スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

ポチ君とホルスちゃん 

 「人と自然の仲立ち米」の遠藤さんのところに、「農薬を使わない敷藁」のお求めがあったそうです。ペットのポチ君の敷藁に使うそうです。私のところでも刈り取った稲をカッターで裁断せず、コンバインから落とした田んぼがあります。これは酪農家に持っていき、ホルスタインの敷藁に使います。

 ペットのポチ君も乳牛のホルスちゃん(乳牛なので女性)も同じ地球に立っている生き物です。田力本願の敷藁の上でくつろぐホルスちゃんの鳴き声が聞こえるようです。

 10月20日から稲刈りを始めました。21日までに166アールを刈り取り終了。今年は害虫の被害が少ない代わりに、出穂後に多湿な天候が続いたため、昨年よりも不稔となった籾が多いようです。

 昨年、雑草が勢いを逞しくした田んぼは、除草機を押したかいもあり、今年は二倍近くの収穫量がありました。 

スポンサーサイト
 

今年の稲作 

 昨年は10月13日から25日まで刈り取り作業をやってましたが、今年は10月20日頃から始まる予定です。昨年より気温が低くならないためか、穂が黄色くなるのも遅いようです

 以前、訪れた農家の方の方に、霜に何度かさらされるくらい稲刈りを遅らせた稲を見せてもらい、自分も霜の降る時期まで刈り取らないでも大丈夫な稲作りをやってみたいと考えていました。

 数年前から、田植え時期を徐々に遅い時期にずらし、今年は6月に田植えをして、出穂はお盆頃でした。そして涼しくなってから、登熟時期に入ったようです。

 おてんと様に気に入ってもらえるか自信が無くて、新しい稲作に取り組むのを躊躇することもありますが、まずは「やってみて答えをだす。」、そんな気持ちで農薬を使わないようにし、肥料も使わないようにし、そして田植え時期を遅らせ、稲刈り時期も遅らせながらの4年間の稲作でした。
 

除草機の活躍 

 本年の稲刈りですが、おてんと様の都合にもよりますが、とりあえず稲の都合で見込みを立てると、10月中旬頃から開始し、下旬中頃まではに完了できそうです。これと平行して稲刈りした籾を乾燥し、その後に平成18年作が出荷可能になります。

 本年の稲作を振り返ってみると、5月にイボ草が発生したため、2haくらいの田んぼを代掻しなくてはいけなくなったことがあります。田植え直前にトラクターで代掻きし、それでも田植え後にはイボ草が多く発芽したので、除草機をかけることになりました。そのため数件の農家さんから何台も除草機を貸していただきました

 早い時期に除草機をかけたところは抑草されましたが、作業疲れで除草を中断し、遅い時期に除草機をかけたところは、草の勢いが良く、稲が負けたところもあります。

 昨年は稲を育てるはずが、稲でなくてコナギの力を引き出してしまいました。コナギ畑のようになった田んぼでは2俵(120kg)/10aの収穫量しかありませんでした(通常の収穫量の1/3~1/4程度)。

 今年は除草機を使用したので、2俵よりは多く収穫できるだろうと、希望しています。

 それにしても、今年の稲作で何が良かったかと言うと、数件の農家さんが私に除草機を貸してくれたことです。あんなに親切に貸してくれ、稲を収穫する前から「今年は良かった。」と思ってます
 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。