる場合もあるわけですし、時には一呼吸置くことも大切なこともあるでしょう。



[2]地域版「くりはら田園鉄道」

 宮城県でも岩手県にほど近い旧栗駒町(現 栗原市)はかつて鉱山で賑わった町で、ここで採掘される鉱石などを運搬するために、水田地帯をのんびりと走る「栗原電鉄」が敷かれました。その後、この路線は「くりはら田園鉄道」と名前を変えましたが鉱山が閉山となり、また車社会の発展で、鉄道を利用する人も少なくなって、ついに平成19年3月をもって廃線となりました。

 都会では「開かずの踏切」との言葉もあるようですが、くりはら田園鉄道は「めったに閉じない踏切」で、車を走らせ、まれに「閉じた踏切」にぶつかると若干の不運さを感じつつも、のんびりと通り過ぎるローカル線に微かな郷愁を感じたものです。

 先日、この稲穂の向こうから眺めた「消えゆく日常の景色」を歌った青年と出会いました。この歌を手作りのCDにして、ライスフィールドで販売しております。



「くりでん」

  歌/作詞/作曲/スクイズケン(栗原市出身 農家の長男)



[3]論説「学者も人間」

 先日のことですが、ある国際機関に努めている先生と会食する機会があり、なんとはなしに「ちなみに英検何級くらいですか?」などとアホーな質問をしてしまいました。

 この先生は米国の大学も卒業されているので、その英語力は英検程度で云々されるレベルではないことは聞くまでもなかったわけです。

 私のように郡部出身の人間にとって、そういった能力は羨望に値するわけですが、その先生が



 「伝統的日本の農村生活について聞きたい。」



 と言うので、知り合いの農家の爺さんのところに連れて行くことにしました。しかしながら、爺さんのレクチャーが終わった後、先生は



 「貴重なお話でしたが、ほとんど意味を理解できませんでした。」



 と残念がっております。つまり先生は英語が得意であっても、農家の爺さんの話は不得意だったわけです。ちなみに爺さんの話を十分に理解するためには、ローカルでトラディッシュナルな方言に加え、「代掻き」や「苗代」といった農業用語にも通じている必要があります。

 そこで爺さんの話を「ほぼ理解できた」私が、後で先生に爺さんの話を要約して伝えたわけですが、これを考えれば、人はそれぞれ得意不得意分野があるわけで、その意味で人間は平等な存在と言えます。

 そして同じ平等な人間でありますから、時には失敗や間違いも犯すわけで、ゆえにどんな大学者の言うことであっても、私はそれをそのまま受け取らないよう心がけていました。

 結果としてアマノジャクと言われることも多いのですが、昨今話題の人為的二酸化炭素排出による地球温暖化についても、そのまま受け取らず、自分なりに因果関係を追求したりするのが私の性癖です。ちなみに、件の先生には



 「今度、先生が農家の爺さんの話を聞く際には私が通訳として同行します。その代わりと言ってはなんですが、私が英作文する際には添削をお願いしますので、よろしくね!」



 とお願いしておきました。ギブ・アンド・テイクを尊ぶのも、私のもう一つの性癖なのでありました。



[記:田鴨正路]
スポンサーサイト
 

週刊田力(平成19年12月2日)「限界集落、覆面試食会など」 

JUGEMテーマ:ニュース


[1]全国版「限界集落/国土崩壊を止められるか」

 2007.12.2 テレビ朝日「サンデープロジェクト」 

<以下番組内容を要約>

  昨今、大雨や地震を原因としない不可解な土砂災害が起きている。これは間伐や下草刈りなと「森林管理」が放棄された針葉樹林森林の保水力低下が原因とも言われ、昭和20年代後半より行われた杉などの植林政策が背景にある。

 昭和50年代以降、輸入木材の拡大により国内産木材の需要は低下し、採算性悪化した杉林では管理放棄が増加した。その結果、林業振興に活路を目指した山村集落の多くが「限界集落」の危機に陥っている。

 国交省の調べでは、現在、全国で7878の限界集落があり、うち10年以内に消滅する可能性にある集落が423、これが全国に広がっていくだろうと予測している。

 1950~80年代まで行われた植林政策において、国は具体的な達成目標を示し、補助金を投入しながら、広葉樹林や山間地の水田などを針葉樹林に転換してきた。

 この政策に乗らず、独自の森林振興に取り組んだ集落が高知県四万十町(旧十和村)にある。旧十和村では茶、栗、椎茸栽培による地域振興を画策し、広葉樹の保全を図ってきた。現在、地域物産直売所として設立した「四万十ドラマ」は黒字経営を堅持し、村へのUターン者も多く、限界集落とは縁遠い活気がある。

 一方、国策に沿って針葉樹林の拡大を図った集落では、高齢化と離村者の増加により路線バスが廃止され、生活用水となる沢水の配水施設が荒廃するなど、地域振興より先に、生活基盤そのものが崩壊しつつある場合も多い。

 「中国、インドの木材需要が増加する近年において、森林は日本の重要な財産となり、過去の植林政策は成功だったと認識している。」そう林野庁担当者は指摘するが、今後、限界集落は山間部から平野部まで拡大し、日本の食糧自給率低下にさらなる拍車をかけるだろうと指摘する専門家もいる。



  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×



 国内農業よりも深刻な状況にあるのが国内林業で、今後の米政策を占うためには、この林業政策の変遷が大きな参考になるかもしれません。

 マスコミ報道は、そのまま鵜呑みにすると後で痛い目に合うこともあるので、後日「裏取り作業」をしなければなりませんが、高知県旧十和村のような事例は、見ていて楽しいもんだなと感じました。

 なんにしても、一大国民病となった「花粉症」、これの対策に本腰に入れるのであれば、自民党だろうが民主党であろうが、絶大なる国民の支持が得られそうな気もします。



[2]田力地域版「覆面試食会」



 先日、色麻町のライスフィールドで、田力仲間の新米試食会を行いました。

 エントリーされた米のほとんどが農薬を使わず栽培した米で、品種は大部分が「ササニシキ」、これにササニシキのオヤジに当たる「ササシグレ」とササニシキのご先祖様にあたる「亀の尾」、さらに秋田から出張してきた「秋田こまち」も加わり、品種と栽培方法が異なる農家が生産した合計9種類の米により「利き酒」ならぬ「利き飯」を行ったわけです。



 試食会は、各々の米を9つの炊飯ジャーで一斉に炊き出し(配電ブレーカーに注意を要する)、これを生産農家と品種を明らかにせず、覆面方式で各々皿に盛り、「利き飯」をして正解率を争いました。

 「利き飯」の参加者は9名。飯をちょっとずつ箸でつまみながら、生産農家と品種の当てっこをしたのですが、結果として「利き飯」は難しいことが実感できました。

 生産農家と品種の両方を予想するため、採点過程は複雑ですが、100点満点で参加者9名の平均点が30点、最も正解率が良かった人でも50点でした。



 栽培方法から「米の味」を推測するのは大変難しいわけですが、「ササニシキ」や「秋田こまち」といった品種の違いさえも、食味それだけでは判別が難しいようです。

 これを考えれば「米の美味しさ」には、食味計に現れる「微妙な数値の違い」よりも、栽培方法や産地、そういったイメージがより大きく影響しているのかもしれません。



 さらに言えば、「米を食べる」消費者の方々は、たぶん食味などの数値基準や品種より、米が育った田んぼの風景を感じながら、お米の味を感じてくれてるのだろうと思ったりします。スタンダードではない、もう一つの別の思い。これが「食べて物」には大切なのでしょう。



[3]論説「一律な目標」

 稲作には国が定める目標として「減反政策(生産調整)」があり、これが環境分野では二酸化炭素排出抑制などがあります。いずれも将来の「食料」や「環境」のあり方を政府が決定し、そこに目標を定めているわけですが、この一律な目標がしばしばくせ曲になります。



 こうった目標は「食料自給率の向上(注)」とか「地球温暖化抑制」といった目的を達するための手段として設定されるわけですが、目的を達成するための手段は一律に定められる目標以外にも、いろいろあるわけで、それは地域によっても時代の変化によっても異なってくるでしょう。そして、そもそもその手段がベストであるかどうかといった問題もあろうかと思います。



 冒頭の「限界集落」では、植林政策という一律な国策目標が、結果として多くの集落を「限界」の危機に陥れ、一方で、自主路線で地域振興を図った旧十和村では活気に溢れていると伝えています。一律な目標を掲げず、手段としてもっと多様で自主的な目標があったのなら、もしかしたら現在の「限界集落」の少なからずは「限界」にならなかったのかもしれません。



 ところで話は変わりますが、「失楽園」で有名な渡辺淳一氏は週刊新潮で今話題のミシュランの格付けについて言及しています。



「旨いものとは何か?その答えは簡単明瞭。それを食べた人が旨いと思ったら、それが旨いものなのである。(週刊新潮(12月6日号)連載コラム「あとの祭り」)」



 つまり渡辺氏はミシュランの格付けなど余計なお世話だと言っているわけで、これには全く同感させられます。自分の主観で定まる「旨さ」を誰かに評価される必要など無いということなのでしょう。

 それを考えれば、先の「新米試食会」の正解率の低さも、それぞれの主観が異なった自然な結果だったと言えなくもありません。



(注)減反政策には単に水稲の作付け面積を減らし、米余りの調整をするだけでなく、それにより生じた余剰水田に麦やダイズ、牧草など水稲以外の畑作物の作付けを行うことで、食料自給率を高めるといった目的もある。



[記:田鴨正路]

 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。