スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

週刊田力(平成19年10月27日号)「無肥料稲作と環境保全、田力米の新米出荷など」 

[1]全国版

北國新聞社 より引用

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20061221002.htm



 河北潟への農業排水の流出を防ぐため、県県央農林総合事務所津幡事務所は来年度、同潟周辺で環境保全型農業の推進に本腰を入れる。モデル地域に指定したかほく市内日角の水田では、農家が農業排水に溶け込む有機物を減らす肥料を使い、水田の排水口をせき止めて汚れた農業排水の流出を抑制する試行を進めており、同事務所は効果を見極めた上で、環境に優しい農業の普及を図る。



 閉鎖性水域の水質浄化を図るため、県が今年度から木場潟と七尾湾と並び、河北潟周辺の水田約三十ヘクタールで同潟へ農業排水の流出を抑制する取り組みを始めた。同事務所によると、河北潟周辺ではこれまで、田植え前に土壌を整える代かき作業の時期や稲刈り後は、有機物で濁った農業排水が水田から垂れ流しされるケースが多かったが、水田の排水口を縦約十センチ、横約四十センチの板を利用してせき止め、水田内でろ過させて同潟へ直接排水しないようにした。さらに汚濁水を抑制するため、有機物やリンなどを減らせる「緩効性肥料」も使用した。

 県によると、河北潟の化学的酸素要求量(COD)値は8・2で、県の環境基準値(5・0)を上回る。水質の悪化は生活雑排水の流入が要因とされるが、同事務所は農業排水も水質汚濁の一因になっているとして、農業排水の流入を防ぎ、同潟の環境保全を徹底させることにした。同事務所は年度内に同潟のCODの変化を調査する予定で、来年度にはモデル地域を広げ、本格的に「環境保全型」農業を推進する考えである。




  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×



 有機農業も有機肥料を施肥しすぎると環境への負荷を与えようです。そういった効果を狙ったわけでもありませんが田力稲作は化学肥料はもとより有機肥料も用いない「無肥料栽培」を理想としていました。

 とはいえ、収量も年々減少しているので、いろいろ考えねばならないこともあります。減収分を減反カウントしてもらえれば、いろいろ好都合なのですが、そういうわけにもいかないのが、現行の農政です。ちなみに、日本の水田、全て稲作を行うと、そこから収穫する米の1/3は供給過多となりますので



 「1/3の水田は稲作はしないように!」



 というのが減反政策の基本です。全ての水田で無肥料栽培すれは収穫量が減少して米の需要と供給はバランスが図られるし、水田の保全もできる計算です。

 日本人が3割増しで米を食べれば減反も必要無くなるとの意見がありますが、これはメタボに注意しなければなりません。パンでなく米を食えとの意見もありますが、私自身はパンもラーメンも好きなので、あんまり偉そうな事も言えませんでした。

 せめて、できるだけ体を動かしてエネルギー消費に努め、健康を意識すれば「田んぼ」も「体」も良くなってくるのかなと考えたりします。



[2]田力地域版



 「田力本願の米」(宮城県栗原市 菅原水田)

 「人と自然の仲立ち米」(宮城県石巻市 遠藤水田)

 

の新米出荷開始しました。



 「おてんと米」(宮城県色麻町)



は、只今、天日にて新米乾燥中です。



 いずれも、農薬を使わず、化学肥料も有機肥料も使わない稲作です。

(育苗には有機肥料を使いっています。)



 「田でん虫むし田んぼのお米」(宮城県石巻市)



は、有機肥料を使った有機栽培、無農薬です。

こちらも新米受付中です。



[3]論説



 最近、安部首相の退陣もあってか



 「空気読め!」



 との声があちこちで聞かれます。まるで遵法であっても空気に反すれば、罰せられると言わんばかりです。

 空気と言えば、山本七平の「空気の研究」が逸品で、戦艦大和の沖縄特攻を立案した司令官の



 「その場の空気ではそうせざる得なかった。」

 

 との戦後談が紹介されています。

 空気を読むのも大切なんでしょうが、時には空気に抗することも大切だよなと思う私は、昔から天の邪鬼です。

 稲作で言えば、周囲の空気を気にしていたら思い切った稲作もできません。毎年の気候に合わせて、その年々の稲作を考えるのが自然稲作です。



<記:田鴨正路>
スポンサーサイト
 

[菅原水田/田言板]-開俵結果 

 稲刈り終了しました。

 今年の苗は出来が良く育ちました、苗半作といわれてるくらいで、重要なところでしょう。



 開俵結果

 

 収量も半作で、苗半作の意味がわかりました。



 平成19年作の田力本願米は10月22日よりは発送開始です。

 (お求めは、左のリンク、「田力本願の米」をクリック下さい)
 

棒がけ 

<色麻町 浦山水田より>

 皆さんこんばんは。いい天気が続きます。

 昨日と一昨日、おてんと米の稲刈りをしました。今日はささ時雨の稲刈りをしました。

もうヘロへロです。















 

刈り取り前 

<大郷町 高橋水田より>

 無農薬米刈り取り前の、我が家の田んぼの写真を添付します。皆様の応援で何とか収穫を迎えることが出来ました。無農薬栽培の奥の深さを実感しました。







高橋水田の詳細はこちらをクリック
 

除草機の組み立て 

<石巻市 遠藤水田より>

 菅原さんへ、菅原さん空研のエアーインパクトを横取りしてしまい申し訳ありません。

 やっと除草機の組み立てが進みました。菅原さんのエアーラチェットのおかげでかなりすばやく締め付けができました。これがあればとても便利な道具だということがわかりました。

 チェーンカバーの周りに使った液状ガスケットも写真のように塗ってみました。はたしてうまく防水効果と密封性を発揮するのかが心配です。

 いずれにしても使ってみないと結果がわかりません。失敗しても分解と組み立てがわかったので定期的に分解してメンテナンスができそうです。



遠藤





   液状パッキン塗布1





   液状パッキン塗布2





   グリス注入





   チェーンカバー合わせ完了





   エアーラチェットで締め付け





   チェーンカバー完成

 





 

ササシグレの稲刈り 

<石巻市 遠藤水田より>

 みなさんこんばんは、遠藤です。

 ササシグレの稲刈りが先日終わりました。今年は種取用に植えました。初めての作付けなのでどうなるかと思いましたが、どうやら豊作のようです。











 来年はササシグレを本格的に作付けしてみたいですね。早くササシグレの新米が食べたいです。







 今日稲刈りをしようと思いましたが、ササニシキが「まぁだだよ」というので、来週、13日から刈りはじめます。

 そこで今日は遅れていた除草機の修理をしていました。やっと完成に向けて進み始めました。組み立ては苦労しますが、農機具の構造がわかると農機具に対してもやさしく運転してあげたくなります。







 

ヒョウタンとウクレレ 

 こんにちは、高奥です。

 先日、ホームページの問い合わせに



「ヒョウタン求む!楽器に使いたい。」



 とのメールがありました。そのメールの送信者名が女性の名前だったからというわけではありませんが、なんかおもしろいなと感じ、昨日、その女性に会ってきました。

 少々事情を説明すると、かつて私は、山師的発想で「ヒョウタン・グッズ」の企画販売を目論だことがあります。そのためヒョウタン栽培をしていたことがありましたが、これといった商品企画も思い浮かばず、中途で辞めてしまっていました。これを某ホームページに掲載していたところ上記の問い合わせが来たというわけです。

 で、その女性と喫茶店で会い、在庫のあったヒョウタンを手に取りながら私の「ヒョウタンうんちく」を解説したわけですが、彼女はフラダンスを始めようと考えているようで、それにヒョウタンが必要とのこと。



 「フラダンス、ヒョウタン?な・に・す・や!?」



そう思って、もう少し詳細を聞くと、フラダンスを踊る際に、ヒョウタンを太鼓に使うとのことです。さらに言えばハワイでもヒョウタンが栽培されているとのこと。なるほど、人には会ってみるものです。まさか「ハワイ、フラダンス」これに「ヒョウタン」が結びつくとは思いつきませんでした。

 その女性はなかなか活発で



 「仙台の西公園の近くにハワイグッズの店がオープンしたとのことで、行ってみたい!」



そうおっしゃいます。

それではと思い、私の車で一緒に行ってみることにしました。

店の名前はカフェ&ハワイアンクラフト」







ハワイの店ですゆえ、本場のウクレレも各種揃えてあります。







こちらが店長、私よりきれいな「標準日本語」を話されます。







ちなみに、ライスフィールドつながりで、今年の夏から田力仲間の間ではウクレレがブームとなっておりました。私も常時ウクレレを車に携帯していますが、せっかくなので店長とウクレレを合奏してきました。



次回、田力軍団でこの店をウクレレ訪問しようとたくらんでおります。
 
カテゴリ : 未分類
2007-10-07(Sun) | コメント : 1 | トラックバック : 0

美味しいお便り 

<仙台市 高奥より>みなさん、こんにちは。

 実は、今年の3月頃から、菅原さん始め田力仲間で横浜のホームレス支援施設に古米などを送付する活動をしておりました。先日も遠藤さんが、横浜に米を送付したところ、下記のメールが届きましたので紹介します。



×  ×  ×  ×  ×



遠藤様、はじめまして。

 横浜の路上生活者自立支援施設スタッフのものです。先日は、貴重なお米を提供して下さいましてありがとうございました。寮生とともにおいしくいただいております。

 菅原さん始め田力の方々が横浜の施設においでいただいたのが3月でした。それから折に触れこちらの状況を心にかけていただいてくださり、良いご縁をいただいて遠藤さんもご紹介していただけました。

 最近入所されたAさんは1年間の外の暮らしで、ほとんどお米を食べたことがなかったそうです。

 施設の食事は質素ですが、それでもご飯をかみしめながらホーとため息をついて「おいしいですね」と笑顔を向けてくださいました。

 今後も微力ながら、困難な状況にある方達に寄り添って歩んでまいります。引き続きご支援いただきますようお願い申し上げます。




×  ×  ×  ×  ×



ご飯を食べて「おいしい」、そう言ってもらえるのが田んぼを舞台に活動する私達の何よりの喜びですね。
 
カテゴリ : 未分類
2007-10-07(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

ヨガ体験 

 こんにちは高奥です。

 昨日、ライスフィールドでヨガ教室に参加してきました。

ヨガというと、なんとなく神秘の香りがしますが、私の印象としては、鈍った体の部位をほぐすストレッチみたいな感じで、肩こり、背痛に効果抜群です。またストレス解消にも良いようです。

 感想を言えば、心身を自然な状態に回復させるのがヨガの効用だと感じました。そういう意味で、ヨガは農薬を使わず田んぼを自然の状態に回復させる稲作と相通じるものがあるのかもしれません。

 毎日、バランス良く体を動かし生活できれば肩こりや背痛も無くなるのでしょうが、 そういうわけにもいかないのが日々の生業というやつです。

 私の場合、足を組んで斜に構える姿勢が癖になっているので、とりあえず、こういった癖を無くすことから日々の健康を考えようかと思ったりしました。

 なんといっても斜に構えることで、気持ちも斜になり、心がひねくれてきそうですからね。自然な心で、毎日楽しく過ごすのが健康な体を保つ秘訣なのかもしれません。
 
カテゴリ : 未分類
2007-10-05(Fri) | コメント : 0 | トラックバック : 0

[菅原水田/田言板]-季節の変わり目 

 ここ数日、半袖を着られない日も多くなってきました。10月は「涼しい」→「寒い」までスピードアップしていきます。暑いようで風がヒンヤリしたり、作業着も厚手の物にしています。

 稲刈りが始まると、古いアルバムを見ているように田んぼをコンバインで何度もまわり、春からの作業を思い出します。刈り取りは10月中旬頃からの開始予定です。
 

稲刈り直前 

<石巻市 遠藤水田より>

 みなさんこんばんは、遠藤農園の稲刈りは今週6日にササシグレを刈り、その後早期湛水を刈り取り、次の週の13・14日に冬期湛水の田んぼの稲刈りをします。

 いよいよ刈り取りです。わくわくします。自分で整備したコンバインもスタンバイOKです。



















 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。