スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

北上市、更木の桑茶と青木大使 

 こんにちは、田鴨です。

 先日、岩手県の北上市に行き、ペルー大使人質事件で有名な青木元大使の講演を聴いてきました。

 現在、青木元大使は、海外青年協力隊を支援する「協力隊を育てる会」の理事をされているとのことですが、以前、掲載した桑茶でいろいろ企画している友人が元協力隊員だった関係もあり、今回の講演会が開催されました。




青木元大使の講演




 

会場の様子






 ちなみに、今回の会場は北上市でも農村部にある公民館的なところで開催され、ゴザ引き、クーラー無しでした。

 テーマは「国際理解」と「地域の活性化」。

 一見して何の関係もなさそうな二つのテーマ。これらは、どのようにつながって行くのでしょうか?全く予想がつきませんが、事務局席には今回の講演会を企画した桑茶の友人が陣取っています。果たして大丈夫か?不安げに友人の姿を眺めてしまうのでありました。

 さて青木元大使の講演内容です。

 件のペルー人質事件にはほとんど触れず、途上国での協力隊の活躍がメインに講演が進みました。話しぶりから青木元大使は、現場目線のお人柄であることが良く伝わってきます。
 おもしろかったのは中南米における野菜の不耕起栽培の話題。協力隊員が試行した不耕起栽培が熱帯雨林の土地に良く適し、大きな成果を上げたとのこと。初耳です。そしてちょっと感激しました。

 というのは、日本における不耕起栽培は一部民間研究所が普及に取り組んでいるのですが、実際のところ亜流の域を越えることができません。そのこため、これに取り組む方々も、いろいろ苦労が絶えないようです。

 それが日本ではなく、遠く離れた異国の地で大きな成果をあげている。この事実は、彼の地の農民ばかりでなく、日本で不耕起栽培に取り組む農家の方々にとっても、大きな勇気を与えてくれると思うのです。


 

爺さんや婆さん、地元の人たちが大勢参加しました。






 もう一つ心に残ったのが、GNHの話題につて。

 GNHとは国民総幸福量(Gross National Happiness)の略で、曰く物質的豊かさではない、精神的な豊かさをはかる尺度のことです。インドと中国の挟まれた小国ブータンでは、この尺度でもって、国家の政策が企画されているとのこと。

 なるほどブータンが小国ならば、日本の農村だって、小国みたいなものです。

 東京や仙台市、あるいは地方の小都市に比べて、わが村にはコンビニもなく、インターネットも良くつながらない。働くところも限られているし、無いものを数えたらきりがない。その割に積雪はしっかりあるし、たまに熊が出没する。

 このようにGNP的視点でとらえれば、農村はまことにネガティブな存在になるわけですが、GNH的視点で考えることが出来れば、気がつかなかった農村の魅力がもっと見えてきそうです。

 質問タイムでは「なぜ日本の外交は稚拙なのか?」といった発言がありました。

 これに対し青木元大使は、

「稚拙なのではなくPR下手なだけ、これはマスコミの問題。」

「実際のところ、不器用でも、誠実さにおいて日本に勝るところはない。」

「口下手だが、日本の地道な援助は実のある成果をあげている。たとえ今現在、その評価が聞こえずとも、必ずや評価される日が来る。」

「だから日本人はもっと自分達の価値観に胸を張って良い。誠実さ、これは間違いなく他国が尊敬する日本の民族性である。小手先のスマートさより、骨太のスピリットを堅持することが大切である。」

 と諭してくれました。このあたり、東北人の魂により響いてきます。

 このお話を聞きながら、明治の元勲、木戸孝允の「守愚」を思い出しました。

 「才子、才を頼み、愚は愚を守る。」
 「先を見よ、他日、業成るの日、才子、才ならず。愚は愚ならず。」

 (引用:「男の条件」 安部譲二 著」)

 なんとなく私の脳味噌の中で「国際理解」と「地域の活性化」がつながってきました。
 「国際理解」、これは他と交わることで、自身の愚を知ることであり、そして「地域の活性化」とは、その愚を「愚ならず」へ昇華させることではないのかと。

 青木元大使の講演の後には、海外青年協力隊から帰国し、今度は地元の集落営農や福祉に活躍されている元隊員の方々の事例報告がありました。

 心に残ったのは、老人福祉の海外協力隊となり、そして日本に戻り山村の老人福祉に活躍されている元隊員の言葉、

 「南米の”のんべんだらり”これが彼らの生き方」

 「日本の”だらだら生きる”これは良くない」

 「のんべんだらり」と「だらだら生きる」、この二つは何が違うのか、一見似ているようで、たぶん、大きな違いがあるように思います。

 そして、いよいよトリの地元「桑茶」のお話です。

 忘れつつあった桑、そこに秘められた可能性を発見し、滅びつつあった桑畑を再生させるために、取り組まれたのが北上市更木の「桑茶」生産です。

 企業を誘致するのではなく、そこにある産物、しかも廃れつつあった産物に光を当て、活路を見いだす。
 うまく言えないのですが、桑茶の取り組みにはGNH的発送が根底にあり、そして現在順調に生産を拡大している、その成果は「他日、愚は愚ならず」といったところに、もう少しで到達しそうな印象です。

 話は前後するのですが、今回の講演会前に、私も参加してちょっとした打ち合わせが行われました。このうち合わせの一時、テーブルに出されたラフランスの缶ジュースを手に取り、

 「専務、今度は、桑茶で缶ジュースですね!」

 などと、私が桑茶会社の専務に告げると、青木元大使から一言、

 「桑茶に缶ジュースは似合わない。」

 講演会の後、この一言の意味が深々と実感できた北上市更木の一日でした。




ゴザ引きの会場で振る舞われた桑茶



スポンサーサイト
 
カテゴリ : 桑茶
2010-07-10(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

岩手県北上市の更木桑御膳 

 こんにちは、田鴨です。

 7月3日、岩手県北上市に行って来ました。

 北上市には、ニューギニア帰りで、今は桑活用など、いろいろ地域おこし的な活動をしている友人がおります。 その彼が「国際理解」と「地域の活性化」をテーマとするシンポジウムを行うというので、北上市に行って来ました。

 まずは、ごちそうになった「桑御膳」を紹介します。





桑御膳






更木桑そば






桑の葉てんぷらなど






くるみ、大根の葉、桑茶の葉っぱ佃煮






桑茶入りまき寿司






桑茶入り豆腐ケーキ






更木の桑茶





 桑の葉は鉄分が多く含まれ、健康食品として人気が出てきたようです。
 それにしても私が感心するのは、忘れかけられた『桑』に新しい光をあてることで、桑のみならず地域が活気づいていること。

 ホント、世の中、どこに宝が転がっているのかわかりませんが、いろいろな出会いの中で、この宝が発見できたようです。

 次のトピックで「国際理解」と「地域の活性化」、そして「桑茶」のシンポジウムについてレポートしてみます。


 
カテゴリ : 桑茶
2010-07-10(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

鉄骨飲料、カルシウムと鉄分が豊富な桑茶 

 岩手県北上市の更木地区から桑茶のお知らせです。
 

 かつて日本の農民には、欠かせない生業として養蚕がありました。

 しかしながら、戦後、合成繊維の開発や経済情勢の変化など、日本各地の養蚕地は衰退しましたが、北上市の更木地区では現在でも、小規模ながら養蚕が続けられています。


 この桑園を次の世代に残していくため、地域一体となって桑の製品化を試みたのが桑葉茶で、養蚕家が丁寧に栽培した無農薬の桑葉を100%使用しています。


 









鮮やかなグリーンの桑茶
カルシウムと鉄分も豊富です。






 

 カルシウムで言えば牛乳の27倍、鉄分で言えば小松菜の15倍の成分が含まれているのが桑葉であり、くせの無い風味と鮮やかなグリーンは、クッキーやうどんなど、様々な健康料理にも活用できそうです。(更木の桑葉茶には、料理に活用できる「桑パウダー」も用意しています。)

 

 更木の桑葉茶のお問い合わせは下記ホームページから。



 また、宮城県色麻町の自然派レストラン「ライスフィールド」にも、置かせてもらいましたので、興味のある方は是非、桑葉茶をお試し下さい!

  

 
カテゴリ : 桑茶
2009-09-13(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

ニューギニアと米 


 こんにちは、田鴨です。
 先日、ニューギニアの現地人に対し、農業技術の指導に従事していた知人宅を訪問いたしました。
 こういった海外支援活動は相手の文化、風習、物の考え方を理解しなければ事の成就はおぼつかないわけで、この際、大いに参考となったのが、上記に紹介した記録だったそうです。

 この本では、太平洋戦争末期から昭和二十九年までニューギニアの山中に立て籠もった数人の日本兵を記録しています。このうちの一人が知人と同郷であり、「是非ともニューギニアの体験を直接聞いてみたい。」と、数少ない手がかりからニューギニア帰還兵の住所を探し当て訪問したのですが、残念ながら尋ね人はすでに鬼籍に入られていました。

 山中に立て籠もった日本兵数人は、落とし穴で捕獲した野ブタの脂をダシとし、タピオカやサゴヤシの澱粉を精製してうどんを作るなど、原始生活、石器時代、鉄器時代と、限られた資源で、自らの生活環境を向上させていく様に人間の叡智を感じさせられます。
 現在、タピオカやサゴヤシは、低アレルギー食品としても知られていますが、ニューギニア山中では、数少ない澱粉質の食料でした。

 また、知人はニューギニア人と米の関わりについても、いろいろ教えてくれました。
 元来、ニューギニア人は稲の栽培も米を食べる習慣もありませんでしたが、各国との交流が深まるにつれ米食を知り、元々あった食生活が廃れつつあるようです。こういった伝統生活の改廃は残念なことですが、それならばと稲作指導に従事したのが知人の仕事です。

 知人は現地のローテクでも自主独立で稲作が行えるように試行錯誤されてきたとのことで、これの参考になったのが、古来から日本で使われていた農機具でありました。廃れていった技術が意外な場所で役立っていることを聞き、おもしろいもんだなと感心させられたことひとしおです。
 
カテゴリ : 桑茶
2008-08-30(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0
弊ブログおすすめ
本ブログ登場の方々がお届けします

 農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

B_kumattkofarm.gif

仙台市秋保から無農薬野菜をお届けします。

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

プロフィール

2010tariki

Author:2010tariki
【問い合わせ先】

メールは以下の
「A+B+@+C」
になります。
A=tarikino
B=tunagari
C=infoseek.jp

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。