スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

山菜の放射線量、今年の総括 



 福島県と宮城県の調査結果から、宮城県内の山菜について、放射性セシウムの検出傾向について、まとめてみました。

今年の山菜、放射線量は?



 結果を言いますと、県内のアイコ、シドケ、ウドはあまりセシウム吸収しないらしく、検出される放射性セシウムは微々たるものです。ついで、ワラビも低いのですが、フキノトウは若干高め、ハワサビはさらに高くなり、コゴミ、タケノコ、ゼンマイ、タラノメとなると新基準値越えする地域がちらほら出てきます。コシアブラはその過半以上が新基準値(≧100Bq/kg、H24.4~)越えする勢いです。

 新基準値越えするとは言え、それら山菜の大部分は旧基準値の500Bq/Bq以下であり、実際のところ、新基準値以上であっても健康に対する影響はほぼ想定できません。

 なぜなら、年間に摂取する食物量に占める山菜の摂取量などたかが知れているからです。ついでに言うと、年間に摂取する食物が全て100Bq/kgだった場合、その総内部被爆量は1mシーベルト/年になります。もちろん、年間に摂取する食物全てが100Bq/kgになることはありえず、大部分の食物はこの基準値を大きく下回っています。

 さて、4月より改訂となった基準値100Bq/kgですが、宮城県内の山菜のうち、比較的放射性セシウムの多く吸収すると思われる一部地域のコゴミ、タケノコ、ゼンマイ、タラノメ、コシアブラなどは、この基準値スレスレか、若しくは若干超過する場合が見られました。その意味で100Bq/kgという値は、微妙な値で、その結果として、いくつかの地域で、これら山菜の出荷が自粛されました。

 先に述べたように、一人当たりの摂取量がたかが知れている山菜を100Bq/kgという一律な値で規制することについては異論がありますが、良くも悪くもルールが決められてしまえば、それに従うしかありません。

もう一つ思うのは、各市町村の発表する山菜の放射線量調査、採取された場所の区域が市町村名でしか表示されず、おおざっぱ過ぎることに課題を感じます。今年、一部の山菜で出荷自粛が発表された栗原市や登米市、あるいは大崎市や加美町、気仙沼市などは、平成の大合併で成立したため、割と幅広い地域に市・町の範囲が広がっています。例えば同じ大崎市でも鳴子と鹿島台では、地形も気候条件も大きく異なります。
 しかしながら、大崎市のどっかで基準値越えをした山菜が採取されれば、市全体に出荷自粛が要請されてしまうわけです。放射性物質は行政境界に関係なく飛散したわけですから、もう少しきめ細かく、せめて旧市町村単位程度で出荷自粛範囲を決めてもらえれば、救われる山菜愛好家も多かったのではないでしょうか。




P4300032.jpg

H24.4.30 加美町奥の山林で撮影したコゴミ




P4300015.jpg

H24.4.30 加美町奥の山林で撮影したフキノトウ



スポンサーサイト
 

今年の山菜、放射線量は? 


 もう少しで、山菜の季節がやってきます。
 以前にも書いたことがありますが、東北の春は少しずつ雪解けの大地が広がっていき、順次、山菜が芽吹いていきます。このため、他の地域に比べ、比較的長い期間、山菜を楽しむことができます。まるで厳しい冬を過ごさねばならない東北地方に、自然が与えたご褒美のような恵みです。

 しかしながら、昨年の福島原発事故は、東北の広い範囲に放射性セシウムをもたらしまた。
 ゆえに、せっかくの春の恵み、山菜に対しても、不安を持っている方が少なからずいるようです。

 このため、本ブログの拠点である宮城県北地方の山菜に、放射性物質がどの程度含まれているのか、その傾向を考えるため、文部科学省による航空機モニタリング結果(平成23年8月30日)を基盤マップとし、これに昨年の山菜放射能調査である福島県/農林水産物モニタリング情報宮城県/放射能情報サイトみやぎ、からのデータをマッピングしてみました。

 このマップデータを見れば、山菜の採取地から、品目毎の放射性セシウム含有量を見込むことができそうです。



 注1)以下リンクで紹介するマップではセシウム134、137の合計値を記載している。
 注2)「ND」とは放射性セシウムが検出下限値に達しなかった検体である。
 注3)セシウム134、137のいずれかが「ND」だった場合は、セシウム134/137の比率から、いずれかの値を推定し、おのおのの合計値を示した

アイコ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 福島県の結果から、宮城県北地方のアイコは、放射性セシウムを気にする必要が無いと思われます。

[2012.6.10 総評] 宮城県北部におけるアイコは新基準値の100bq/kgを十分に下回っており、福島県の結果と併せて考えても放射性セシウムを気にする必要が無いと思われます。


フキ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 フキもアイコ同様、宮城県北地方では放射性セシウムを気にする必要が無いと思われます。

[2012.4.29追記] 宮城県北部における2012年産のフキは新基準値の100bq/kgを下回りましたが、予想外に高い値となっています。

[2012.6.10 総評] 宮城県北部におけるフキノトウは新基準値の100bq/kgを下回っていますが、線量の高い地域では、この基準値ギリギリの値のものもありそうです。いずれにしても、健康に対する影響は想定し難いでしょう。


コゴミ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 福島県の結果から、宮城県北地方のコゴミは、ある程度の放射性セシウムを検出されることがあるかもしれませんが、それでも新基準値の1kg当たり100ベクレルを大幅に下回るのではないでしょうか?

[2012.4.29追記] 宮城県北部における2012年産のコゴミは大崎市・栗原市と新基準値を上回り、この地域では出荷自粛要請が出されました。

[2012.6.10 総評] 宮城県では6月10日までに大崎市、加美町、栗原市、気仙沼市で採取されたコゴミから新基準地以上の放射性セシウムが検出され、出荷が自粛されました。福島県の結果を見ても、コゴミは放射性セシウムを吸収しやすい特性があるようです。とは言え、県内の大部分のコゴミは新基準値を下回っています。


コシアブラ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 コシアブラについても、宮城県北地方では気にする必要が無いと思われますが、データサンプルが少ないため、今後のデータ蓄積が待たれるところです。

[2012.6.10 総評] 宮城県では6月10日までに登米市、栗原市、大崎市、南三陸町、気仙沼市、七ヶ宿町で採取されたコシアブラから新基準地以上の放射性セシウムが検出され、出荷が自粛されました。他の山菜に比較し、コシアブラは著しく放射性セシウムを吸収しやすい特性があるようです。この傾向は福島県の結果を見れば、なお顕著であることがわかります。


シドケ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 シドケもコシアブラ同様で、今後のデータ蓄積が待たれるところです。

[2012.6.10 総評] シドケは宮城・福島とも、新基準地を上回る放射性セシウムが検出されておらず、放射性セシウムを吸収し難い特性があるようです。安心な山菜の代表と言えます。


・タケノコ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 タケノコについては、宮城県だけでもデータが蓄積されているため、リンクで紹介するマップでは宮城県のみの表示としています。タケノコは山菜の中でも放射性セシウムの含有量が高く、宮城県北地方であっても新基準値100ベクレルを超過するものが出てくるかもしれません。要注意と言えます。

[2012.6.10 総評] 宮城県では、県南部の白石市と丸森町で採取されたタケノコから新基準地を上回る放射性セシウムが検出され、出荷が自粛されました。また平成23年には加美町で100ベクレル以上のタケノコが検出されています。調査結果から考察すれば、タケノコが吸収する放射性セシウムはコゴミと同程度のように思われ、宮城県南はもとより、県北地域のタケノコノの多くは、新基準ギリギリの値になっていると想像されます。


タラノメ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 タラノメもコシアブラ同様で、今後のデータ蓄積が待たれるところです。

[2012.4.29追記] 2012年4月では、福島県でいくつかタラノメの調査が追加となっています。いずれも空間線量の高い地域での調査であり、この結果から宮城県北部産タラノメのセシウム量を推測するのは難しいところですが、新基準値を超過することも十分にありうるように感じます。

[2012.6.10 総評] 宮城県では、大崎市で採取されたタラノメから新基準地を上回る放射性セシウムが検出され、出荷が自粛されました。それ以外では、新基準値を超えるものは採取されていません。タラノメの放射性セシウムは福間県の結果を見ても、それほど高くなく、コシアブラと対照的です。ホットスポット的なところ以外のタラノメであれば、まずまず新基準値を下回りそうです。


ウド  [放射線マップ]2012.6.10更新
 ウドは宮城県北地方では気にする必要が無いと思われます。

[2012.6.10 総評] 宮城県では、アイコやシドケ同様に、あまり放射性セシウムを吸収しないと思われるのがウドです。県内で採取するウドは放射性セシウムを気にする必要はなさそうです。


・ワラビ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 ワラビも宮城県北地方では気にする必要が無いと思われます。

[2012.6.10 総評] 平成24年度になって、ある程度ワラビのデータが出揃ってきました。アイコやシドケほどではありませんが、県内ではまずまず新基準値を下回りそうな結果です。


ゼンマイ  [放射線マップ]2012.6.10更新
 ゼンマイも宮城県北地方では気にする必要が無いと思われます。

[2012.6.10 総評] ワラビ同様、平成24年度になってある程度データが出そろい、ゼンマイの傾向も見えてきましたが、ワラビほど放射性セシウムは低くなく、平成24年には気仙沼市、大崎市、丸森町で基準値越えし、出荷が自粛されています。


ハワサビ  [放射線マップ]2012.6.10更新

[2012.4.29追加] 2012年4月では、新たに宮城県でハワサビの調査結果が追加となりました。福島県でもハワサビのデータはありますが、サンプル採取時期から野生のものか施設栽培のものか区別がつかないため、マップには宮城県のデータのみ掲載しています。で、調査結果ですが、サンプル数は少ないものの、宮城県北地方でも放射線量の高い栗原市のハワサビも新基準値以下となっているため、決して低い値ではありませんが、県北地方のハワサビのだいたいは新基準値以下に収まるのではないでしょうか?

[2012.6.10 総評] ハワサビはゼンマイと同程度の放射性セシウムが検出されており、ちょっと高めです。




 以上、今年の山菜の放射能について予測を立ててみました。
 ざっと、主な山菜について予測してみましたが、タケノコは要注意とは言え、それでも過半は新基準値内に収まるように感じます。
 シドケ、タラノメ、コアブラは今後のデータ蓄積が待たれるところですが、少ないとは言っても福島県のデータを見る限りは、宮城県北地方では神経質になる必要は無いように感じます。

 そして何より以上の考察は、あくまで原発直後の時期にサンプルを採取して得られた結果を基にしています。
 原発事故から1年が経ちました。その間、大地に降り落ちたセシウムは雨で流され、今年の大雪による凍結溶解で洗われ、植物体に吸収される有効セシウムは予想以上に減少しているのではないかと思うことがあります。

 たとえセシウム137の半減期が30年だと言っても、自然の回復力も相当あるのではないかと期待しているのでありました。

 もう一つ、山菜で注意すべきは、あく抜きをするのに「灰」の利用を避けること。宮城県でも薪の灰などには、数千ベクレルの放射性セシウムが濃縮している場合がありますで、可能な限り「灰」の利用は避けたほうが良いかと思います。



(注)この予測はあくまで個人ブログにおける独研究に基づきますので、その活用にあたっては、活用者本人の責任により行ってください。


 

人と自然の仲立ち米、遠藤水田の放射能調査結果 


石巻市の遠藤水田「人と自然の仲立ち米」からお知らせです。

 遠藤水田の平成23年作の放射能調査結果が出ました!

 結果の概要は次のとおりです。

【籾殻について】

 検査結果:セシウム137、134いずれも「不検出」

 ただし、検出下限値はそれぞれ3ベクレル、2ベクレルで、これから考えればもみ殻の放射能は最大で1kg当たり5ベクレル以下と評価されます。

【玄米について】

 検査結果:セシウム137、134いずれも「不検出」

 ただし、検出下限値はいずれも1ベクレルで、これから考えればもみ殻の放射能は最大で1kg当たり2ベクレル以下と評価されます。

【精白米について】

 検査結果:セシウム137、134いずれも「不検出」

 ただし、検出下限値はいずれも2ベクレルで、これから考えれば精白米の放射能は最大で1kg当たり4ベクレル以下と評価されますが、玄米の放射能が最大で2ベクレル以下と評価されてますので、これから精白米も最大で2ベクレル以下と評価されます。

 さらに既存の研究結果では、精白米/玄米のセシウム移行比は0.4との結果が得られていますから、玄米の放射能が最大で2ベクレル以下と評価されるなら、精白米は

 2ベクレル以下×0.4=0.8ベクレル以下

と評価できます。

 いずれにしても、4月から始まる放射能の新基準値(1kg当たり100ベクレル(乳児50ベクレル)を大幅に下回る結果です。

 ちなみに、人類が核分裂の技術を手に入れる前から、自然界には放射性カリウムが存在しており、これが精米で10ベクレル/kg、玄米で30ベクレル/kg程度含まれています。

 食品に含まれている放射能がどの程度なら安心できるのか? といった質問を受けることも多いのですが、このような自然由来の放射能と比較してみるのも、一つの方法かと思います。



[放射性物質の調査状況について]

 遠藤水田の放射能調査の結果詳細は、こちらをご覧下さい!

只今、遠藤水田では平成24年産のササニシキ
 農薬と肥料を使わず、不耕起栽培 
のネット販売を受け付けしております。




 農薬を使わないササニシキネットワーク「ササライス」

 

安全安心のために考える放射性物質Q&A 


 こんばんは、田鴨です。

 先日、木村家におじゃまし、放射性物質について、いろいろとディスカッションしました。

 その記録をこちらのページにまとめてみました。



tagamosyuhukamo[1]




 放射性物質について、私の理解できる範囲で解説してみましたが、食卓で交わされたQ&Aなので、一般の方々にも、わかりやすい内容になっているかと思います。

 被災地から離れた方々に、読んでいただけたら幸いです。



 

「宮城米 知事が安全宣言 放射性物質検査終了」をどう考える? 


以下、河北新報記事(2011/9/30)から引用



 宮城県は29日、2011年産米の放射性物質検査が終了したと発表した。(中略)村井嘉浩知事は、県内全域で安全性が確認されたとして、県産米の安全を宣言し、販売促進に全力を挙げる考えを示した。(中略)
 県は、本検査を1950年当時の旧市町村単位で実施。97.6%に当たる372地点で「不検出」だった。白石市(旧越河村)、気仙沼市(旧津谷町)、栗原市(旧栗駒村、旧岩ケ崎町、旧鳥矢崎村2地点、旧文字村、旧大岡村、旧津久毛村)で101.6~20.3ベクレルが検出されたが、国の暫定基準値(500ベクレル)を大幅に下回り、重点調査区域に指定される200ベクレルにも達しなかった。(中略)
 岩手県が全33市町村で実施したコメの放射性物質調査で、セシウムは検出されず、同県産米は29日、初出荷された。
 福島県では、22市町村が出荷可能になり、一部出荷が始まった。予備検査で、二本松市の1地点で暫定基準値と同じ放射線量が検出され、県は市内の検査地点を急きょ追加し、調べている。





 宮城県内の新米ではセシウムが検出された地域もあるが「不検出」であっても検出限界は20ベクレルである。このため「検出地域」と「不検出地域」、それぞれのセシウム値にどの程度の差があるのか、評価するのが難しいところ。

 この差を評価するために、地表面や土壌から検出されたセシウム値が目安になると考え、以下に

 ・航空機から調査した地表面のセシウム
 ・水田土壌から検出されたセシウム
 ・平成23年産米から検出されたセシウムの調査結果

をマップに取りまとめてみた。



P8280014.jpg





 なんにしても新米の放射性物質含有量の大小を評価するためには、「米」単独では評価できず、肉や魚や野菜や水や・・・外部から受ける放射線量など、それら諸々の被爆要因をトータルした値でなければ、評価のしようが無いと考える。

 それで、試算したのがこちらのページであるが、結果だけ言えば、米の場合、kg当たり40ベクレル程度の値なら、その他食品や要因からの被爆量を合計しても年間被爆量は1ミリシーベルト以下となる。 1ミリシーベルト以下なら、これを日本の自然被爆量(1.5ミリシーベルト)に加えても、世界平均の自然被爆量(2.5ミリシーベルト)に届かない。

 とは言え、空間からの外部被爆が大きい地域もある。そういった地域の年間被爆量は2.5ミリシーベルトを超過する場合があり、それが福島県だ。

 もっとも2.5ミリシーベルトを超過したとしても、世界平均の自然被爆量より高い値となるだけで、健康への影響がどの程度生じるかは明らかでない。(現段階で明らかなのは100ミリシーベルトで以上で癌の発症率が1~0.5%となることだけ。)

 しかしながら健康被害が想定し難いとしても、従前より1ミリシーベル以上の放射線量が高くなる地域の人達は社会的リスクを背負うから、その補償を受ける権利があるはずと考えるのである。

 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。