スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

2013年 春の雪 

 2013年4月21日、宮城県に雪が降る。

 2011年の4月17日にも遅い積雪がありましたが、今年のそれは4日遅いだけでなく、本格的な積雪でもありました。



P4210096.jpg



P4210099.jpg



P4210102.jpg



P4210105.jpg




 ニュースによると、今回の積雪は1947年以降の季節はずれの積雪とのことです。

 1947年は水害年で、この年にはカスリーン台風が襲来し、関東や東北地方に大きな水害の被害をもたらしました。

 今一度、昨年暮れから今春まで、宮城県の気候の特徴を記録しておきます。

 昨年の11月は早い時期から積雪があり、12月も例年に比較して雪が多く降りました。
 年が明けてからも結構な積雪があったような印象を受けますが、それも1月までで、2月からは積雪が少なくなっています。

 「確かに、雪は降るが、すぐ解ける。地温が高いからだ。」

 この頃、このような会話を交わした記憶がありますが、例年であれば根雪が覆う2月の水田も、今年は雪が降る割にはすぐに黒い土か現れ、思いの外、2月は雪の勢いが少なかったようです。

 そして3月です。

 改めて気象庁の統計記録を見てみると、今年の3月は記録的に降水量が少なかったようです。これが今年の天候にどう影響してくるか?

 このような気象で一般に懸念されるのは山の積雪が少ないことが原因による夏の水不足です。
 しかし私はむしろ、今年の夏は雨が多くなるような気がします。なぜなら今年は平成5年、平成15年と10年周期で続いた冷害年の当たり年になるからです。

 もう一つ、今年の3月には大崎市で記録的な強風を観測し、4月にも何度か季節外れの低気圧がありました。
 これも記憶に留めるべき、今年春の気候の特徴でした。



    
レストラン「ライスフィールド」
    


ライスフィールド トピックに戻る

スポンサーサイト
 
カテゴリ : 稲作と気象
2013-04-28(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

福寿草の開花、カメムシが占う豪雪とお米の品質 


 ライスフィールドに福寿草の花が咲いていました。

 本日は3月25日、例年であれば3月3日頃に咲くライスフィールドの福寿草ですから、だいぶ遅い開花となります。

 とは言っても、笹の下に隠れていたので、もう少し前に咲いていたのかもしれません。




P3250004.jpg



 常連の爺さんに聞いてみたら、爺さんの自宅では一週間前頃に福寿草が咲いていたとのことですから、ライスフィールドの福寿草も3月20日頃には咲いていたのでしょうか?

 それだって、例年よりも2週間以上遅い開花です。

 やはり、1~2月の積雪が例年よりも多く、また3月も思いの外、寒い日があったため、開花が遅れたのかもしれません。昨年の寒い3~4月を思い出します。



P3250005.jpg




 1月中~下旬頃の気温の変化から、その年の気候を占う「寒だめし」というのがあり、ある人が今年の寒だめしをしたところ、今年の夏は冷夏になるとのこと。

 私自身は、この寒だめしをあまり良く理解していませんが、冬にたくさん降雪があった分、今年の夏は雨が少ないと予測しています。
 また、今年の1~2月の豪雪は平成18年豪雪と良く比較されますが、確か、平成18年作の米の出来映えは品質が良かったはずと思い、調べてみたら確かにそのとおり。

  高品質米産出年における「収量構成要素」等の特徴
※ 宮城県古川試験場では平成18年を1等米比率が90 %を超えた高品質米産出年にしています。
 さらに、平成18年はカメムシが少なかったはずと思い出し、調べて見ると同じく。

  宮城県における斑点米カメムシ類及び斑点米被害の発生動向

 平成18は、その前後の年に比較してカメムシの発生が少なくなっています。
 もっとも上記リンクでは、斑点米の落等率の年次推移も示しており、これを見る限りは、カメムシが少なくとも、斑点米はさほど減ってない結果になっています。

 もう一つ、おもしろいのは「豪雪 カメムシ」で検索したら、平成23年12月頃に秋田県で越冬カメムシが大量に飛来し、豪雪の前触れでは?
 と、記事をにぎわせていること。今さらですが、この予想はズバリ的中しています。

 この「米の品質」と「カメムシ」、「豪雪」は、それぞれ関連していると思われ、豪雪になると越冬できるカメムシが減る。あるいは、越冬できる場所に退避しようと、にわかに特定の場所に大量のカメムシが現れる。

 なぜカメムシが豪雪を予感し、退避しようとするのか不思議ですが、何にしても水田の周辺から越冬カメムシが数を減らし、結果として、豪雪明けの年は、良い品質の米が収穫できるのではないかと、そういった自然のメカニズムが働いているように感じます。

 平成24年の稲作を占う、平成18年の稲作

 ようやく思い出しましたが、宮城県の石巻市で農薬を使わない稲作を続ける遠藤農園に、平成18年の稲作を記録してました。今年の気候を占う、参考にしてください。

  平成18年の田んぼ歳時記

  平成18年の稲作写真記録



           
レストラン「ライスフィールド」
           



ライスフィールド トピックに戻る



 農薬を使わないササニシキネットワーク「ササライス」
 農薬と肥料を使わないササニシキを全国にお届けします。




 
カテゴリ : 稲作と気象
2012-03-25(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

地震の確率変動? 


 昨日の夕方、津波警報のあった三陸沖の地震以降、三陸沖と千葉県東沖で地震が群発しています。
これは3.11の前兆となった群発地震と似たような感じで、ちょっと不気味です。

 地震の回数は3.11以降、ロングテールで確実に減少してきましたが、M5以上の地震に限って言えば、1~2月は若干だけ増加気味でした。3月については昨晩の群発地震で、一層増加気味となります。

 地震の予想など当たることは無いのが常ですが、少し気になるので、本日は機会あるごとに東方の空を眺め、前回観測できたような地震虹が見られないかどうか、注視したいと思います。

 
カテゴリ : 稲作と気象
2012-03-15(Thu) | コメント : 0 | トラックバック : 0

2011年、今年の夏の暑さを予想してみます。 

 今さらの話になりますが、猛暑が特徴的だった昨年の気候について、各月毎の気温を振り返ってみると・・・

▼2010年の気温変化振り返り

 3月は例年とあまり変わりない平均気温ですが、少し不安定

 4月に入ると遅い積雪を記録するなど、近年希に見る低温の春となりました。
 5月に入り、少しずつ気温は回復してきましたが、寒い春から寒い夏を予感し、稲作の冷害を予感する人が多くいたことを記憶しています。

 この、「春が寒いから夏も寒い」との予想ですが、個人的には少々単純すぎる考えだなと感じ、そのため客観的に夏の気候を予想しようと考えてみました。
 方法は、気象庁が記録する過去の月平均気温(仙台地点での観測データ)と予想年の毎月の気温変化の相関を検証しながら予想するものです。

 そうしたところ、昨年2010年の3~5月の特徴的な気温は、1978年のものと良く相似しております。 そして、1978年は寒い春から猛暑の夏に変遷していたので、2010年もやはり猛暑になるだろと予想したところ、結果は予想通り。

 ちなみに、1978年(昭和53年)は、宮城県沖地震のあった年で、今年は東日本大震災がありました。
 今年の震災は宮城県沖地震に比べれば、だいぶ規模が大きいわけですが、気候と地震のサイクル、なんとなく関連していそうな印象も受けます。

 仮に、気候と地震が太陽活動を原因として変化しているならば、気候と地震のサイクルについて相関が出てくる理屈になりますのが、この分野はまだまだ未知の世界なので、気候と地震の関連については、このくらいで止めときます。

 いずれにしても、昨年の猛暑予想がうまくいったので、今度は秋以降の気候変化も予想してみました。
 予想した時期は記録的猛暑が続く8月で、やはり1978年の気温変化と相似であろうとの考えから、9月以降、気候は急激に涼しくなると予想しました。
 しかし、昨年2010年は残暑が強く、決して、涼しい秋といった感じではなかったと思います。
 つまり9月以降の気候については、私は予想を外してしまいました。



P6290003.jpg

2011.6.29撮影
大衡村大衡城から七ツ森北側を望む


 写真中央に写る横に長い雲が地震雲的だったので撮影。もっとも、この雲の方向に断層など地震の震源となる場所は無く、もちろん地震も発生しませんでした。



 さて、今年の夏の予想です。
 現段階で特徴的なのが「寒い3月と暑い6月」の今年の気候ですが、この暑い6月を根拠とし、7~8月も猛暑となると予想する人が多いようです。しかし、私は昨年同様、この予想に単純すぎる印象をうけています。

 それで、やはり今年も、昨年と同じ、今年の気温変化と相似の年を探し、そこから今年の夏の気温を予想してみました。

 やっぱり「寒い3月と暑い6月」と同様の年がありました。それは1980年です。
 で、1980年の気温変化から予想するに、

 「今年の夏はあまり暑くない、むしろ冷夏に近い」

と予想してみます。

 この1980年は、昭和で言えば55年。この年はその後昭和57年まで続く、冷害期間の初年にあたります。

 もっとも現在は、その頃の稲作に比較して技術が変化しており、必ずしも、稲作は冷害になるとは予想しませんが、とりあえず気温で言うなら、今年は「冷夏に近い夏となる」が私の予想なのでした。

 
カテゴリ : 稲作と気象
2011-07-02(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

地震虹?観測(2011年6月30日18:51) 


日時:2011年6月30日 18:51
場所:宮城県加美町 イオンセンター 東側付近の農道から撮影



コピー ~ 110630_185129


 写真で撮れば、画像中央に微かな明かりが写るだけですが、実際にはもっとはっきり見えてました。



コピー ~ コピー ~ 110630_185129


 中央の微かな明かりを拡大したのが、この写真。
 携帯カメラで撮影したので見たままには撮影できませんが、縦にまっすぐ延びる虹が眺められました。
 たぶん、これが地震の前兆と言われる虹なのだろうと思っていたところ、案の定、30分ほど経ってから19:22分に地震発生。震源は福島県沖でマグニチュード5.3

 自宅に戻り、写真に映る家屋とグーグルの航空写真から「地震虹」と思われる方向を地図におとしてみた。



地震虹観測


 赤丸が写真撮影ヶ所、矢印が、写真を撮影した方向を延長したもの、「×」は19:22発生地震の震源地


 おおよそ、地震虹と思われる方向と震源が合っている。
 ただし、一方向からしか撮影していないので、撮影ヶ所から震源虹までの距離が不明。

 もし誰か別の場所でこの虹を撮影し、その方向がわかれば、それぞれの方向が交わる交点から地震虹の場所が特定され、震源との位置関係をさらに考察できるのにと思う。



 
カテゴリ : 稲作と気象
2011-06-30(Thu) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。