スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

平成24年、春強風による森の再生?熊出没との関係は? 


 5月27日、山の友人と雁戸山に登山、最近、毎朝ヒンズースクワットしているためか、久々の登山でも足取りが軽い、最初のうちはスキップ感覚で山を登れた。

 途中、残雪が残る斜面を過ぎると、もう少しで頂上に達するが、最後に岩盤登りコースがある。体全体を使っての登りとなるが、やはり最近始めた毎朝の懸垂運動の効果があり、いい感じで登れる。その後、さらに向こうのピークを登って、そしてまた帰ってきました。



P5270073.jpg



 朝8時に登山開始で、下山したのが午後3時半過ぎ、休憩を除いても、6時間近くは歩きづめでしたから、さすがにくたびれました。それにしても山の友人、60を越えるのに、バテずに登り切るからさすがです。(正直に言うと途中バテて、二人で山の高原に寝転がり、山形を眺めてました。)

 途中、下山時に気がついたことがあり。ブナの幹や枝がたくさん折れている。

 なぜだ・・・と思ったが、感づいたことがある。それは今春に2度ほど、宮城を襲った強風。たぶん、あの風で、枝が折れたのでしょう。


P5270097.jpg




 あの季節に、あの強風は異常だと誰もが言ってましたが、この風、たぶん、ブナの森には良い影響をもたらすと予想します。それは、寄生虫によるブナ枯れの抑制。

 ナラ枯やブナ枯れは木々の枝が密接に錯綜することで、寄生虫が過度に繁殖する条件が出来てしまい、生じるのだと聞いたことがあります。

 なるほど、稲作もそれは同じ理屈で、稲の密植は種々の病害発生の原因となります。もう一つ付け加えれば、昨今、世間を騒がすことの多い鳥インフルエンザ問題にしても、養鶏場で鳥を高密度に飼育することに根本的問題があるように聞いています。


P5270101.jpg



 何事も、過繁茂はよろしくないわけで、つまり強風でブナの幹や枝が折れたことは、結果として過繁茂たったブナの枝をそぎ落とし、ブナ枯れがし難い森を作ったのだと思うわけです。

 ちなみに、仙台市周辺では今年の五月中旬頃から熊の目撃例が相次いでます。これも、たぶん、強風の影響で、森の環境が変化したことに原因が求められるのではないでしょうか?

スポンサーサイト
 
カテゴリ : 森林
2012-06-10(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

もみ殻が薪になる? 田でん虫むし・・・ 


石巻市の木村水田からお知らせです。


                       
 もみ殻固形燃料モミガライトの製造実演会実施について 
                       



日時:2012年2月28日 9:00~14:00
2012年2月29日 9:00~15:00


場所:宮城県石巻市和渕字清水93-1
「株式会社 田伝むし」


主催:株式会社 田伝むし 代表取締役 木村純

共催:株式会社 青森リース(青森県十和田市)
NPO法人 モミガラパワー(秋田県にかほ市)
株式会社 トロムソ(広島県尾道市)



【デモ開催の目的】
 東北地方で毎年繰り返し大量に発生するもみ殻を固形燃料モミガライトに変化させ、燃料としての普及拡大を加速させる。
 東北地方の農業法人、市町村役場、JA(農協)などの団体に率先してモミガライト製造事業に参入してもらい、各地域の未利用もみ殻および、低付加価値利用されてきたもみ殻をエネルギーに変換させ、地域での活用を促す。



110315-4.jpg

もみがらを集成して薪にしました。




 
 さて、前回記事ではライスフィールドの薪と放射性物質の関係について記しましたが、それでは木村水田のもみ殻を材料にして薪にする場合、どの程度のセシウムが集積するか試算してみます。

 木村水田の平成23年作米では、放射性セシウムは不検出でした。
 ただし、調査下限値は1~2ベクレルなので、これからお米のセシウム量をCs137-1ベクレル/kg、Cs134-1ベクレル/kgとして、合計2ベクレル/kgに設定してみます。

 既存の試験データでは「もみ殻」と「精米」に移行するセシウム量は同等とされ、そして一粒の「もみ殻」:「精米」の重量比は 4:17 とされています。これから計算すると、もみ殻のベクレル料は

 2ベクレル/kg×17÷4=8.5ベクレル/kg

そして、灰になると重量は1/200になるとされていますから、

 一般的に灰の重量は薪の1/200となりますが、籾殻は不燃物のケイ素分が多く、そのため灰の重量は籾殻薪の1/6程度にとどまるようです。

その焼却灰のベクレルは

 8.5ベクレル/kg×200  61,700  51ベクレル

になると予想されます。



 実際に木村水田産の籾殻を集成して加工した籾殻薪の放射能を測定したところ、放射性セシウム134と137の合計は、

 84.69±17.76 ベクレルでした。

[測定日 2012/03/02:測定者名小さき花SSS ISHIMORI]





 8,000 100ベクレル以下なので、一般廃棄が可能な 肥料として使える400ベクレル、さらには食品の新基準値以下のレベルに留まります。

 そして、田んぼに残留していたセシウムも除去できるので、一石二鳥ですね!

 もし藁で薪が集成できたら、その移行量は十倍大きいので、もっと効果的に除染できるかもしれません。



(注意)上記記載事項のうち、茶文字ヶ所については、2012年3月2日の放射能実測値の結果に基づき、同年3月4日に修正しております。

[放射性物質の調査状況について]

・木村水田の平成23年作米では、放射性セシウムは不検出でした。

・ 宮城県内の放射性物質調査の結果と木村水田の位置関係については、こちらをご確認ください。




平成23年産の新米出荷しております。
 田でん虫むし田んぼのお米 



 農薬を使わないササニシキネットワーク「ササライス」

 
カテゴリ :
2012-02-04(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

路傍の紅葉 


 こんにちは、11月3日、文化の日の紅葉模様です。

 場所は、船形山麓への路傍。
 あまり車の往来がある場所ではありませんが、秋の静けさと寂寥感が、いっそう紅葉を暖かく輝かせます。

 まるで一枚々の紅葉が何かを語りかけてくるようです。



canvase.jpg



canvase2.jpg



canvase4.jpg



canvase5.jpg




もう半月後には、この路も通行止めになるでしょう。

山の木々、冬ごもり前の灯火です。


 
カテゴリ : 花と木々
2011-11-05(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

今年の桜と万葉集 

 こんちは、田鴨です。

 「そちらの桜は満開ですか?」

 とコメントいただき、そう言えば満開だなと思い出しました。

 毎日路上で見てるんですが、震災以降、まだ3月を引きずっている感じで、季節の移ろいに目が行ってませんでした。

 こちら(宮城県大和町)も桜は満開です。



P4290024.jpg

P4290026.jpg

大和町信楽寺跡入り口から撮影




 今年の桜は、色が薄いとの話を良く耳にします。



P4290032.jpg




 水仙も、小さなうちに咲き始めたとの話も耳にしました。
 震災以後、何か天候の変化が生じ、それが今年の草花の生長に影響を与えているとの話も聞きます。



P4290038.jpg

P4290039.jpg

 水田脇でみかけたアブラナ




 震災と天候の関係には、いろいろ考察が必要なところですが、何となく納得できた話は、地震で三陸沖の地盤が隆起し、それにより海流が変化して海水温が下がったこと。それで気候に変化が生じたとの説です。

 何にしても、草木の移ろいから、自然の様々な変化を感じ取ることができます。

 日本人は昔から、自己の心情を投影して自然の移ろいを眺めてきました。

 万葉集では、そのような風景がたくさん眺められます。

 この時代は仏教も儒教も律令も、未だ庶民の心には届いておらず、人々は四季の移ろいを眺めながら、自然で自由な気持ちを表現していました。

 自然で自由だからこそ、その歌は千年以上の時代を経てもなお、人々の心に感動を与えるのでしょう。


 左に紹介する万葉集入門では、四季折々の風景写真と併せて万葉歌を紹介しています。

 私の写真も一枚、取り上げてもらいました。

 ゴールデンウィーク、新緑の眺めは日々変化していきます。

 万葉の歌を心に抱きながら、春の野山を楽しんでみてはいかかでしょうか?















            

本ブログで紹介した書籍は
「ライスフィールド・ライブラリー」にも置いてます。
一読されたい方は気軽にお声がけください。

            



 
カテゴリ : 花と木々
2011-04-30(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

8年目のめおとこぶし、ピンクと白のめおとで開花です 

 こんにちは、ライスフィールドのマスターです。

 店先に植えた、こぶしが咲きました。

 ピンク(赤)と白が、めおとになって開花です。



P4240026.jpg

P4240032.jpg

P4240035.jpg

P4240036.jpg



 このこぶしは、ピンクの花のこぶしに、白い花のこぶしを接ぎ木したもの。
 両親の金婚式を鳴子で祝い、その時に鳴子の植物園で買ってきた夫婦(めおと)花です。

 ピンクの花は毎年開花していましたが、白い花は8年目でようやく開花しました。

 始めて揃って開花です。

 ようやく夫婦になりましたね。

 長い人生、山あり谷あり、待ってれば、二つで一緒の花が咲くこともあるもんです。



ライスフィールド トピックに戻る


 
カテゴリ : 花と木々
2011-04-25(Mon) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。