スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

書評:偽りの農業「成長戦略」を正せ 

『偽りの農業「成長戦略」を正せ』
月刊Voice 2014年2月号掲載
著者:昆吉則(月刊『農業経営者』編修長)

以下評者:田鴨正路

 「今回の改革、減反廃止ではなく、飼料米作付け転換による主食用米の需給調整なのだ。その転換作物への交付金は法外価格(10アール当たり最大で10万5千円)で、実質的に農協界の全面勝利である。」

 確かに、今回の改革では、生産目標数量の調整は廃止される。その結果として、生産農家は3割減反や4割減反といった一律な減反目標の束縛から解放されることになり、ついに農業界においても自由競争の時代がやってきた。
 良い米を、売れる米を真摯に作ろうとする農家は、減反目標といった不合理な束縛を意識せず、思うにまかせ米が作れるようになる。これは農業生産の自由化である。そう直感的に思われた今回の改革であったが、しかし、内実は相変わらず利権団体保護の域を出ない、看板掛け替え改革なのかもしれない。

 著者が問題とするのは、減反による転換作物に農業のイノベーションが取り入れられていないことだ。例えば近年確立された農法に乾田直播きがある。これを飼料用米に導入すれば、その生産費を半減できるし、法外な交付金を用意せずにすむ。
 そしてもう一つ、飼料用作物のみならず通常の食料作物として将来需要の増大が見込まれるトウモロコシがある。こちらは、飼料用米に比べ1/3で生産可能であり、その収益も10アール当たり4万円をくだらない。

 なるほどと思う。ちなみに乾田直播きについては、私自身、著者の予想とは異なり、除々に広がっていくと予想している。現行の水稲生産体制を直播きに変換したところで、その営農機械体系に大きな変更を強いるわけではない。そして、もし著者者が言うように生産費を半減できるなら、個々の兼業農家は別としても、既存の転作組合が取り組むには魅力的な農法となろう。転作作物については、すでに転作組合への生産集積が進んでいるのである。
 問題は、実際の収益と比較した交付金額の決定をどのように決定し、どう運用していくかにある。この運用いかんによって、農家の経営方針が合理化に歩むか、それとも多額に交付金をもらえる方向に歩むかが変わってくる。もちろん、我々消費者としては、農家の経営方針が「農作物を食べる人(即ち消費者)」に向いてもらうことを願っている。

 転作作物としてのトウモロコシの有望性については、生産機械の転換とともに、新たな販路を獲得できるかがカギとなろう。既存の転作組合よりも一般企業と結びついた新進気鋭の若手農家や、新規就農者向きの作物かもしれない。さらに中山間地農業での懸案となる遊休農地の活用においても、このトウモロコシ栽培は大きな可能性を持っているように思われる。

 ちなみに中山間地の農村は多かれ少なかれ、限界集落の懸念を抱えている。もしかしたら、このような懸念材料が、トウモロコシなど新たな転作作物振興のカギを握るかもしれない。なぜなら、古い集落が崩壊すれば、今までそこにあった多くのしがらみ、農業構造改革の足かせとなってきた、多くの呪縛から解放され、より自由な発想で農業経営を展開できるかもしれないからである。

スポンサーサイト
 

パレスチナからの便り 



 只今、パレスチナに滞在している友人からお便りがあったので、ちょっとご紹介。

 ×    ×    ×    ×    × 



 只今、パレスチナの「難民キャンプ」に来ています。

 こっちに来てから毎日雪ですが、意外なことばかりで、ちょっとお知らせ。

 何が意外かと言うと、パレスチナは平和でそれほど貧しくもありません。




PICT6882.jpg



この写真は、ホテルからみた景色ですが、どこに行ってもこんな感じです。



PICT6876.jpg



 この写真は難民キャンプ。びっくりしません?

 パレスチナのこんな写真見たことないですよね?

 でもこれが現実です。

 パレスチナ人の歴史的苦労はそのとおりだと思いますが、でもパレスチナ人は大体車位は持っているし「石の家」に住んでいます。

 こんな話、日本では誰も言わないですよね? 最近視察に来たイギリスの国会議員も目を丸くして帰ったそうです。このように、パレスチナ難民キャンプは、意外なことに平和です。



PICT6910 (2)



 この写真は、キャンプの中で一番ごちゃごちゃしている所で、左下の入り口から入って5家族が住んでいます。子沢山なので全部で40人位でしょうか。

 狭くて大変と言えば大変だけど、昔の日本でもこんな所があった気がします。この家族の内2人は首都ラマラで仕事をしていて車を持っています。
 それにしても、パレスチナ人は親切で、ぼったくりタクシーなんかもいません。警察も軍もにこやかで賄賂を取ったりしないそうです。



PICT6919 (2)



 この写真は、難民キャンプの淵のすぐ外で、手前の白い建物は難民の人が建てた独立家屋、なかなか立派です。問題はその背景のオレンジ屋根の住宅街で、「イスラエル人入植地」です。

 この地域は、イスラエル軍が時々夜中に難民キャンプの中まで見回りに来るそうで、ちょっと怖い。

 面白いのはこのオレンジ住宅を建てているのが、難民を含むパレスチナ人だということ。一方で、背後のオレンジ屋根に住んでいるのは旧ソビエトから来る「新イスラエル人」や低所得層で、政府の補助金で安価に家が買えるようです。

 パレスチナはこんな感じですね。3.11から一年後の日本はどんな感じでしょうか?

 それでは、また。



 

大和駐屯地陸上自衛隊員の活躍 



3.11の震災では、自衛隊員の力が高く評価されました。

 震災直後、宮城県多賀城駐屯地の自衛隊は迅速に救援準備を完了し、その直後に津波が救援トラックの列を襲いました。

「災害派遣」の幕を貼り付けたまま浸水したトラックの列、その報道に米軍が自衛隊の本気度を確信したと伝えられています。

 大和駐屯地は沿岸部の被災地への最寄りの基地とし、災害対応に存分に活躍したことと思います。

 近所なので、その活躍の一部をお伝えします。
 


P4290006.jpg

平成23年4月28日 大和駐屯地の桜
今年の春は寒く、桜も遅咲きでした。




J02P4290008.jpg

同日、大和駐屯地の入り口




J03.jpg

入り口に災害対応の様子を伝える掲示板が掲げられていました。




J04P4290003.jpg

クリックすると拡大します
レポートの文言が自衛隊らしいですね。




J05P4290004.jpg

クリックすると拡大します




J06P4290005.jpg

クリックすると拡大します






 
 

大和駐屯地創立55周年記念行事 


陸上自衛隊第六師団 大和駐屯地


大和駐屯地創立55周年記念行事開催 
月日:平成23年10月16日(日)
場所:宮城県黒川郡大和町吉岡字西原21-9

自衛隊から頼まれたわけではありませんが近所なのでPRします。



下記は、昨年の様子



jieitai01.jpg


自衛隊祭りでは、地元大和町吉岡の商店も出店し、地域経済にも貢献しています。



jieitai02.jpg

こちらでは、自衛隊の歴代戦車を展示




jieitai03.jpg

こちらは61式戦車、戦後初の国産戦車です。




jieitai04.jpg

こちらはM24チャーフィー軽戦車
61式戦車以前に主力を担った戦車です。




jieitai05.jpg

 74式戦車ですね。現在、大和駐屯地ではこの戦車が主力です。




jieitai06.jpg


 泥濘の不整地を走行する戦車の弱点は、足回りにあると睨みました。輪転部に微細な土粒子が噛んで、走行するほどに輪転部がすり減っていく、不整地車が持つ宿命的メンテの弱点です。
 それにしても、これだけ大きくて重いホイールをどうやって交換整備するのか興味が湧いてきます。



jieitai07.jpg

 こちらは、お約束ですね、戦車試乗体験もあります。







こちらは、戦車試乗体験の動画です。




 宮城県の大和町付近では自衛隊車両を見かけることが多く、駐屯地と王寺原演習場を結ぶ道路をドライブすると74式戦車とすれ違ったりします。

 王寺原演習場は歴史が古く、地元の農家の家に乃木希典将軍が一泊した話が伝わっていたりします。また満州事変の首謀者にして農民兵を気遣った石原莞爾やガダルカナルで苦戦した仙台第二師団も、この演習場で練兵に励んでいたことでしょう。

 戦後は一時米軍キャンプとなりましたが、地元では「せむ」という方言があり、これは「あなたと私は同じ」という意味で、つまり米軍の「same」が方言になって残ったという珍しい例。

 その後、演習場の一部は開拓地として払い下げられ、全国から入植者がありました。

 兵隊さん、米軍、開拓地、演習場、自衛隊・・・大和町周辺では、これにまつわる小話に事欠きません。



 

菅総理に告ぐ「マネジメント信仰が会社を滅ぼす」について(その3)  

(その2からの続き)

もう少し、本の内容を紹介してみる。マネジメント信仰の結果として「顧客よりも組織を重視」という症状が紹介されているので、具体的な症状を要約してピックアップしてみると。(以下、→部分は私の感想)


  • 社会や顧客よりも自らの組織への影響が優先される。

  • 会社の理念が、現実の会社の姿や日常業務と乖離する。
    →民主党のマニフェストか?

  • 教科書的なことや著名人が言ったことを自分の主張にすり替える

  • 顧客や社会よりも、組織内部の評価を尊ぶ

  • 顧客よりも「数字」が重視され、それが会社を誤った方向に向かわせる。
     →例えて言えば、テレビ局が視聴率に固執した結果として、つまらない番組を作り始めるようなものか?

  • ゴマすりが横行し、内部に派閥が見られる。

  • 悪い意味で「軽い」改革プロジェクトチームが乱立する。
     →事業仕分けがそうでないことを祈ります。

  • 組織的に動くことが強要される。
     →昨年の尖閣諸島ビデオ流出事件が思い出されますね。

  • 顧客に価値を提供するよりも、会社を続けるほうが優先される。
     →支持率が低下しても政権維持にやっきな民主党と同じか



 どうであろうか、皆さんの会社、組織でもこれらに当てはまることは結構あるのではないだろうか。ちょっと民主党の批判めいたことも書いてしまったが、これは民主党だけでなく日本の現状を象徴する意味で、受け取ってもらえたらと思う。

 ちょっと長々と記してしまったが、冒頭の菅総理の言葉、

「なにをやりたいかではなく、なにをしなければならないかだ。」

 この言葉に秘められた、日本最大の課題とは、「なにをやりたいのか」この意志が全く見えてこないことにある。

「やりたいことをやる」その結果が失敗となれば、相応の責任は負わねばならない。それはつらいことだが、「しなければならないこと」を全面に出し、「やりたいことを」をぼかす菅総理の物言いは、うがった見方をすれば、今の段階から失敗後のリスク回避をしているようにも思えてしまう。

 であるからにして、菅総理には、まずもって「何をやりたいのか」その意志を示してほしいのである。

 菅総理に比べれば、小泉元総理は「なにをやりたいのか」がよく見えた。そのため、最近では、一時の小泉批判は鳴りを潜め、徐々に小泉治世が再評価されてきているように思える。

 私も小泉元首相が好きである。

 ただ、残念なことに、小泉の治世は今は昔だ。もう小泉さんは政界に戻ってこない。無いものを願ってもしょうがない。あとは我々自身が、リスク覚悟で桜庭さんのように「なにをやりたいか」に向かっていくだけである。


 
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。