スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

もみ殻が薪になる? 田でん虫むし・・・ 


石巻市の木村水田からお知らせです。


                       
 もみ殻固形燃料モミガライトの製造実演会実施について 
                       



日時:2012年2月28日 9:00~14:00
2012年2月29日 9:00~15:00


場所:宮城県石巻市和渕字清水93-1
「株式会社 田伝むし」


主催:株式会社 田伝むし 代表取締役 木村純

共催:株式会社 青森リース(青森県十和田市)
NPO法人 モミガラパワー(秋田県にかほ市)
株式会社 トロムソ(広島県尾道市)



【デモ開催の目的】
 東北地方で毎年繰り返し大量に発生するもみ殻を固形燃料モミガライトに変化させ、燃料としての普及拡大を加速させる。
 東北地方の農業法人、市町村役場、JA(農協)などの団体に率先してモミガライト製造事業に参入してもらい、各地域の未利用もみ殻および、低付加価値利用されてきたもみ殻をエネルギーに変換させ、地域での活用を促す。



110315-4.jpg

もみがらを集成して薪にしました。




 
 さて、前回記事ではライスフィールドの薪と放射性物質の関係について記しましたが、それでは木村水田のもみ殻を材料にして薪にする場合、どの程度のセシウムが集積するか試算してみます。

 木村水田の平成23年作米では、放射性セシウムは不検出でした。
 ただし、調査下限値は1~2ベクレルなので、これからお米のセシウム量をCs137-1ベクレル/kg、Cs134-1ベクレル/kgとして、合計2ベクレル/kgに設定してみます。

 既存の試験データでは「もみ殻」と「精米」に移行するセシウム量は同等とされ、そして一粒の「もみ殻」:「精米」の重量比は 4:17 とされています。これから計算すると、もみ殻のベクレル料は

 2ベクレル/kg×17÷4=8.5ベクレル/kg

そして、灰になると重量は1/200になるとされていますから、

 一般的に灰の重量は薪の1/200となりますが、籾殻は不燃物のケイ素分が多く、そのため灰の重量は籾殻薪の1/6程度にとどまるようです。

その焼却灰のベクレルは

 8.5ベクレル/kg×200  61,700  51ベクレル

になると予想されます。



 実際に木村水田産の籾殻を集成して加工した籾殻薪の放射能を測定したところ、放射性セシウム134と137の合計は、

 84.69±17.76 ベクレルでした。

[測定日 2012/03/02:測定者名小さき花SSS ISHIMORI]





 8,000 100ベクレル以下なので、一般廃棄が可能な 肥料として使える400ベクレル、さらには食品の新基準値以下のレベルに留まります。

 そして、田んぼに残留していたセシウムも除去できるので、一石二鳥ですね!

 もし藁で薪が集成できたら、その移行量は十倍大きいので、もっと効果的に除染できるかもしれません。



(注意)上記記載事項のうち、茶文字ヶ所については、2012年3月2日の放射能実測値の結果に基づき、同年3月4日に修正しております。

[放射性物質の調査状況について]

・木村水田の平成23年作米では、放射性セシウムは不検出でした。

・ 宮城県内の放射性物質調査の結果と木村水田の位置関係については、こちらをご確認ください。




平成23年産の新米出荷しております。
 田でん虫むし田んぼのお米 



 農薬を使わないササニシキネットワーク「ササライス」

スポンサーサイト
 
カテゴリ :
2012-02-04(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

薪を提供してもらいました!仙台市周辺から 


仙台市周辺などの薪情報を発信する「仙台薪生活」からお知らせです。

 仙台薪生活は、薪ストーブ生活を便利にするために開設したサイトですが、薪ストーブ生活者が協力しあえば、薪確保の可能性も広がるかもと考えてます。

 先日、知り合いから薪提供のお誘いがあったので、薪生活者仲間と一緒に薪をもらいに行って来ました。仙台薪生活、初めてのイベントです。

 場所は仙台市近隣の住宅地、もともと農村だっところが宅他開発され、ポツリと残った農家住宅が提供場所です。

 提供者のお話によると、家を新築するため、納屋に保管していた薪を処分しなければならなくなったので、ほしい人に提供したいとのことでした。










提供いただいた薪です。杉の角材などを小割したもので、火持ちは広葉樹系に及びませんが、たき付けにはうってつけです。












5人で薪を運び出し、
各々の自家用車に積み込みました。






 薪は予想よりも大量にあったので、思ったほど搬出できませんでしたが、提供された方は全部持っていってもらいたかったようで、ちょっと残念そうにしてました。

 提供する側、される側とも事前に提供可能量、搬出可能量、材質を確認しておくことが大切ですね、これが今回のイベントの教訓です。
 とりあえず、薪を提供いただいた方、どうもありがとうございました!

 薪搬出後、今回参加し方々と一緒に、ファミレスでコーヒーすすりながら、薪ストーブの管理方法などについて情報交換し、解散しました。

 また何か薪の提供情報あったら、薪を取りにいきたいと思います。





      仙台市周辺で薪生活を営む方々を対象にした仙台薪生活アンケートに協力いただいた方々に、薪提供情報を配信しています。








               
    不要な薪の提供情報を探しています!
    「仙台薪生活」

               
     






     
    カテゴリ :
    2010-03-07(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

    ペレット・炭・薪のある暮らしへお誘い!「くりこま田舎カフェ」開催 

     こんにちは、田鴨です。
     2月6日開催、仙台市泉区で開催された薪ストーブイベント
     「冬のアウトドア・ランチパーティー」に続き、2月20日には同じ宮城県の栗原市栗駒で「くりこま田舎カフェ」が開催されました。

     ペレット・炭・薪のある暮らしへお誘い!です 

     イベント概要は以下

    日時:平成22年2月20日(土)10:00~15:00
    場所:栗原市栗駒文字 「多世代はうす 文字倶楽部」
    主催:NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所
    内容:
     森林の荒廃を抑制するため、「木質バイオマス」の有効利用に注目し、薪や木質ペレットなどの利用を広げるためのPR、ついでに各種催し物を用意。










    場所は風情あふれる山村、栗駒文字です。
    写真の奥の家屋が
    「多世代はうす文字倶楽部」








    栗原市内などから、
    たくさんの親子連れの参加者が、
    集まり、「火」を楽しんでいきました。









    こちらは、薪を燃料にした石焼き窯
    ピザが絶品です。








    こちらは、たき火であぶった焼板をベースに
    どんぐりや松ぼっくりを飾り付ける
    オブジェ工作体験です。





    主催:NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所


     仙台市泉区で開催された「冬のアウトドウ・ランチパーティー」、今回の「くりこま田舎カフェ」とも、燃料としての木材利用をテーマにしています。

     バイオマスエネルギーと言えば、なんとなく難しそうなハイテクをイメージしますが、シンプルだけど意外と二酸化炭素排出抑制にも効果があるバイオマスエネルギーが「薪」だと感じています。
     
      薪利用生活のCO2削減効果の試算

      薪でCO2排出削減25%達成・・・できるかな?

      持続可能なエネルギー源としての広葉樹林


     参加者の方々と焼き芋を食いながら、持続可能なエネルギーとしての薪利用について話し合ったりもしましたが、薪など木質エネルギーは、単にCO2削減だけでなく、森林保護にもつながっていくので薪ストーブや木質ペレットストーブにはいろいろな可能性が秘められていると感じました。

     なんといっても自給自足のエネルギー地産地消のエネルギーとして、薪や木質ペレットは魅力的だな思います。
     
    カテゴリ :
    2010-02-21(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

    薪ストーブイベント「冬のアウトドア・ランチパーティー」in仙台 レポート 

      こんにちは、田鴨です。

     薪ストーブイベントとして、仙台市泉区の仙台市泉区のWILD-1 で開催された


     「冬のアウトドア・ランチパーティー」


    に参加してきましたので、写真でレポートします。

    とりあえず、概要

    日時:平成22年2月6日(土)10:00~15:00
    場所:仙台市泉区のWILD-1
    主催:NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所
    内容:
     森林の荒廃を抑制するため、「木質バイオマス」の有効利用に注目し、薪や木質ペレットなどの利用を広げるためのPR、ついでに各種催し物を用意。








    仙台市では数年ぶりの厳寒の中で
    イベントが開催されました。









    薪割り体験です、
    薪がスパッと割れるのは快感です。









    木材に親しむ催しとして、
    バードコールやマイ箸作りなども行われました。









    地吹雪が舞いつららが出来る厳寒の中、
    炎の暖に手をかざせば、ホッとします。





    主催:NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所

     
    カテゴリ :
    2010-02-21(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

    森の再生過程 

    こんにちは、田鴨です。
    先日、知り合いの林業関係者と一緒に森林伐採地をいくつか訪ねてみました。
    以下に伐採経過年と森の状況を報告します。


    伐採後0年の切り株です。


    伐採後2年の切り株です。


    伐採後4年の切り株です。


    伐採後7年の切り株です。


    伐採後0年の森林です。


    伐採後2年の森林です。


    伐採後4年の森林です。


    伐採後7年の森林です。

    いずれも宮城県黒川郡付近の森林です。

    ライスフィールド トピックに戻る 



    JUGEMテーマ:自然


     
    カテゴリ :
    2008-03-12(Wed) | コメント : 1 | トラックバック : 0
    弊ブログおすすめ
    本ブログ登場の方々がお届けします

     農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

    B_kumattkofarm.gif

    仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

    【2012年産の新米 出荷開始】

    B_fureaiS.gif

     いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
    宮城県色麻町から

    【2012年産の新米 出荷開始】

    B_bamboo_20120319235249.gif

     自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
    宮城県色麻町から

    【2012年産の新米 出荷開始】

    B_woodartbag.gif

     でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
    宮城県石巻市和渕から

    プロフィール

    2010tariki

    Author:2010tariki
    【問い合わせ先】

    メールは以下の
    「A+B+@+C」
    になります。
    A=tarikino
    B=tunagari
    C=infoseek.jp

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。