スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

薪の焼却灰について放射能調査しました! 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 本日、ライスフィールドの薪(平成23年出荷分)の焼却灰について放射能調査をしてもらいました。

 調査機関は、大河原町で市民レベルの調査線を測定しているみんなの放射線測定室『てとてと』さんです。

 さて、調査結果は次の通りです。

  セシウム137  150ベクレル/kg
  セシウム134  112ベクレル/kg
  セシウム合計 262ベクレル/kg

 この「262ベクレル/kg」がどの程度の量かと言えば、色麻町あたりの地表面10cm四方あたりの放射性セシウム量と同等になります。仮に、ストーブの中に10kgの灰があるとすれば、30cm四方の地表面に相当する放射線量となります。

 ライスフィールドの薪は主として宮城県の大衡村で伐採した原木の薪を利用してまして、H22年12月~H23年110月頃までビニールハウス内で保管・乾燥していました。
 このため原発事故(H23.3)により放出されたセシウムに触れる機会が少なく、その灰も今回のような低い値となったようです。


PC090023lllop.jpg

平成22年12月9日、薪割り作業の様子。
寒いのでビニールハウス内の作業です。




 平成23年の秋以降、ライスフィールドから出荷した薪も同じ条件で保管してましたので、その焼却灰も今回の調査と同程度の放射線量になると思います。

ちなみに、平成24年の冬以降、出荷予定の薪は・・・

 平成24年1月15日の様子です。


P1150126.jpg

雪のライスフィールド


P1150130.jpg

仕入れたばかりの薪の原木(大和町産)


P1150128.jpg

冬の寒さが、原木を引き締めます




 こちらの薪も、順次放射線量調査を行う予定です。



(注)薪焼却灰の放射線量が400ベクレル/kg以上になると畑などの農地に散布できなくなり、8,000ベクレル/kgを越えれば一般廃棄ができなくなるので注意が必要です。


               
ライスフィールド提供の「薪」!はこちらから
              



ライスフィールド トピックに戻る

スポンサーサイト
 

節電の冬じたくに「薪」 


 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

ようやく秋らしい気温になってきましたが、冬の間に仕込んで置いた薪が、いい具合に乾燥してます。


PA080051.jpg


PA080042.jpg


PA080043.jpg



 天気の良い日に薪のビニールハウスに入ると、「カチ、カチ」と薪が乾燥する音が響いています。

 今年の薪もスタンバイオッケーですよ。
 
 コナラクヌギを用意しています。



               
ライスフィールド提供の「薪」!はこちらから
              



ライスフィールド トピックに戻る


 

新米・古米ならぬ新薪・古薪 

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 只今、来年の薪を仕込んでいます。

 おかげさま今年の薪も完売しましたが、なかなか皆さんに十分な薪をお届けできず、今年はシルバーさんにお願いして、薪割りを手伝ってもらってます。 



PC090023.jpg

薪割り作業の様子です。



PC090020.jpg

古薪、新薪




 上の写真で左側の色の濃い方は、薪割りして一年乾かした薪、右側の色の薄いほうは薪割りしたばかりの薪です。


PC090025.jpg

こちらは「新薪」の拡大写真



PC090028.jpg

こちらは「古薪」の拡大写真




 一年乾かした「古薪」は色合いだけでなく亀裂があるのも特徴です。

 よく乾かした薪は煙も少なく、火持ちも良く、大切なストーブも長持ちします。
 煙が少ないので、煙突掃除の負担も少なくなるようです。

 自然の暖かさ、薪、来年の「暖」をお届けするため、今年も仕込み作業、真っ盛りです。



               
ライスフィールド提供の「薪」!はこちらから
              



ライスフィールド トピックに戻る


 

針葉樹にも対応型の新型薪ストーブ実演会 

色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」よりお知らせです。

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 先日、同じ宮城県の栗原市の一迫で、薪ストーブを研究している
 NPO法人「フォレストサイクル元樹」 蛇口 昌俊さんが店に来て、いろいろ薪ストーブのお話を聞かせていただきました。

 で、その縁もあり、ライスフィールドで「フォレストサイクル元樹」で提案している新型薪ストーブの実演会を行うことになりました。
 このストーブ、スギや松などの針葉樹にも対応しているのが魅力です。
 当日は、薪割り(秋田の鍛冶屋さんで鍛錬したもらった手斧)ワークショップも予定してます。


                
 高品質低価格薪ストーブ試作品の燃焼体験会
日時:8月21日(土) 11時~14時
場所:宮城県色麻町 ライスフィールド
参加費:1000円(昼食と飲み物付き)
問い合わせ先:こちらから
                








 

フォレストサイクル元樹のHPから
スギ林の伐木






 

スギ間伐材の利用は、古くて新しい林業のテーマです。






 

フォレストリサイクル元樹のホームページ
(写真をクリックすると、ページが開きます)
 




 
 「フォレストリサイクル元樹」の薪ストーブは本年11月頃に商品化の予定で、消費者の生の声を開発に生かしていければとのこと、そのため


 「薪ストーブには一言ある!」


 そんな思いを抱いている方は、是非、ライスフィールドの実演会にお越しください!







           
NPO法人「フォレストサイクル元樹」  
           







ライスフィールド トピックに戻る

JUGEMテーマ:薪ストーブ

 

第2回「森のカフェ」、森と人の生活を考えます。 

くりこま高原自然学校からお知らせです。

 7月8日(木)18:00からライスフィールドにて、森を考えるカフェを開催します。

 この企画は、くりこま高原自然学校の呼びかけで設立した「みやぎバイオマスネットワーク」主催によるもので、隔月で開催しています。

 今回は、海と田んぼと森をつなぐ半漁半農の生活を営む七ヶ浜町の星さんを招待してお話をいたたきます。




 森と人との生活について、関心のある方はふるってご参加下さい!

 詳細はこちらから  『森を考えるカフェ』










 

前回「森のカフェ」の様子






             
レストラン「ライスフィールド」 
             






ライスフィールド トピックに戻る

JUGEMテーマ:自然と暮らす ”LOHAS ( ロハス )”

 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。